町田忍: 銭湯遺産 (戎光祥出版,2008)

P.85 昭和初期の建築で、外観、脱衣場をほぼ新築時の姿のまま残す貴重な銭湯である。正面は堂々としたむくり屋根(緩やかな弧を描いた屋根)の銭湯である。浴室は昭和四十年前後の改築。男湯女湯のそれぞれ正面壁にひときわ目をひく巨大なモザイクタイル画がある。スイスの山々が題材になっているのだろう。