岐阜市: 「岐阜シティ・タワー43」 43階展望室(岐阜市,)

岐阜シティ・タワー43は、JR岐阜駅から西に徒歩3分の場所にある地上43階、地下1階の超高層再開発ビルです。 …read more

-------------------------------------------------------
善隣出版社: 関市・美濃市(善隣出版社,1971)
-------------------------------------------------------
市原三三: ふるさと美濃市明治大正よもやま話(市原三三,1981)

P.149-P.152
大正年代から昭和初期にかけては、美濃町花街が最も盛んだった時代で、料亭も多くあり、芸妓数は30余名を数えるほどでした。 …read more

-------------------------------------------------------
美濃市: *美濃市歴史的風致維持向上計画(美濃市,2011)添付ファイル

俵町の円通寺南には、「八幡屋」が営まれている。 …read more

花街界隈
大正時代に入ると、小倉公園は桜の名所 として県内で名が高くなり、多くの花見客 が集うようになった。 …read more

-------------------------------------------------------
東京交通社: 大日本職業別明細図岐阜懸第200號(東京交通社,1930)

美濃町
・芸妓置屋 文の家、芸妓置屋 喜久乃家 の記載
・料理屋と思われる、古金家、山口家、玉本屋、八幡屋 の記載

-------------------------------------------------------
十和田市観光協会: 十和田市観光情報 アーツトワダ ウェブ(十和田市観光協会,)とうてつ駅そば

十和田にはかつて十和田観光電鉄という鉄道路線があり、十和田駅という駅も存在しました。 …read more

-------------------------------------------------------
新渡戸憲之: 十和田(旧三本木)開拓の秘話(太素顕彰会,1986)

P.32
「一心亭」は、新潟の方の人で、舟で料理か何かの商売をしていたと言いますが、三本木に来て、その内に商売(料理屋)を始めるから名前をつけて欲しいと「精蘇さん」の家に来たんです。そこで、魚屋の「一心太助」からとって「一心亭」ではどうかと決まったものでした。

-------------------------------------------------------
日興出版: 十和田市住宅地図(日興出版,1977)

P.27
産馬通り。東三番街。

-------------------------------------------------------
江渡武多朗: *十和田市流通業界今昔物語(皆さんの新聞社,1976)附・十和田市流通業界のぞきみて歩きの記

 戦後間もない頃、浜田恵美子女史が、京都、大阪の美人ホステスを動員して産馬通りに「民謡酒場」を開業したのが当たって、昭和38年、東三番街に進出。 …read more

 大正初期以降、戦時中を除き昭和三十年代中期まで、紅灯と提灯を表看板として、お座敷中心の日本料理に、芸者、弦歌、日本民族舞踊の三大サービス要素をふんだんに盛り込んで、一心亭、東洋軒、双葉、忍亭、竹千代、等、花柳街の老舗が繁栄した。 …read more

料亭方面を探訪すると、代表的なものに、一心亭(産馬通り)、忍亭(五丁目東裏)があった。 …read more

-------------------------------------------------------
むつ小川原産業活性化センター: むつ小川原ガイド(むつ小川原産業活性化センター,)馬と歩む奥州路

馬市と産馬通り
 馬産の町として知られていた十和田市(当時は三本木町)に、陸軍省軍馬育成所が設置されたのは明治17年(1884)。その後、軍馬補充部三本木支部と改称され、数万頭の軍馬を育成する全国一の規模を誇った。 …read more

-------------------------------------------------------
地理調査所: 三本木 応急修正版 (五万分一地形圖 ; 八戸 13號)(地理調査所,1954)

理念寺の西側、北園小学校の東側に、「新地」の記載。

-------------------------------------------------------
日刊東北社: 写真集「なつかしの三本木」 のしおり(日刊東北社,1977)

P.10
◎料亭一心亭 今は裏手にあるが当時本通り現東映付近にあった一心亭。
◎島田楼 元新地通り現西十一番町にあった。

-------------------------------------------------------
東交出版社: 最新青森市住宅明細図(東交出版社,1966)

P.59
宝来町。旅館が密集している一画。 …read more

-------------------------------------------------------
青森市常盤町町会: 常盤町発展史(青森市常盤町町会,1986)町会創立六十周年記念

P.15-P.17
旭町一帯の発展のきっかけとなったのは、明治43年の青森大火である。当時堤川端柳原にあった遊廓は場所柄からして風紀上よろしくないとのことで、武田千代三郎知事は旭町に移転すべく計画をたてた。 …read more

-------------------------------------------------------
中園裕: 青森・東津軽今昔写真帖 : 保存版(郷土出版社,2010)

P.32
明治43年の大火で柳原(現・港町)にあった遊廓は全焼、その後、旭町に復活する。 …read more

-------------------------------------------------------
朝日新聞社: 朝日新聞.西部版(朝日新聞社,2015.8.2)染めた看護服 太平洋戦争下、国内医療の現実

P.4
終戦の1年ほど前。武雄の女郎屋さんを全部、海軍が借り上げて病舎にしていましたですね。私の病舎は「満州楼」っていう女郎屋さん。 …read more

-------------------------------------------------------
吉田容子: 都市地理学vol.10(日本都市地理学会,2015)P.61-P.76 敗戦後長崎県佐世保市の歓楽街形成史-遊興空間をめぐる各主体の関係性に着目して

P.70
1954年の2月~3月頃、貸席はどこに存在していたのか。 …read more

-------------------------------------------------------
浅川武: 佐世保地理詳解図 昭和29年度(佐世保地理研究社,1954)

P.21

-------------------------------------------------------
山口日都志: 女性哀史 佐世保遊里考(芸文堂,2017)

P.160-P.163
早岐と相浦が佐世保の副都心であり、早岐は商業と鉄道の街として重要な役割を果たし、 …read more

P.48
軍港設置と殆ど時を同じくしてできた木風遊廓は、小佐世保に移転してからいよいよ繫昌し、日露戦争頃には妓楼の数三〇余り、娼妓また四百人を数えた。しかし、”戦争によってますます大きくなった海軍と市の人口では、これでもまだ足りぬ”というわけでもなかったろうが、明治42年頃になると、新たに名切遊廓(花園遊廓ともいった)ができた。

-------------------------------------------------------
ゼンリン: 佐世保市(北部)(ゼンリン,2004)

P.68 小芦家(旧遊廓)の記載。

-------------------------------------------------------