スタジオワーク: *東京さんぽ図鑑 (朝日新聞出版,2017)町や建物の"新しい見方"を超図解!

P.52
神田は、神田川と日本橋川まれた江戸の城下町である。江戸時代の物流は水運が中心だったので、2つの川に挟まれた神田は、江戸時代とともに発展した町である。
神田多町周辺は、この2つの川の水運により食料も集まりやすうい立地から「やっちゃば」と呼ばれる青物市場ができた。
P.54
神田多町
栄屋ミルクホール
昭和20(1945)年創業。戦後はそばの材料が入手困難だったため、食堂として再出発した。軽食喫茶からラーメンをメインにした食堂として今も健在。