館林(旧割烹旅館「福志満」)本町二丁目

今回は、館林(群馬県館林市)の町並みを散歩します。
館林の花街の歴史は、明治初期に邑楽織物同業組合が出来た頃、料理・旅籠屋が開店したことに始まります。その後、明治四十年代の織物市場が開設、東武鉄道の開通や上毛モスリン・日清製粉の躍進、機業界の発展が花街の興隆へとつながりました。*1

落ち着いた佇まいの旧割烹旅館「福志満」。*2

昭和7年建築。*2

木造三階建てです。

カテゴリ

花街·花街跡 館林

この記事を参照している用語

館林

参考文献

*1 館林の花街と二業見番: *館林の民俗世界 (館林の花街と二業見番,2012)館林市史 特別編 第5巻
P.60 花街の様子 館林の花街の歴史をひもとくと、明治初期に邑楽織物同業組合が出来たころから、料理・…
*2 花街の記憶: *館林の民俗世界 (花街の記憶,2012)館林市史 特別編 第5巻
P.62 図1-5 昭和初期の肴町にあった商店 置屋、料理店、カフェ、寿司屋の記載。 P.63 …

コメントを残す

コメントよろしくお願いします。