全年代 > 現代 > 高度成長期 1960年代 1横浜温泉黄金湯 2木製消化器箱 3トンネル小路 4スナック店 5アメ横センター地下食品街 6アメ横 7オオクラ劇場 8キムチ横丁のトイレ 9キムチ横丁の通路 10前田モスリン店 11吉田屋モスリン店 12純喫茶「古城」 13石川湯 14スナック街 15鈴なり横丁 16国見湯 17松竹湯 18桔梗湯 19稲荷町のスナック店 20松の湯 21清春湯 22花園湯 23亀七通り商店街 24旧遊廓跡地の蕎麦屋 25元キャバレーと思われる建物 26明治の牛乳箱 27新東京会館 28五差路 29レトロな商店街 30歯科医院のゴミ箱 31ラブホテル街 32アール形状の庇を持つ建物 33中華一番 34交差点にあるお宅 35伊勢佐木町ブルースの歌碑 36国際クラブ「三千里」跡 37末吉町 38目的不明のタイルの柱 39緑のタイルのアパート 40黒い円柱の建物 41カメラの三越 42柳湯 43古風な理容室 44花街の裏通りの飲食街 45金平湯 46権田原公衆便所 47味の名店街 48権田原の小公園 49カレー店「JUNE」 50あしたのジョー像 51せんわ通り 52太田ハム 53金美館通り 54物干竿の風景 55トタン建築 56三階建て家屋 57商業ビルの通路 58毎日通り飲食店街 59牛乳配給所 60中川屋本店 61駅前の商業ビル 62駅前の路地 63エロ本自販機 64院内のスナック街 65栄町のスナック長屋 66喜代の湯 67スナック街 68国旗掲揚塔 69旅館跡 70連れ込み旅館街跡 71鶴乃湯 72理髪店 73オリンピック選手村宿舎跡 74ソープ街の中のアパート 75一葉桜まつり 76弁天湯 77本町ビル飲食店街 78駅前のホテル 79喫茶店「マリーナ」 80呑み屋街 81ビジネスホテル 82明治牛乳の牛乳箱 83飲食街 84新宿歴史博物館 85若葉湯 86旅荘 87蓬莱湯跡 88はとの湯 89彦左小路裏 90彦左小路 91駅前近くの旅館 92洋食店「ブルドック」 93三業通り 94和風スナック 95天平食堂 96記念湯 97平和通商店街 98クリーニング店 99大人のおもちゃ店 100浅間湯 101理容室 102吉野湯 103地蔵湯 104駅裏の商店街 105みやこ旅館 106花街跡のスナック 107質屋 108「新地」の標識 109吉の湯 110名画通り 111川崎ロック座 112政の湯 113簡易宿泊所 114エリザベス神輿 115エリザベス神輿 116境内でのグッズ販売 117子宝飴 118寿恵弘湯 119キャバレー跡 120旅館と思われる古い建物 121ロンドンA館 122小町横丁 123南口一番街 124美容室「ローズ」 125酒屋裏の路地 126駅前の理容室 127よねの湯 128旭湯 129テアトル弘前 130フルヤ牛乳の牛乳箱 131花崎町の飲み屋街 132「お食事処東洋」 133名糖の牛乳箱 134岩亀横丁 135松島館 136線路沿いのラブホテル 137「新宿の女」の歌碑 138トルコ芳泉 139ラシントンパレス跡地 140花園神社 141質屋 142青葉旅館 143駅裏のホテル街 144バーバーホマレ 145新橋方面近道 146古い旅館の建物 147末広湯 148黄金劇場 149ラブホテル 150旅館「とよた」 151富士見ホテル 152理容室跡 153老舗カレー店 154雀荘 155京島二丁目 156菊水湯 157やきとり横丁 158自販機コーナー 159遊楽コンコース 160ホテル近くの喫茶店 161やぎさわセンター 162伏見ホテル 163古いアパート群 164森永牛乳の牛乳箱 165トンネルマーケット 166プラザ板橋 167坂下マーケット 168花の湯 169妙栄寺 170常盤湯 171柴又キング跡 172北野浴場 173柴又駅 174美容室の建物 175ゴールデンカップ 176理容室だった建物 177旅館 178狸小路 179西口にっかつ跡 180金星劇場 181新宿区役所の裏手のストリップ劇場 182旅館跡 183歌舞伎町二丁目のホテル街 184歩道公園 185繁華街の電柱 186風林会館前 187富士の湯 188飲食店街「りゅえる」 189飲食店街「りゅえる」 190やきとり「鳥勇」 191今井湯 192ぬくい湯 193森の湯 194バーの建物 195力道山の墓 196特飲街跡近くの飲食街 197駅前の商業ビル 198ロサ会館 199シネロマン池袋 200激安居酒屋 201樋ノ口弁財天 202そば屋の花村 203ラーメン店 204南開橋 205洲崎緑道公園 206飲み屋街のトイレ 207おかず横丁 208おかず横丁の理美容室 209老舗やきとり店 210花柳街跡地 211ひさご通りのかつら屋さん 212ホテル「幸和」 213曙湯 214浅草地下街 215焼肉店の路地 216西浅草のラブホテル街 217船宿 218閉園した屋上遊園地 219道玄坂小路 220道頓堀劇場 221いなり通り 222スーパー「ほりぶん」 223ホテルあすか 224松の湯 225オリンピック通り 226一番街 227柳小路 228ラーメン屋七面 229仲見世商店街 230大蔵湯 231手打ちそば「更科」 232駅前商店街 233まるや肉店 234仲通り商店街 235花街に隣接する美容室 236とんかつ「八千代」 237店舗前の遊具 238寄生虫館 239相模浴場 240森永の牛乳箱 241永楽湯 242理容室、美容院 243スナック店 244コインランドリー 245寿町の大衆食堂 246ジュータンスナック 247久木町の理容店 248ビデオ店 249九段下ビル 250くらら劇場 251ビリヤード場「淡路亭」 252御茶ノ水駅 253「たばこのむな」の注意書き 254ビデオ店跡 255ラジオガァデン 256木造3階建ての建物 257自販機コーナー 258ガード下のトイレ 259ビデオ店 260古い商業ビルの理容室 2613階建てのトタンビル 262福仲ビル 263長者町八丁目共同ビル 264GMビル 265ホテル徳川跡 266牛乳箱 267高松町のスナック群 268駅周辺の住宅地 269ガード下ビルの中の公衆トイレ 270旅館大宗 271和風スナック 272ラブホテル 273大平館 274駅ビル商店街 275コンクリゴミ箱 276ヘルスセンター跡 277仲通り商店会 278宮の湯 279山谷澪跡 280旅館「妙泉」跡 281松の湯 282紅梅湯 283船橋新地跡 284花生食堂 285若松劇場 286駅前のキャバレー 287飲食店街 288さかさ横丁 289大衆割烹「川和路」 290屋上遊園地 291御園神社 292柳通りのラブホテル 293柳通り 294七興ドライブイン 295割烹料理屋「花月」 296荻原牛乳の牛乳箱 297駅前の白ポスト 298奥の飲食街 299小鳥の街 300湯房ふじさわ 301和風スナック 302フルーツパーラーたなか 303東京浴場 304コンドームの自販機 305名糖の牛乳箱 306明美湯 307関原銀座 308思い出横丁の公衆トイレ 309純喫茶「DANTE」 310調布駅周辺 311鶴川街道近くの田園風景 312首相官邸裏 313明店街 314ラーメンの店「菊家」 315浜劇 316小便スルナ 317野毛のラーメン屋 318動物園通りの飲食ビル 319三原小路隣の袋小路 320名店「三州屋銀座店」 321三愛ビル 322路地の中の自動ドア 323金春小路 324ラブホテル街の近く 325旅館の建物 326花壇街 327よこはま 328キャバレー跡 329シバヤンジ通り 330公衆トイレの路地 331思案橋横丁 332柳小路通り 333崇福寺駅 334銅座市場跡 335理容室 336釣船橋の風景 337横浜中華街 338もりたや食堂 339映画看板の街 340赤塚不二夫記念館 341椿神社 342駅前の大衆食堂跡 343亀の湯 344喫茶「Rio」 345路地裏のホテル 346中橋湯 347末広二番街 348理容室 349飛騨牛乳の牛乳箱 350国旗掲揚塔 351女神の像 352料理屋「海の家」跡地 353渡辺館 354蕎麦「旭屋」 355キラキラ橘商店街の理容室 356ラブホテル街 357元三島神社 358プレイスポット「銀星」跡 359スナック「シスター」 360末広湯 361片側の飲み屋街 362レトロ電柱 363元麻布の裏道 364元麻布の長屋 365古川の東側の住宅街 366エリザベス会館 1970年代 367だるま湯 368喫茶店「ブルボン」 369駅前のラブホテル 370オオクラ劇場 371カレー専門店「クラウン」 372ゲイバー街 373こみち通り 374蕎麦店「三代目 塙屋」 375アダルトコンビニ 376商店街の客引き禁止看板 377エリザベス会館跡 378天祖神社周辺 379角海老 380壱番街 381雀荘 382スナック街 383中町のスナック街 384純喫茶「茶房田園」 385公園 386大人のオモチャ屋 387性病科 388代々木公園のハッテンバ 389吉原の飲食店 390大衆食堂「まるけん」 391客引き禁止看板 392堀川の自然を守るガチョウ 393堀川沿いのホテル街 394ラブホテル 395駅前の病院 396鈴本キネマ跡地 397食堂「多万里」 398明朗会計の店 399小町園があった場所の近隣の店 400スナック店 401みなみ通り 402小岩周辺の住宅街 403日活映画館跡地 404宮小路の料理屋 405早川駅前の白ポスト 406アサヒ屋 407小規模な飲み屋横丁 408かなまら祭での宮出し 409地べた祭り 410金山神社のかなまら祭 411商店脇の小路 412堀の内のスナック 413駅前のラブホテル 414駅北口の繁華街 415ひかり食堂 416塙山キャバレー 417小便禁止看板 418塙山キャバレーのトイレ 419駅前の風俗街 420寿司店 421宮西国際通り商店街 422旭町三丁目のスナック街 423映画館跡地 424立喰処「どん亭」 425オートパーラーシオヤ 426居酒屋大ちゃん 427芸能浅間神社 428ガード下のアダルトショップ 429ガード下近くの大人のおもちゃ屋 430無料風俗案内所 431謎のホテル看板 432やきとり「鳥市」 433大衆食堂「若名」 434犬の糞看板 435似顔絵コインランドリー 436キャバレー太平洋跡 437ポルノ雑誌追放の看板 438ドブ板通りのマネキン 439ドブ板通りの裏通り 440ドブ板通り裏の通りの張り紙 441バッティングセンター 442喫茶店「王城」 443新宿国際劇場 444風俗店 445名画座跡地 446大人のおもちゃ店 447駅北口の繁華街 448ひさご通りの看板 449ビジネスホテル 450ラブホテル 451外国人用ゲストハウス 452大人のオモチャ屋 453食堂「筑波」 454スナック街 455フジカフェ 456「たんぼ」跡 457禁止看板 458エンペラー 459タンクトップ 460ラブホテル街 461老舗喫茶「モデル」 462ビル街の路地 463ビラ禁止看板 464日の出湯 465ちかん注意看板 466船橋漁港近くのホテル 467創業50年の洋食屋 468榎町商店街 469スナック街 470福富士 471かつての旅館街 472奥の飲み屋街 473木造アーチの飲食街 474ラーメン「こぐま」 475風俗街近くの路地 476飲食店ビル 477アダルトショップ 478大人のおもちゃ屋 479大人向け自販機 480成人向け雑誌自販機 481犬の糞看板 482キャバレー「ウラシ」跡 4832軒ならんだ店舗 484成人映画館 485繁華街のホテル 486駅前の立ち呑み屋 487公衆トイレ 488船大工町の小路 489白ポスト 490旭町の美容室 491市場通りのトタン建築 492恵びす温泉 493スナック街 494キャバレービル 495根岸横丁 496さかえ通りの美容室 497グリーン企画跡地 498ホテル街 499全線座 500名曲「神田川」ゆかりの地 501駅前の看板 502商店街近くの犬糞看板 503交差点角の質屋 1980年代 504春の湯 505ビデオボックス 506ビル街のラブホテル 507大正期の下町の町並みを再現展示 508芳賀書房 509吉原の妓楼「三浦屋」の再現展示 510商店街のラブホテル 511天神裏の張り紙 512イセブラ小路 513古本屋 514阪東橋付近 515小便禁止看板 516アルファイン 517ビルの屋上 518六本木交差点 519SM用品プロショップ 520栄町ソープ跡 521雑居ビルの案内所 522サンロード 523ホルモン亭大ちゃん 524花街跡地 525トルコ共和国大使館 526代々木公園前 527貼紙が多数貼られた路地 528ラブホテル街 529ラブホテル街 530外国人OKの看板 531西大久保公園 532100円コインロッカー 533無料案内所 534駅周辺の歓楽街 535屋上広告看板 536駅近くのラブホテル 537ラブホテル街 538中華料理「松楽」 539UFO 540商店街裏のラブホテル 541モデル募集の貼紙 542新宿二丁目のバラエティーショップ 543住宅街のラブホテル 544アダルトビデオ店 545客引き禁止看板 54618禁マークのビル 547ちょんの間跡 548元ちょんの間地帯 549ラブホテル街 550ちかん看板 551放置禁止看板 552アダルトDVDショップ 553トルコ風呂改名の舞台 554ホストクラブ 555大人のおもちゃ店 556無用看板 557繁華街の無用看板 558DX歌舞伎町 559立小便禁止 560センターロード小杉 561デリヘル 562無料案内所 563線路脇のホテル 564猿之助横町の路地 565円山町のピンクビラ 566風俗案内所 567バラエティショップ 568和風旅館 569テレクラ 570駅前の歓楽街 571旧遊廓街のホテル 572ホテル街 573小山湯 574アダルトショップ 575ゲームセンター 576コンドームビル 577梅の湯 578神田古書店街 579アダルト館「北欧」 580エイトセンター 581韓国看板 582レストラン 583コスプレショップ 584ビデオ店 585ブルセラショップ 586大人のコンビニ 587入谷のホテル街 588仲通り商店会の風俗店 589リップスティック 590ビジネスホテル? 591アパートのやきとり店 592お城のラブホテル 593大小便禁止看板 594駅前のホテル 595キャバレー、クラブ跡 596シネパトス 5978丁目並木通り近く 598ラブホテル街 599外国人用自販機 600客引き禁止の張り紙 601中華「長崎屋」 602アートビル 603ビデオ店 604神田川沿いの看板 605ピンクビラ 606ラブホ街の看板 607無料情報館 608ホテル「石秀」 609鶯谷駅北口 610駅前の路地 611駅前の待ち合わせ場所 612駅南口の繁華街
7.876245 大分類: 中分類:枝分類 folder:

茂原(創業50年の洋食屋)店内は、バーのような雰囲気。

茂原駅前に建つ駅前ビル。1階は、飲食店街になっています。

昔ながらの洋食屋。

店内は、バーのような雰囲気。

ナポリタンとビールを注文。

茂原(リップスティック)軽食店併設の風俗(サロン)店。

房総横断道路沿い。

交差点脇に1軒屋の建物。

サロン(風俗店)と軽食が併設された店舗です。

現在は休業している模様です。

茂原(榎町商店街)カラフルな看板建築建物群。

今回は、茂原(千葉県茂原市)の町並みを散歩します。
茂原の榎町商店街と駅前通り商店街は1970年代か ら1980年代に最盛期を迎えました。*1

現在も当時からの商店が建ち並んでいます。

商店街は500mほど続きます。東側の通りにも看板建築が残っています。

住居部分と一体となったお菓子屋さん。

参考文献

*1 新名阿津子 茂原市における中心商店街活性化への課題 筑波大学 地域研究年報28 2006 2006 リンク
Ⅱ-2 榎町・駅前通り商店街  榎町商店街はJR茂原駅から約500m圏から1 ㎞圏の範囲に位置し,昌平町…

上野(吉田屋モスリン店)佐竹商店街。入口に竹久夢二の作品。

佐竹商店街(台東3丁目)は、江戸時代に佐竹藩の屋敷があたことから名づけられた商店街で、南北300mに及ぶ長大な商店街です。

商店街にある「吉田屋」。

「モスリン店」※1 の看板が掲げられています。」

竹久夢二の作品。

上野(前田モスリン店)歩道橋から見えるモスリン(織物)の看板。

入谷の交差点。遠くには東京スカイツリーが見えます(写真左奥)。

北上野側の交差点の角のビルの2階部分に、「モスリン店」と書かれています。

 「モスリン(織物)」という呼び名は、毛斯綸紡織(株)(1896(明治29)年設立)の社名※1 や大阪の「モスリン大橋」という橋の名前※2 に使われました。明治時代の殖産興業政策を連想させる呼び名です。

歩道橋から見たモスリン店。

上野(ビル街のラブホテル)仏壇店街近くの路地。

東上野三丁目のビル街。通り沿いには、仏壇店が連なっています。(写真の左右の店舗はいずれも仏壇店です。)

通りを南へ入ったところにあるラブホテル。

モダンなデザインの入口。

反対側(南側)から。

上野(純喫茶「古城」)ステンドグラスが美しい老舗喫茶店。

今回は、上野(東京都台東区)の町並みを散歩します。
JR上野駅の東側(東上野三丁目)のビルの地下1階にある純喫茶「古城」。

入口の階段のステンドグラスには、白馬の騎士が描かれています。

店内は、荘厳な雰囲気です。

ココアを注文。

幕張(中華料理「松楽」)チャーシューたっぷりチャーハン。

京成電鉄幕張駅前。線路沿いの通りに中華料理店があります。

「町中華」という言葉がぴったりくるような中華料理「松楽」。

テーブル席3つとカウンター席。

チャーハンとビールを注文。チャーハンには大きめのチャーシューがたくさん入っていて、風味と歯ごたえが充分です。

幕張(美容室「ローズ」)「パーマ」大看板のある木造家屋。

京成電鉄幕張駅近くの線路沿い。舗装されていない道の先。

美容室「ローズ」の看板

木造家屋の美容室です。

「パーマ」の大看板は、遠くからでも見えます。

幕張(UFO)宇宙船の丸窓がデザインされた外観。

今回は、幕張(千葉県千葉市花見川区)の町並みを散歩します。
JR幕張本郷駅の南側。京葉道路幕張インターの東側にラブホテル街に、宇宙船の形をしたラブホテルがあります。

正面入口。

入口のゲートには、ロケットを模したオブジェ。

宇宙船の丸窓。

新小岩(住宅街のラブホテル)児童公園の隣の大ゲート。

今回は、新小岩(東京都葛飾区)の町並みを散歩します。
新小岩二丁目の住宅街。

児童公園の隣に大ゲートが出現します。

住宅街の中のラブホテル。

L字型の小路を抜けると反対側にもゲートがあります。

鶯谷(交差点角の質屋)圧倒的な3階建ての外観。

下谷1丁目の住宅街。

交差点の角に、古いコンクリート製の建物があります。1階には店舗。同じビルに質屋の看板が残っています。

建物の側面。

側面の窓の配置から、3階建ての建物であることが解ります。

鶯谷(プレイスポット「銀星」跡)屋上看板だけが残っています。

鶯谷駅前の「ダンスホール新世紀」。

隣のビルの屋上に残る「銀星 PLAYSPOT GINSEI」のレトロ大看板。パチンコ店か何かだったのでしょうか。現在、「銀星」の店舗はビル内には見当たりません。

1Fにある歌謡曲カフェ。

鶯谷駅からの遠望。

鶯谷(ラブホテル街)言問い通りの北側。敷地内に祠。

鶯谷のラブホテル街は、駅前の言問い通りの南側が中心ですが、言問い通りの北側にも大規模なホテル街が立地しています。

敷地内に祠のあるラブホテル(写真中央に祠の屋根が見えます。)

メインの通り。

西側には、高層階のホテルが建ち並んでいます。

鶯谷(スナック「シスター」)線路沿いの木造三階建ての建物群。

今回は、鶯谷(東京都台東区)の町並みを散歩します。
鶯谷駅南口の陸橋を渡った線路沿いに、木造三階建ての建物が連なっています。

飲み屋街。

スナックの入口。

シスタービル。

浅草橋(おかず横丁の理美容室)バーバー、パーマの看板。

レトロな建物が残っているおかず横丁。

理容室(バーバー)。

レトロなパーマ屋さん。

交差点の角の赤い建物の美容室。

浅草橋(おかず横丁)昔ながらの商店街。重厚な看板建築。

浅草橋の北側。鳥越1丁目のおかず横丁。

看板建築の商店の建物など、昔の商店街の雰囲気が残っています。

銅板が貼れた重厚な感じの看板建築。

裏側からの眺め。

浅草橋(老舗やきとり店)篠塚稲荷神社の隣。

かつての花街があった柳橋一丁目。

篠塚稲荷神社の隣に、老舗やきとり店があります。

釜めしと焼き鳥。

焼き鳥定食と日本酒を注文。

浅草橋(花柳街跡地)墨田川沿い。現在はビル街に。

かつての柳橋の花街は、墨田川沿いにありました。
「昭和37年の柳橋マップ」*1 によると、この通りの東側(写真左側)に、「料亭深川亭」「料亭子安」「料亭卯の木」「料亭はやし」「料亭津久松」「料亭柳水」がありました。

佃煮屋の「小松屋」のマーク

反対側(南側)から。

墨田川からの遠望。現在はビルが建ち並んでいます。

参考文献

*1 西本頑司 柳橋 花柳界盛衰譚 日本文芸社 荷風!vol.12
P.34 昭和37年の柳橋マップ 墨田川沿いに、北から「料亭深川亭」「料亭子安」「料亭卯の木」「料亭は…

上野(吉原の妓楼「三浦屋」の再現展示)下町風俗資料館。

下町風俗資料館の2階の特別展示(令和元年12月7日~令和2年2月24日)は、資料館が所蔵する「江戸風俗人形」の展示です。
吉原の妓楼「三浦屋」を再現したものです。檜細工師・三浦宏氏による建物(模型)は30年以上も前に制作されたものだそうです。*1

内所」と呼ばれる、妓楼の楼主の居間。

格子を組んだ「張見世」。

花魁。

参考文献

*1 台東区立下町風俗資料館 特別展「江戸風俗人形」の世界 下町風俗資料館号外 2020.12.7
特別展「江戸風俗人形」世界 建物・人形・小物三位一体の妙 「江戸風俗人形」は、かつて日本有数の歓楽…

上野(大正期の下町の町並みを再現展示)下町風俗資料館。

上野公園にある台東区下町風俗資料館。

1階は大正時代の下町の町並みを再現した常設展示です。長屋の井戸端が再現されています。

物干し竿。

駄菓子屋の店内。

上野(カレー専門店「クラウン」)王冠のマークが目印。

今回は、上野(東京都台東区)の町並みを散歩します。
JR上野駅ガード下にあるカレー専門店「クラウン」。王冠のマークが目印です。

開業当時の上野の写真なども飾られていて、歴史を感じます。

自販機で食券を買います。大盛りはダブルまで。チキンカレーはチキンカツではありません。

カツカレー大盛りにさらに大盛り券(1枚)とビールを注文。満足のボリュームでした。

真金町(旧遊廓街のホテル)旧遊廓街の北側。

真金町2丁目の旧遊廓街の北側の通り。中央に緑地帯を持つ道幅の広い道路です。

ラブホテルの建物。

入口には、フリータイムとSTAYの2つの看板。

古い看板。

真金町(スナック店)横浜橋交差点の東側の3軒長屋。

今回は、真金町(神奈川県南区)の町並みを散歩します。
横浜橋交差点の東側に。スナックが建ち並ぶ通りがあります。

1軒屋のスナック。

3軒長屋のスナック店。

2軒が並ぶスナック街。

福富町(韓国看板)ハングル文字の小料理店、美容室。

今回は、福富町(神奈川県横浜市中区)の町並みを散歩します。福富町の商店街には、ハングル語の看板が密集しています。

韓国料理の店。

小料理店の看板もハングル語です。

美容室。

伊勢佐木町(緑のタイルのアパート)親不孝通り裏の路地。

伊勢佐木通りの隣にある親不孝通りは、現在は風俗街となっていますが、その中に古いアパートが残っています。

玄関部分は、黄緑色のタイルで装飾されています。

建物側面のタイル。

黄緑色とピンク。

伊勢佐木町(目的不明のタイルの柱)丸玉石 モザイク。

曙町4丁目の四つ角の古い住宅。

建物の角に目的不明のタイルの柱があります。昔、お風呂場などでよく使われていた丸玉石モザイクのタイプです。

ほぼ正方形の四角柱。

かなりの年数が経過していると思われますが、タイルの輝きは失われていません。

伊勢佐木町(アール形状の庇を持つ建物)赤線建築を彷彿させます。

曙町の親不孝通り。

2階部分がレトロな感じです。

赤線建物を思わせるアール形状の庇。

白い円柱。

伊勢佐木町(スナック街)片側のみが残っています。

曙町の親不孝通りを西へ進んだ伊勢佐木町六丁目。

昔は左側にも飲食店が建ち並んでいました。※1

現在は、片側のみが残っています。

以前は、この写真の右手前のあたりに、黒い円柱を持つ建物が残っていました。※1

伊勢佐木町(伊勢佐木町ブルースの歌碑)ボタンを押すとため息が聞けます。

伊勢佐木町に、青江三奈さんが歌った伊勢佐木町ブルースの歌碑があります。
青江三奈さんは、横浜の「ナイトアンドデイ」というナイトクラブの歌手でした。*1

伊勢佐木町ブルースを歌った青江三奈さんは、当時、森進一さんと並んで、「ため息路線」として大きく売り出されました。*2
歌碑の楽譜には、冒頭の「あ~、あ~」の部分には、「ため息」と記されています。

伊勢佐木町ブルースのおかげで、伊勢佐木町の名は全国に知れわたることになりました。

歌碑の台座のボタンを押すと、内蔵されているスピーカーから、青江三奈さんが歌う伊勢佐木町ブルースが再生されます。
*1

【参考文献】
*1 松葉好市,小田豊二:横浜物語(集英社,2003)P.259-P.260
*2 鈴木則文:日本の映画とロックと歌謡曲(2007)

伊勢佐木町(イセブラ小路)謎のL字型の小路。

伊勢佐木町の長者町8丁目。

イセブラ小路と名付けられた小路があります。

気が付かずに通り過ぎてしまいそうなL字型の小路。

反対側の入口。

伊勢佐木町(国際クラブ「三千里」跡)屋上に残る大看板。

今回は、伊勢佐木町(神奈川県横浜市中区)の町並みを散歩します。
伊勢佐木町通りを北西に入った通り。

昼間は閑散としています。

屋上には、国際クラブ「三千里」の大看板。

現在も高級クラブが営業中です。

石川町(小山湯)住宅街のビル銭湯。入口は両側にあります。

JR根岸線石川町駅の西側。中村川の南側の住宅。

ビル型銭湯の小山湯。

階段を下りると入口です。反対側の入口にも通じていて、建物の両側から入れる構造になっています。

小山湯の木製看板。

石川町(ホテル街)マンションのような外観。

JR石川町駅前の高速道路の向こう側は、ラブホテル街です。

まるでマンションのような外観のホテル。

老朽化が進んでいますが、近日中に建て替えが計画されているようです。

最近建てられたと思われる上層階に露店風呂が設置されたホテル。周囲はマンションが建ち並んでいますが、ホテルもマンションと同じような外観です。

石川町(老舗喫茶「モデル」)年代物のレジ。

今回は、石川町(神奈川県横浜市中区)の町並みを散歩します。
JR京浜東北線の石川駅前にある老舗喫茶「モデル」。

内部はレンガで装飾されていて、歴史を感じさせます。

「モデル」のコースター。

年代物のレジ。

関内(恵びす温泉)元町中華街近くの3階建てのビル。

元町中華街の南側にある「恵びす温泉」。写真奥は首都高速です。

3階建てのビル。

赤い文字で「恵びす温泉」と書かれた看板。

階段を上った2階が銭湯です。

関内(中華「長崎屋」)ちゃんぽん麺のナポリンタン。

元町中華街の上海路の北端。

店名は長崎屋。

名物はラーメン、ちゃんぽんですが、実はオススメは「ちゃんぽん麺を使ったナポリタンです。

「昔ながらのナポリタン」とビールを注文。中華街で味わうナポリタンは格別です。

関内(市場通りのトタン建築)元町中華街の老舗。

元町中華街の市場通りの北側。
中華街でよく見かける甘栗の店があります。

その隣にあるみやげもの店。

鮮やかなトタン建築です。

建物の後方から。

関内(アートビル)1階にあったベンチはメリーさんの指定席。

馬車道の繁華街。

交差点の角にあるアートビルは1階部分が広場になっている落ち着いた感じのビルです。

この1階に設置されてあったベンチは、白化粧のメリーさん※1 の指定席でもありました。

メリーさんを出入り禁止したビルが多かった中、アートビルのオーナーであり、かつてはビル1階に店舗を構えていた「アート宝飾」の代表、六川勝仁さんは、メリーさんを拒むことはしませんでした。
すでに、ベンチは取り外され、1階の「アート宝飾」の店舗は「スターバックスコーヒー」へと変わりました。

参考文献

*1 中村高寛 ヨコハマメリー 河出書房新社 かつて白化粧の老娼婦がいた 2017
第3章 メリーさんの記憶
馬車道にあるアートビル。この1階のベンチは、メリーさんの指定席でもあった。アートビルのオーナーであ…

参考記事

※1 福富町(GMビル)メリーさんが過ごした場所。2017-04-27

野毛(ラーメンの店「菊家」)大看板による看板建築?

野毛の中心部(野毛町一丁目)。

ラーメンの店 菊屋。

「看板による看板建築」と言えそうです。

隣に居酒屋「魂屋」。

野毛(小便スルナ)建物の壁に直接手書き。鳥居のマーク。

野毛町2丁目の繁華街。

飲み屋の多い小路です。

建物の壁に直接手書きされた「鳥居のマーク」と「小便スルナ」注意書き。

反対側から。

野毛(繁華街のホテル)哀愁を帯びた板塀の裏口。

野毛の繁華街の中心部。四つ角にホテルがあります。ホテルのビルの1階には、串カツ店などの飲食店舗が入っています。

入口。

西側の小路のホテル側は、木製板塀になっていて、そこには昭和を感じさせるホテルの裏口があります。

ホテルの裏口。

野毛(動物園通りの飲食ビル)1階部分が飲食横丁。

野毛三丁目は、野毛の中心部からは西側へはずれた場所ですが、動物園通りには、飲食店が建ち並んでいます。

中央部に横丁の入口がある建物。

スナック店が密集するビル小路。

奥行のある建物です。

川崎南町(簡易宿泊所)昭和28年開業。昭和35年には60軒。

旧川崎宿の西端の日新町にある簡易宿泊所(ドヤ街)。

複数の簡易宿泊所が密集しています。

昭和28年に5軒の宿泊所が開業したのが始まりです。昭和35年には60軒になりました。

テレビ付き。

川崎南町(吉の湯)コインシャワー。通路の先が銭湯の入口。

川崎南町の南側、貝塚二丁目の住宅街にある銭湯の「吉の湯」。

2つの建物(左側はコインランドリ)の間の通路の先が銭湯の入口です。

コインシャワー。

銭湯の建物は、道路の東側に面しています。

川崎南町(アサヒ屋)ピンク色のラーメン大看板。

川崎南町の西側、市電通りの近く。数店舗の飲食店が散在する通りです。

ラーメンと書かれた大看板。

ラーメン中心のメニューです。

チャーシューメンとビールを注文。

川崎南町(川崎ロック座)ヌードシアタの看板。

川崎南町の北側の通り。

ストリップの川崎ロック座が営業中です。

レトロな大看板。nudetheater(ヌードシアタ)と書かれています。

建物側面の階段。

川崎南町(小規模な飲み屋横丁)小料理。スナック。

風俗店が散在する川崎南町にある小規模な飲み屋横丁。

小料理店など複数の店舗。

現在は、ほとんどの店舗が休業中のようです。

反対側。

川崎南町(「新地」の標識)小土呂新地の名残。

かつて川崎宿の一部だった旧東海道沿いの通り(小川町通り)。この付近は、川崎遊廓があった場所です。
この付近は、小土呂新地と呼ばれ、大正11年には南町と呼ばれるようになりました。
江戸時代より飯盛女を抱えた旅籠屋は、風紀上問題が多く、明治35年、この地に移されました。

近くには「新地支」と書かれた電柱標識があります。

旧東海道から南へ入った場所にある南町公園。

ここにも「新地支」のプレートがあります。

参考文献

*1 日本地名研究所 川崎の町名 川崎市 1991
南町
新川堀と旧東海道、それにドブと呼ばれた用水に囲まれた三角形の耕地が大正初期の耕地図で確認されます。…

参考記事

※1 川崎南町(小土呂橋親柱)交差点、バス停に小土呂の名。2020-01-16

川崎南町(名画通り)路地にまっすぐに伸びる側溝。

今回は、川崎南町(神奈川県川崎市川崎区)の町並みを散歩します。
チネチッタの東側にある商店街の名画通り。飲食店が建ち並ぶまっすぐな小路があります。

「名画通り商店会」の看板。

和風の飲食店。

まっすぐに伸びる側溝。

信濃町(権田原公衆便所)かつてのハッテンバ第一エリア。

権田原バス停の近く。

権田原のハッテンバの第一エリアだった公衆トイレは、最近リニューアルされたようです。

権田原の地名を冠した公衆便所です。

JR信濃町駅前の歩道橋から、権田原公衆便所方面への遠望。

信濃町(権田原の小公園)消滅したハッテンバ。

JR信濃町駅を下車し、外苑東通りを南へ進むと、「権田原(ごんだわら)」の交差点があります。交差点の角には交番があって、交差点の北東側に、明治記念館。南東側に東宮御所、西側に明治神宮外苑が立地しています。

かつて、このエリアは、「権田原」という名のハッテンバでした。ハッテンバとは、ある一定の場とか施設が時間帯によってその機能を変質させられ、男性の同性愛者の性行動をうながす場となっているところを指しています。そこは、公園であり、公衆便所なのですが、夜になるとどこからともなく集まってくる男たちによって、開放的な性行動の場に変質させられました。権田原のハンテンバのエリアは、第一エリアから第三エリアと呼ばれる三ヶ所があって、その最盛期は、1961年から1971年までの10年間でした。第一エリアは、権田原バス停近くの公衆便所、第二エリアは、明治神宮外苑の森の入口の公衆便所で、第三エリアは、第二エリアの南側の前方の小公園でした。*1

1964年、東京オリンピック開催のため、第一エリア周辺が道路整備事業の対象区域となると、人々は向かい側の第二エリアに移動しました。やがて第二エリアも柵がめぐらされ、入口が閉ざされてしまうと、人々は第三エリアに移動しました。
ところが、第三エリアに隣接した都営住宅の住民の騒音拒否運動の抵抗にあい、住民の都への働きかけによって、東京都公園管理事務所は、夜間は閉門の措置をとったため、権田原のハッテンバは消滅しました。*1

現在も、そのためか、夕方16:30以降、公園の門は閉ざされます。

【参考文献】
*1 現代風俗研究会:現代遺跡・現代風俗91(リブロポート,1990)P.168-P.175

信濃町(カレー店「JUNE」)味の名店街の名店。

信濃町駅前の駅ビルの「味の名店街」には、歴史のある飲食店が集まっています。

地下1階の老舗カレー店。

メニューは、ポークカレー(並、中、大)のみです。

カレー(大)とビールを注文。キャベツは食べ放題です。

信濃町(味の名店街)レトロ感漂う駅前ビルの地下。

今回は、信濃町(東京都新宿区)の町並みを散歩します。
信濃町駅北口にそびえるトーシン信濃町駅前ビル。

1階には、レトロ感漂う名店街の入口があります。

「地下街入口」の看板

飲食店の名店の名が並びます。

常陸多賀(小便禁止看板)広場内のあちこちに建っています。

たくさんの公衆トイレが整備されている飲み屋街の「塙山キャバレー」ですが、一方で、小便禁止看板もあちこちに建っています。

立小便の標的になりそうな空地。

赤文字の部分はかすれています。

中央の広場の看板。

常陸多賀(塙山キャバレーのトイレ)女性用もあります。

塙山キャバレーの飲み屋街。トタン建築の店舗が建ち並びます。

国道沿いに隣接して、建物が弧を描いています。

塙山キャバレーには、トイレが数か所あります。

女性用トイレもあります。

常陸多賀(塙山キャバレー)十字路の飲み屋群。

常陸多賀駅の南西約1km。国道6号線の交差点「塙山十字路」。

交差点の角に飲み屋群が忽然と姿を現します。

飲み屋群は、「塙山キャバレー」と呼ばれているようです。

交差点の南東側の一画にトタン建築の飲み屋が密集しています。

常陸多賀(駅前の風俗街)スナックや風俗店が散在するエリア。

常陸多賀駅の駅前の商店街の裏側。この付近はスナックや風俗店が散在するエリアです。

レトロな感じの風俗店ビル。

入口。

道を挟んだ向かい側の店舗。

常陸多賀(ひかり食堂)麺大盛り、野菜増し。

今回は、常陸多賀(茨城県日立市)の町並みを散歩します。
JR常磐線常陸多賀駅前の商店街にあるひかり食堂

大衆食堂です。

レトロな店内。

この店の名物「背脂ラーメン(麺大盛り、野菜増し、ニンニク有り)」とビール(大瓶)を注文。
盛りの大きさには驚愕です。麺とスープにたどり着くまでは、野菜炒めを食べている状態です。

下館(蕎麦店「三代目 塙屋」)歴史を感じさせる佇まい。

しもだて美術館の北側にある老舗の蕎麦店。

屋号は「三代目 塙屋」。歴史を感じさせます。

まずは、日本酒を注文。

蕎麦は独特の細麺です。

下館(松の湯)入口部分に唐破風のようにデザインされた庇。

羽黒神社の東側の住宅街。レトロな食堂がある通りです。

銭湯の松の湯。
本格的な宮型銭湯とは言えませんが、入口部分に唐破風のようにデザインされた庇。

現在は休業中のようです。

煙突。

下館(稲荷町のスナック店)趣きのある看板建築。

稲荷町の旧花街。料亭があった通り(写真奥)※1から路地を入ったところ。

趣きのある建物。

看板建築です。

従業員募集の貼り紙

玉戸(スナック街)国道沿いの2階建ての建物。

今回は、玉戸(たまど、茨城県筑西市)の町並みを散歩します。
JR線水戸線の下館駅の東隣の玉戸駅から国道50号線を西へ約1Km。国道沿いに2階建ての建物があります。

1階はスナック街です。

東端には、マッサージ店の看板。

東側から。

藤沢(ラーメン「こぐま」)名物の牛乳ラーメン。木彫りの子熊。

藤沢駅北口の小路。

札幌ラーメンの店「こぐま」があります。

店内には、木彫りの子熊。

名物の牛乳ラーメンを注文。

藤沢(飲食店ビル)ビルの入口中央から2階へ上る階段。

マンションが林立する藤沢の繁華街跡の西側。

道路沿いに2階建ての飲食店ビルがあります。

飲食店は1階と2階の両方にあって、ビルの入口中央には2階への上る階段があります。

レトロな看板。

藤沢(奥の飲み屋街)唯一残っている飲み屋街。

以前は、両側に和風スナックや小料理屋が並んでいましたが、現在、片側にはマンションが建っています。

いざかや「ひよこ」※1は、小鳥の街にも同じ屋号の店舗がありました。こちらに移転してきたのかもしれません。

サロンの看板。

かつての藤沢の歓楽街の中で、唯一残っている飲み屋街です。

藤沢(かつての旅館街)現在はマンションが林立。

藤沢のかつての歓楽街は、現在は多数のマンションが林立する町並みに一変しています。

スナック街の「小鳥の街」※1、「湯房ふじさわ」※2などがあった場所は、駐車場になっています。

仙成旅館と和風スナックが建ちならんでいた場所※3 もマンションに建て替わっています。

かつての面影はありません。

藤沢(木造アーチの飲食街)老朽化が進んでいます。

今回は、藤沢(神奈川県藤沢市)の町並みを散歩します。
駅の北側。藤沢銀座通りから50mぐらい入ったところにある飲食街。

2006年に訪れたとき※1 と比べかなり荒廃が進んでいます。

店舗の内部は意外と綺麗です。

この飲食街の北側にはスナックが営業中です。

長崎丸山(白ポスト)長崎市の中心地のバス停。

長崎市街の「中央橋」バス停。名前の通り長崎市の中心地にある橋です。

バス亭「中央橋」に設置されている白ポスト。

有害図書類回収ポスト。

丸型です。

長崎丸山(よこはま)思案橋横丁の老舗ちゃんぽん店。

長崎市街の思案橋横丁※1 にある中華レストラン「よこはま」。

創業60年だそうです(店の看板より)。 

長崎チャンポンは、明治時代、長崎に住んでいた中国人たちによって作られ、中国からの留学生たちに栄養がありしかもボリュームもあるので大変喜ばれていました。その後、長崎ならではの新鮮な山海の幸と工夫が加えられて、長崎中に広まり、長崎の郷土料理として育ちました。※1

「よこはま」のネオン塔。

参考文献

*1 中華レストランよこはま 中華レストランよこはま ホームページ リンク
麺とスープに多彩な具がしっとりと溶けあった 味わいは、まさに絶品! 長崎名物よこはま特製チャンポン…

参考記事

※1 長崎丸山(思案橋横丁)ネオンが煌めく通り。2013-11-10

長崎丸山(シバヤンジ通り)当時の人は「芝居小屋の地」を「シバヤンジ」と呼んでいました。

銅座町の繁華街に、「シバヤンジ通り」と名付けられた飲み屋の路地があります。
銅座付近には以前、芝居小屋が点在しており、当時の人は「芝居小屋の地」を「シバヤンジ」と呼んでいたそうです(案内看板より)。

路地はL字型に曲がって続いています。

反対側(西側)から。

夜の様子(上の写真と同じ場所)。

長崎丸山(銅座市場跡)現在は取り壊されています。

数年前まで、この付近にあった銅座市場は、現在は解体され、市場の下の動座川が見える景観になっています。

川の両脇の建物は残されたままです。

銅座川。

逆方向から。

長崎丸山(船大工町の小路)船大工町へ通じる風情のある小路。

長崎丸山町から船大工町へ通じる小路。

階段を下りながら角を曲がっていきます。

風情のある石段。

反対方向から。

長崎稲佐(旭町の美容室)古くからの商店街。

今回は、長崎稲佐(長崎県長崎市)の町並みを散歩します。
長崎湾に近い旭町には、古くからの商店街があります。

似たようなデザインの店舗が連なっています。

美容室の部分だけが看板建築です。

長屋風の商店街の1階の美容室。

長崎戸町(理容室)調髪館。入口に、斜めの取っ手。

遊廓街だった戸町一丁目の通りにある理容室。

「調髪館」と書かれています。

入口のドアには取っ手が斜め取り付けられています。

水色の窓枠。

小城(スナック店)映画館「桜座」があった通り。

今回は、小城(佐賀県小城市)の町並みを散歩します。
JR唐津線小城駅の北側の通りは、スナックが散在する住宅街になっています。

スナックと割烹料理店。

この付近には、映画館の桜座がありました。*1

桜座があった敷地の隣に建つスナック。

参考文献

*1 フォーラム小城 近・現代小城マップ リンク
桜座跡 リンク
桜座跡 創業は明治期までさかのぼるが、廻り舞台を持った劇場で観客席は桝席になっていた。戦時中一時閉…

上野(キムチ横丁のトイレ)中国語の貼り紙。

キムチ横丁※1 の中央。通路が交差するあたりに公衆トイレがあります。

広々としたトイレ。

男子小便器の中国語の貼り紙。漢字から、だいたい意味は想像がつきます。

「文明にとっては大きな一歩だ。」

上野(キムチ横丁の通路)ディープな雰囲気の通路。

東上野2丁目の「キムチ横丁」と呼ばれるコリアンタウン。※1
2棟の建物の間が生活通路になっています(南側より)。

ディープな雰囲気の通路。

逆方向から。

横丁の中央部。通路が交差するあたりに公衆トイレがあります。

板橋(プラザ板橋)1階はL字型の飲食街。

JR板橋駅の北西側は飲食ビルが密集する繁華街です。

1階が飲食街の入口になっているビル。

通路はL字型になっていて続いています。

反対側の出口。

板橋(坂下マーケット)ゲートだけが残っています。

坂下1丁目交差点の北東にある「坂下マーケット」。看板に書かれている通り、かつては、精肉、鮮魚、青果、食料品、酒類、蒲鉾、菓子類の店が並ぶマーケットだったようです。現在は、入口付近の精肉店とリサイクルショップが営業中です。

マーケットの中央の通路。

かつての鮮魚店の名残。

反対方向(北東側)の入口。マーケットはL字型になっています。

板橋(トンネルマーケット)立喰いそば屋脇のトンネル。

都営三田線の志村坂上駅で下車。城山通りを100mほど進んだところにある1階に立喰いそば屋のビル。

立喰いそば屋脇に、通称「トンネルマーケット」と呼ばれる商店街があります。

ビルの1階の商店街は、さらに奥のビルへと続いています。

いつくかの連なったビルの1階が長い商店街になっています。

板橋(大衆食堂「若名」)暖簾に書かれているとおりの店。

志村坂上駅から南へ800m。

住宅街の中にある大衆食堂。

暖簾に書かれているとおり、「大衆食堂」と言える店内。

かつ丼とビールを注文。

板橋(やきとり「鳥市」)遊座大山商店街。

中山道から、南へ10分ほど歩くと「遊座大山商店街」の入口です。

商店街を歩いていると、やきとりのいい匂いが漂ってきます。

やきとり、鳥レバー、すなぎも、鳥かわ、つくね、すべて110円です。

やきとり5本と日本酒を注文。

津田沼(線路脇のホテル)突端部分に狭小建物の特徴。

今回は、津田沼(千葉県習志野市)の町並みを散歩します。JR津田沼駅の西側。JRの線路と御成街道ど斜めに交差する地点に、ラブホテルが建っています。ビルの前面が広告スペースになっている狭小建物です。

突端部分に入口。狭小建物の特徴※1 です。

入口を廻り込むようにして裏側へ回る通路があります。

地元の人のみが利用するホテル裏側の通路。写真右側のフェンスの向こう側はJRの用地です。

成増(旭町三丁目のスナック街)ここから練馬区。

成増駅の南西側の旭町三丁目。ここからは練馬区です。川越街道から南へ少し入ったところに、小規模なスナック街があります。

スナック星。

四つ角のスナックビル。

白い壁のスナック店。

成増(立喰処「どん亭」)名物は「焼肉ライス」。

成増駅前の立ち食いそば屋の「どん亭」。

名物は、焼肉ライスです。

券売機には、各種そばのボタンが並びますが、上部に焼肉ライス、特盛焼肉ライス、特々盛り焼肉ライスの大型ボタン。

焼肉ライス(普通盛り、500円)を注文。普通盛りでありながら、このボリュームです。

成増(映画館跡地)成人映画も上映されていました。

今回は、成増(東京都板橋区)の町並みを散歩します。
成増駅南側は、駅前の繁華街です。

現在、成増会館がある場所には、映画館の成増国際劇場がありました。

踏切を渡って、線路沿いを北西方向へ進んだあたりには、映画館の「成増東映」がありました。

近くには、「成増北口商店街」のゲートがありますが、商店街らいしい雰囲気はありません。

八王子(純喫茶「茶房田園」)八王子駅前のビル。

八王子駅前のビル。

純喫茶「田園」は、このビルの2階にあります。

レトロな店内。一人でものんびり過ごせます。

クリームソーダを注文。

八王子(中町のスナック街)旧花街の一画。

八王子の中町東側のエリアでは花街の風情が復活*1*2 していますが、西側はスナック街になっています。

南側の富士見通りに近いあたり。

韓国パブとフィリピンスナック。

逆方向(北側)から。

大宮(明朗会計の店)電飾看板が残るビル。

大宮の南銀座*1 の裏通り(線路沿い)。かつては風俗店だったと思われる電飾看板が残るビルがあります。

その隣にある「明朗会計」の大看板。

ビルの脇の路地。

ビルの表側。このビル全体が明朗会計店です。

大宮(食堂「多万里」)高島屋裏の通り。

今回は、大宮(埼玉県さいたま市)の町並みを散歩します。
大宮駅東口の高島屋裏の通り。

アパート風の建物の1階にある食堂。

食事処「多万里」。

ラーメン(大盛)とビール(中瓶)を注文。

白山(まるや肉店)揚げたての菊坂コロッケ。

菊坂の商店街。

コロッケで有名な「まるや肉店」。散歩をしていると、コロッケだ食べたくなります。

揚げたての「菊坂コロッケ」は120円。たくさん並んでいます。

菊坂コロッケ2個とハムカツ1枚を購入。

</