新人物往来社: *江戸史跡事典 上巻 (新人物往来社,2007)千代田区・中央区・品川区・目黒区・大田区・世田谷区・北区

P.95 (日本橋箱崎町10-7) 万治2年(1659)12月のことだったという。かつて吉原の三浦屋で評判だっ …

新潮社: 週刊新潮 8月30日号 (新潮社,1990)ビーフカツ40年人形町「キラク」人気の秘密

人形町の交差点にほど近い、今の場所に店を開いたのが昭和26年のことだそうだ。この店一番の人気メニューは何と言っ …

大島健二: 日本橋 㐂寿司 わずかに残る花街の記憶 (エクスナレッジ,2017)ARCHITECTURAL HERITAGE GUIDE IN OLD TOWN OF TOKYO

P.140 奥のたてものは歯科医として使われていたがもともとは「待合(芸妓と遊ぶ場所)」であったという。㐂とは …

人形町本店 大観音寺脇の路地にひっそりと戦火を免れて残った店の風情は江戸の粋が薫る人形町ならでは 登録無形文化 …

ゼンリン: 豊島区 ゼンリンの住宅地図 (ゼンリン,1980)

P.33 大塚鈴本ビルの記載 別記P.14 大塚鈴本ビル 別記 B1 鈴本キネマ 3F 大塚名画座

岩動景爾: *東京風物名物誌・普及版 (魚住書店,1956)

P.187 鳥の古今亭も元通り料亭街の中、烏森神社の傍に立派に復興している。浅草金田と並称された味の店。傍に末 …

新橋料理業組合: 新橋 末げん (新橋料理業組合,) ···外部リンク···

三島由紀夫が最後の晩餐にした明治42年創業の老舗、「新橋末げん」。ほかにも原敬、六代目菊五郎などの著名人が通っ …

古今亭、末源、新橋芸妓組合、等の記載。

林順信: *東京路上細見2 (平凡社,1987)日本橋・人形町・銀座・築地・佃島

佃島の由来を簡単に記しておこう。徳川家康が天下人となるに及んで、佃村の漁民を江戸に招き、海川漁獲の許可を与えた …

京橋月島新聞社: *月島発展史 (京橋月島新聞社,1940) ···外部リンク···

P.104 今日の大月島を理解せんとするには、明治二十年代以降に、填築(てんちく)せられたる、現在の月島第一、 …

亀戸三業組合 料亭「富久家」「七福」「寿々代」 天狗湯 の記載

小沢昭一: *珍奇絶倫小沢大写真館 (筑摩書房,2006)

P.224 亀戸 赤線跡「双葉」の写真。 売春防止法で、一番最初に完全転業した街。外は昔を偲べても内は工場。む …

ワテラス: FREE AWAJI BOOK 8890 (ワテラス,2015.12)ノスタルジーに酔いながら、玉突き勝負といきましょう。 ···外部リンク···

 JR中央線の線路沿いにある古いコンクリート ビルの2階に、創業50年のビリヤード場「淡路亭」 はある。ここは …

都市整図社: 新宿区[4] 新宿通方面 1 (都市整図社,1951)火災保険特殊地図(戦後分) [2]

四谷四丁目に、料理屋の「自慢本店」「徳万家」「美よし乃」「布袋家」「胡月」「美津橋」「正月」「重勝」「弥生」「 …

海野弘: 新編東京の盛り場 (アーツアンドクラフツ,2000)

P.250 万世橋をこしてすぐに左へ曲がり、山の手線のガードをくぐる。ここは柳原通りというらしい。町名も今は神 …

交通新聞社: *散歩の達人 No.179 (交通新聞社,2011)

P.23-P.24 創業文化2年 明神下神田川本店(うなぎ) 空間もさることながら、神田さんが一番大事なものと …

P.30 岡昌裏地ボタン店(昭和3年築) 明治30年創業の老舗は、初代が「岡昌夫」だから「岡昌」。この辺りは、 …

釧路浴場組合: 釧路の銭湯 (釧路浴場組合,) ···外部リンク···

創業:大正8年 2代目

日本住宅地図出版: 釧路市・附.釧路村 1976 (日本住宅地図出版,)

P.200 「城山歓楽街」の記載。 ・東側の棟:あきみ、順子、マリ、知恵、他 ・西側の棟:まき、美千代、ともち …

生田原町: *生田原町史 (生田原町,1981)

交差点の角に、「ムーラン」、踏み切りの近くに「銀月」。

「カフェー日輪」の記載。 (現在の遠軽町生田原418)

P.524 鉄道開通と林業の勃興 大正3年、鉄道が開通すると、物資の需給は増大の一途をたどり、翌4年には200 …

東京交通社: *大日本職業別明細図 第385號 北海道 (東京交通社,1934)

割烹「かねとら」「福の家」「清野」「花菱」の記載。

名寄市郷土資料室: *名寄歴史地図史料集 (市立名寄図書館,1990)

・西五条の通りの北側に、「名寄劇場」「名寄横丁」の記載 ・その1本南側の通りに、「芦口商店」の記載。 ・現在の …

名寄新聞社: *なよろ百話 (名寄新聞社,1967)

P.37 当時4条通りには、川が流れていた。橋を渡ると桜木町。いまの名劇(現在のグランドホテル藤花)前の道路だ …

P.31 桜木町は、一夜にしてでき上った…といのはオーバーだが、そんな調子ででき上った私設市街であ …

松浦澤一: 帯広市大観 (帯広広告社,)

P.20 西五条に、「保健所寮」、西六条に「鉄輪荘」の記載。

小野善也: 郷土十勝 通巻第13号 廓ばなしあれこれ (帯広市教育委員会,1978)木賊原遊廓について

P.2 木賊原遊廓は、いまの西5条から西7条にかけての北4丁目にあった。 当時の位置関係は次のようになっていた …

花垣有介: 月刊十勝ジャーナル 報道解説評論1973.7 (十勝ジャーナル社,1973.7)郷土史秘話(第一回)木賊原遊廓盛衰記

P.46 帯広の開拓当初は、天候にも著しい変化のある土地の労働は、開拓者にとって長続きはせず、ある意味、それら …

花垣有介: 月刊十勝ジャーナル 報道解説評論1973.8 (十勝ジャーナル社,1973.8)郷土史秘話(第二回)木賊原遊廓盛衰記

P.59 昭和初頭からは、狸通りや、親不孝通りの街娼に人気が移り、かつての十勝楼、北海楼、観月、利根川楼、新盛 …

元祖豚丼のぱんちょう ばんちょうは、中国語で飯屋の意味。帯広豚丼はこの店から始まった。丼のふたを取ると極上のロ …

読売新聞社: *さっぽろ大路小路 (読売新聞社,1972)札幌いまとむかし

P.82-P.83 「ススキノ0番地街」――ネオン街ど真ん中、南六西四に、東西百メートルにわたる地上五階地下一 …

西川智泰: 真間の里 (亀井院,2000)真間山周辺の文学史跡

P.83-P.84 名妓の碑 浮嶋弁財天のお堂の左脇に、かつて類を見ない珍しい碑が建っている。「名妓の碑」がそ …

I-linkタウンいちかわ ザ タワーズ ウエストの45階にある当展望施設は、地上150メートルから360度の …

市川ジャーナル編集部: 市川風土記 (市川ジャーナル社,1974)市民の郷土史読本

P.208 商店街の形成 市川に商店が軒をならべ、商店街が形成されるには、それに応じた消費人口の増加が必要であ …

吉清英夫: 月刊いちかわ 2008年5月号 (エピック,2008)座談会「市川の花柳界」 ···外部リンク···

P.22-P.29 『県内にひとつとなった見番』 市川の花柳界は戦前まで、夜の社交場、文化サロンとして賑わった …

ゼンリン: 豊川市 1978 (ゼンリンの住宅地図) (ゼンリン,1978)

P.104 豊川町遠通に、「幸楽」「雅ノ屋」の記載。

豊川市・豊川商工会議所: 豊川市商工名鑑 1954 (豊川市・豊川商工会議所,1954)

P.119-P.120 特殊カフェー 幸 楽 豊川町遠通七 特殊カフェー 深 川   〃 特殊カフェー 雅ノ家 …

豊川市・豊川商工会議所: 豊川市商工名鑑 1960 (豊川市・豊川商工会議所,1960)

P.141 旅 館  梅 福    〃 旅 館  千代本    〃 P.151 芸妓寮  ゑびすや 豊川町遠通 …

山本瑳一: 豊川・宝飯いまむかし : 写真集 (名古屋郷土出版社,1989)

P.52-P.53 御油は、東海道五十三次の中でも「御油に赤坂吉田がなくば何のよしみで江戸通い」と俗謡にも謡わ …

名古屋郷土出版社: 写真集 豊田いまむかし     (名古屋郷土出版社,1989)

駅西を望む(昭和30年頃) 遊廓「観月境」の写真。8軒ほどの2階屋。 昭和33年の赤線廃止までこの地にあった。 …

豊田市郷土資料館: 挙母 資料集(豊田市文化財叢書) (豊田市教育委員会,1995)資料にみる明治大正昭和のあゆみ

公共建築物調書 P.120 特殊カフェ20軒の屋号の記載。 小楽、福本、寸楽、第三小楽、江戸川、遊楽、第二小楽 …

豊田市商工課: 豊田市商工名鑑 1960 (豊田市,1960)

・合資会社喜楽亭(神明町一ノ一)の記載。

ゼンリン: *豊田市・高岡・猿投(1965年) (ゼンリン,1965)

P.28 ・月見町2丁目に、「旅館小樂」「旅館深川」「旅館寿」の記載。

P.10 ・つばめクリーニングの南隣に「ガレージ喜楽亭」の記載。 ・拳母劇場の南側、新明町二丁目の通りに、「い …

野沢昌樹: 挙母下町を歩く (出逢い叢書 四) (野沢昌樹,1993)

《神明または神明町》 神明町は、挙母の脂粉・歓楽の町であった。小料理屋、小料理屋兼旅館が軒をつらね、格子づくり …

新修豊田市史編さん専門委員: 新修豊田市史 17 (別編 民俗Ⅲ) (豊田市,2017)

P.90 工場や商家が集まるマチでは、商談や宴会などの場が必要であり、独特の接客文化が形成された。その舞台は料 …

愛媛県教育委員会: *えひめ、昭和の街かど (愛媛県教育委員会,2010)生活を支えたあの店、あの仕事 : 平成から昭和へ、記憶でたどる原風景 (えひめ地域学調査報告書 ; 平成21年度)

三津浜は、松山市の港町

三津浜の競馬場は、地元の人に愛されました。

P.112 仲之町 来島会館は、小高い山の上にありました。ここに戦前は一茶亭というわら屋根の旅館がありました。 …

P.111 波止浜の名は、江戸時代、町場を波止町、塩田を浜と呼んだことから、合わせて波止浜と呼ぶようになったと …

P.117 昭和30年代の終わりころには、波止浜の町の中心は本町通りでしたが、その後塩田跡が埋め立てられ、龍神 …

御油の宿では日暮れにもなると、「留女(とめおんな)」と呼ばれた女たちの旅籠への客引きがさかんで、画中のような有 …

今治の中心市街地に建つ鉄筋コンクリート造銭湯施設。陸屋根の本体中央に五角形平面に六角形平面を重ねた塔屋を掲げ、 …

大谷渡: 大阪の近代 (東方出版,2013)大都市の息づかい

P.111-P.116 1872年に、大阪府は「所定箇所意外ノ遊所禁止」を公布し、遊所指定地は、曽根崎新地、南 …

マイナビ: マイナビニュース 2009/02/12 (マイナビ,2009)愛媛県が差し押さえの元ラブホテル「道後城」、ヤフオクで競売へ ···外部リンク···

愛媛県庁は10日、県税滞納者から差し押さえた元ラブホテルについて、「Yahoo!オークション」の「官公庁オーク …

三番町二丁目の南側の一画に、スナック・キャバレーと思われる屋号の記載。

多度津町文化体育振興事業団: 多度津町立資料館ホームページ (多度津町文化体育振興事業団,) ···外部リンク···

多度津町立資料館は、町制施行100周年を記念して建設されたもので主として多度津にゆかりのある文化財等の資料を収 …

中山博道: *坂出港の「みなと文化」 (みなと総合研究財団,) ···外部リンク···

P.92-10 坂出港の原点となった西運河とそれに続く沖湛甫には金刀比羅宮がある。

P.92-16 昭和27年(1952)発行の坂出市史によると、商業の業種別数で料理16、旅館26 とある。

この建物は、大正8年に坂出商業学校が県立に昇格したときに建設されたもので、建設途中火災に遭いながらも、翌年に完 …