長柄(鴇谷トンネル)大正10年開通記念碑。弘化5年馬頭観音文字塔。

長南町の棚毛から長柄町の鴇谷へ向かう道の奥に、鴇谷(とうや)トンネル(大8.10建設、長さ30m、幅2m)があります。*1

トンネルの入口には、「大正10(1921)年開通記念碑」があります。
佐久間惣次郎氏(ドロップの創始者)ら、鴇谷や棚毛の多くの人たちの寄付により開通しました。*1*2

トンネルの出口に馬頭観音文字塔があります。弘化5年(1848年)とは、トンネルが掘られた70年前です。トンネルの上にあった「馬頭観音文字塔」をトンネル出口に置いたもの、と推測されます。*2

逆方向(鴇谷側)から見たトンネル。

参考文献

*1
長柄町史編纂委員会続長柄町史長柄町史編纂委員会1981
道路網の整備

P.482
鴇谷(とうや)トンネル(大8.10建設。長30m 巾2m)
トンネル開通…

*2
宮澤信夫長柄町の馬頭観音宮澤信夫2021
鴇谷東部から長南棚毛へぬけるトンネル出口馬頭観音文字塔

P.23
鴇谷(とうや)宮下日宮神社先から左折、途切れた道の奥、長南棚毛へぬ…

参考記事

長柄(大庭隧道)上総牛久駅行きのバスに乗り、大庭入口で下車。

JR茂原駅南口から小湊鉄道上総牛久駅行きのバスに乗り、大庭入口で下車。そこから1Kmほど北に、大庭隧道があります。
トンネルの入口までは切り通しになっています。

向こう側出口付近。光が差し込んで幻想的です。

反対側から。

入口の切り通し部分を逆方向から。

参考文献

参考記事

長柄(ピア)ロングウッドステーション行きのバスに乗り、終点近く。

今回は、長柄(千葉県長生郡長柄町)の町並みを散歩します。
茂原駅南口からロングウッドステーション行きのバスに乗り、終点近くの皿木で下車します。
住宅地の中をしばらく進むとホテル「ピア」があります。

船の形状を模した建物です。

現在は、廃業している模様です。

船の煙突部分。

参考文献

参考記事

成東(酵素ふろ)ヒノキのおがくずの中で体をあたためる風呂。

成東駅の西側。作田川沿いに田園地帯が広がります。

「ふろ」と書かれた看板。

「湯坂酵素ふろ」。

「酵素風呂」は、ヒノキのおがくずの中で体をあたためる風呂だそうです。

参考文献

参考記事

成東(関東ラーメン)名物は「揚げ肉ラーメン」。冷奴のつゆは添加物無しの自家製。

総武本線松尾駅から1km弱にある「関東ラーメン」。看板の文字が2つ剥げて「関東メン」になっています。
今年で50年目を迎えます。*1

名物は「揚げ肉ラーメン」。

揚げ肉ラーメンを待つ間。冷奴と漬物がでます。ペットボトルの水はサービスです。冷奴にかかっためんつゆは添加物無しの自家製だそうです。

揚げ肉ラーメン(ロース2枚入り)。
スープはチャーシューを煮込んだ時の醤油をベースに様々な食材を20時間煮込まれたものです。*1

参考文献

*1
SAMMUMAGAZINE編集部さんむ今昔物語山武市2023.03.31
「関東ラーメン」のお母ちゃんの味

P.5
今年で50年目を迎える「関東ラーメン」。コロナ禍で2年間店を閉じてい…

参考記事

成東(ゆき)県道千葉銚子線沿い。一軒屋のスナック店。

成東駅から南東方向へ県道千葉銚子線をいきます。

一軒屋のスナック店です。

「スナックゆき」の看板。

入口のドア。

参考文献

参考記事

成東(コンクリゴミ箱)前面の木製の扉も残っており、保存状態は良好です。

旅館の「共楽館」※1 の玄関の右側。

コンクリート製ゴミ箱が置かれたいます。

前面の木製の扉も残っており、保存状態は良好です。

上から。

成東(共楽館)竜宮城のような趣のある佇まい。

成東駅から浪切不動院方面へ向かう道の途中。

旅館「共楽館」の創業は明治時代です。*1

現在は廃業していますが、竜宮城のような趣のある佇まいに当時の繁栄ぶりがうかがえます。*1

手入れの行き届いた槙(まき)の木が印象的です。*1

参考文献

*1
SAMMUMAGAZINE編集部さんむ今昔物語山武市2023.03.31
共楽館

創業は明治時代。、現在は廃業されているが、竜宮城のような趣のある佇まいに当…

参考記事

この記事を参照している記事

成東(コンクリゴミ箱)前面の木製の扉も残っており、保存状態は良好です。

成東(結城屋)蕎麦屋。ボリュームたっぷりの天ざる。

今回は、成東(千葉県山武市)の町並みを散歩します。
成東駅前にある食事処の「結城屋」。

年季の入ったメニューの張り紙。

天ざるとビールを注文。
ボリュームたっぷりです。天ぷらは、なす、にんじん、さつまいも、ピーマン、えび。どれも大ぶりです。

店の脇の通路を抜けるとトイレがあります。

参考文献

参考記事

横芝(粟嶋宮)遊女一行参詣図奉納額。子育て、婦人病、裁縫上達にご利益。

於幾の集落を抜ける道を南へ行くと、 右側に入ったところに鳥居が立つ粟嶋宮があります。
粟嶋大明神は子育て、婦人病、裁縫上達にご利益があると言われ、かつては周辺地域の女性が大勢参詣に訪れ、縁日には大変賑わいました。*1

特徴は、この大きな覆屋(おおいや、社殿を保護する為の建物)です。

この粟嶋宮の覆屋の中には大きな奉納額(絵馬)が数点あります。

その中で「遊女一行参詣図奉納額」は、 この粟嶋宮への信仰とご利益を願った面白い一品です。*1
栗島宮の拝殿へ着飾った女たちが事詣する姿を現した奉納額ですが、女たちは、いい着物に羽繊を着、傘を持っている者や、 犬のチンを連れている者がいたり、髭は嶋田を結い、嘗を付け、足には黒色の高下駄を履いていて、 とても庶民とは言い難い姿です。*2

参考文献

*1
横芝光町教育委員会横芝光町文化遺産ガイド. 1横芝光町教育委員会2017.03.31 リンク
於幾粟嶋宮

P.94
於幾の集落を抜ける道を南へ行くと、 右側に入ったところに鳥居が立つ…

*2
横芝光町の絵馬祈りの絵画2014.4.12 リンク
遊女一行参詣図奉納額

P.13
名称:遊女一行参詣図奉納額
作者:不明
願主:成木村 花魁さと…

参考記事