名古屋郷土出版社: 写真集 豊田いまむかし     (名古屋郷土出版社,1989)

駅西を望む(昭和30年頃)
遊廓「観月境」の写真。8軒ほどの2階屋。
昭和33年の赤線廃止までこの地にあった。最盛期には、80~90人ほどの女性が働き、午前1時ころまで営業していたという。現在では月見町という地名にその名残があるのみである。