山川出版社 日本史小辞典 日本史広辞典編集委員会

日米和親条約

1854年3月31日(安政元年3月31日)江戸幕府がアメリカ使節ペリーと横浜で締結した条約。長年の鎖国制度が破られた最初の近代的条約。下田・函館への寄港。両港の一定区域内での自由な遊歩、薪炭、食料など必要品の供給。遭難船員の救助、領事の下田駐在などを既定し、外国人に対する従来の待遇を完全に転換した。しかし、物品の取引にはなお日本の役人の仲介が必要であり、公の通商は日米修好通商条約(1858締結)をまたなければならなかった。

この文献を参照している記事

関内(日米和親条約締結の地)その後、外国人相手の遊廓が開業。