新名阿津子 茂原市における中心商店街活性化への課題 筑波大学 地域研究年報28 2006 2006 リンク

Ⅱ-2 榎町・駅前通り商店街  榎町商店街はJR茂原駅から約500m圏から1 ㎞圏の範囲に位置し,昌平町と銀座通りの変形十 字路から東側の通りの茂原小学校の北側までの 通りに面する店舗を中心として構成されている商 店街である(写真10)。前述の3商店街では短冊 状の地割であるのに対し,榎町では通りに面した 商業機能部分と通りから見て奥の土地では地割が 異なっている。駅前通り商店街は,茂原駅前郵便 局のある千代田町1丁目交差点から南西方向に形 成されており,榎町商店街と隣接する商店街であ る(写真11)6)。千代田町1丁目交差点からライ フまでの区間は,この向きで一方通行となっている。 この榎町商店街と駅前通り商店街は1970年代か ら1980年代に最盛期を迎え,茂原の商業の中心地 として賑わいを見せており,榎町商店街においては最盛期には約120店舗の会員数を有していた。 さらに,榎町商店街では1975年にはアーケードが 設置され,1984年には路面にタイル舗装が施され るなどハード面での整備が図られた。

この文献を参照している記事

茂原(榎町商店街)カラフルな看板建築建物群。