全国>東京都>台東区>三ノ輪2丁目>/ジャンル>生活>生活空間>街路>/-名称>-2水系・川>荒川水系>音無川>/全年代>19世紀>1850年代(嘉永~安政)>/

吉原(土手通り)吉原遊廓への道。当時の日本堤。

江戸時代、三ノ輪から浅草まで音無川が流れていて、その土手は日本堤と呼ばれていました。現在の浄簡寺の前に三叉路がありますが、そのうちの一番南側の路地が当時の日本堤です。*1

吉原への行き方には、いくつかルートがありましたが、その中の一つが、三ノ輪から日本堤を経由して吉原に至る道で、武士が使用することが多かったルートです。*2

しばらく歩くと公園につきあたり、その向こう側が土手通りです。

現在は道幅の広い平坦な道路となっていて、土手の面影はありませんが、「土手通り」の名前にかつての「吉原土手」の面影を見ることができます。

【参考文献】
*1 吉原健一郎:復元・江戸情報地図 P.65
*2 双葉社:江戸の華吉原遊廓(双葉社,2011)P.73

参考文献

参考記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です