藤沢(奥の飲み屋街)サロンの看板

以前は、両側に和風スナックや小料理屋が並んでいましたが、現在、片側にはマンションが建っています。

いざかや「ひよこ」※1は、小鳥の街にも同じ屋号の店舗がありました。こちらに移転してきたのかもしれません。

サロンの看板。

かつての藤沢の歓楽街の中で、唯一残っている飲み屋街です。

ジャンル・市区町村

飲食街·横丁 藤沢

藤沢(かつての風俗街)現在はマンション

藤沢のかつての歓楽街は、現在は多数のマンションが林立するエリアに様変わりしています。

「小鳥の街」※1 などのスナック街の跡地は駐車場になっています。

仙成旅館と和風スナックが建ちならんでいた場所※2 もマンションが建っています。

かつての面影はありません。

藤沢(木造アーチの飲食街)老朽化が進んでいます。

今回は、藤沢(神奈川県藤沢市)の町並みを散歩します。
駅の北側。藤沢銀座通りから50mぐらい入ったところにある飲食街。

2006年に訪れたとき※1 と比べかなり荒廃が進んでいます。

店舗の内部は意外と綺麗です。

この飲食街の北側にはスナックが営業中です。

長崎丸山(よこはま)長崎ちゃんぽん

長崎市街の思案橋横丁※1 にある中華レストラン「よこはま」。

創業60年だそうです(店の看板より)。 

長崎チャンポンは、明治時代、長崎に住んでいた中国人たちによって作られ、中国からの留学生たちに栄養がありしかもボリュームもあるので大変喜ばれていました。その後、長崎ならではの新鮮な山海の幸と工夫が加えられて、長崎中に広まり、長崎の郷土料理として育ちました。※1

「よこはま」のネオン塔。

ジャンル・市区町村

食文化 本石灰町

参考文献

*1 中華レストランよこはま: 中華レストランよこはま ホームページ (中華レストランよこはま,) リンク
麺とスープに多彩な具がしっとりと溶けあった 味わいは、まさに絶品! 長崎名物よこはま特製チャンポン…

参考記事

長崎丸山(シバヤンジ通り)

銅座町の繁華街に、「シバヤンジ通り」と名付けられた飲み屋の路地があります。
銅座付近には以前、芝居小屋が点在しており、当時の人は「芝居小屋の地」を「シバヤンジ」と呼んでいたそうです(案内看板より)。

路地はL字型に曲がって続いています。

反対側(西側)から。

夜の様子(上の写真と同じ場所)。

ジャンル・市区町村

飲食街·横丁 銅座町

長崎丸山(銅座市場跡)現在は取り壊されています。

数年前まで、この付近にあった銅座市場は、現在は解体され、市場の下の動座川が見える景観になっています。

川の両脇の建物は残されたままです。

銅座川。

逆方向から。

ジャンル・市区町村

商店街 銅座町

長崎丸山(遊廓時代の石塀)玉泉神社

今回は、長崎丸山(長崎県長崎市)の町並みを散歩します。
かつての遊廓だった丸山。寄合町に玉泉神社があります。

この玉泉神社の南側と東側には、遊廓時代からあった石塀が現在残っています。

南側の石塀。

東側の石塀。

ジャンル・市区町村

遊廓·遊里 寄合町

参考文献

*1 長崎国際観光コンベンション協会: 長崎さるく (長崎国際観光コンベンション協会,)
・遊廓時代の石塀の解説。

長崎稲佐(稲佐遊廓跡地)北側の通り

マタロス休息所※1 が発展して出来上がった稲佐遊廓。現在はその名残はありません。

遊廓の東側のメインの通り。亀姫楼、玉姫楼、三好楼、二見楼、支楽楼、千歳楼、明月楼が道の両側に建ち並んでいました。*1

旅館松月

逆方向(東側)から。

長崎稲佐(お栄本宅跡)ステッセル将軍が滞在

国際親善の女傑と言われた「稲佐お栄」※1 の本宅は、旭町から稲佐山への急斜面を上ったところにある鳥岩(からすいわ)神社の近くにありました。*1

当時、日露戦争において旅順のロア軍が降伏し、ステッセル将軍(旅順要塞地区司令官)は捕虜として長崎に到着。お栄宅に滞在しました。*1

お栄本宅跡の敷石。*1

鳥岩神社からの遠望。

ジャンル・市区町村

社交場 大鳥町

参考文献

*1 松竹秀雄: 稲佐風土記 (長崎文献社,1985)長崎の対岸 (新長崎郷土シリーズ ; 第1巻)
P.151 お栄こと道永エイは、万永元年の出生、明治13年、満20才のと肥州屋のおかみお豊の紹介によって長崎…

参考記事

長崎稲佐(ロシア村跡地)

幕末から日露戦争の前年(明治36年)までは船津浦・稲佐郷はロシア海軍士官の止宿地域で「ロシア村」と呼ばれていました。*1

ロシア村の案内板。

平戸小屋郷異国人休息所*1 があった場所(写真右側)。

女傑、稲佐お栄が建てたホテル「ヴェナス」跡地。
ロシア語を話せるお栄は、女実業家、社交界の花形として君臨し、ホテルル・ヴェスナを建設。幕僚たちの酒宴とダンスの歓楽の宿場となりました。*2

ジャンル・市区町村

社交場 丸尾町

参考文献

*1 松竹秀雄: ながさき稲佐ロシア村 (長崎文献社,2009)
P.6 ロシアの作家グザーノフの文に「稲佐はロシアの船乗りにとっては昔から馴染みの土地であった...下級…
*2 松竹秀雄: 稲佐風土記 (長崎文献社,1985)長崎の対岸 (新長崎郷土シリーズ ; 第1巻)
P.151 お栄こと道永エイは、万永元年の出生、明治13年、満20才のと肥州屋のおかみお豊の紹介によって長崎…

この記事を参照している記事

長崎稲佐(旭町の美容室)昔からの商店街

今回は、長崎稲佐(長崎県長崎市)の町並みを散歩します。
長崎湾に近い旭町には、古くからの商店街があります。

似たようなデザインの店舗が連なっています。

美容室の部分だけが看板建築です。

長屋風の商店街の1階の美容室。

ジャンル・市区町村

理美容室 旭町

長崎戸町(2階建ての木造家屋)

遊廓跡と思われる木造3階建物※1 の隣にある2階建ての木造家屋。
こちらも奥行のある建物です。

町屋風の建物。

2階部分。

華やいだ雰囲気です。

長崎戸町(戸町遊廓跡)木造三階建て

戸町一丁目の海岸一帯は昭和初期までここは遊廓地帯で、狭い道を挟んで木造三階建てを主とした大きな家が二十軒ほども競い建っていました。*1
現在もその名残と思われる木造三階建ての建物が残っています。

かつての雰囲気と名残を感じます。

奥行のある建物です。

高台の上る道路の途中から。

ジャンル・市区町村

遊廓·遊里 戸町一丁目

参考文献

P.296 今はここの海岸一帯は造船関係の工場や駐車場となり、様相を一変しているが、昭和初期までここは遊…

この記事を参照している記事

長崎戸町(戸町市街)道路が弧を描いています。

戸町一丁目の旧繁華街は、丸い半島の形状に合わせて、道路が弧を描いています。

3階建ての店舗。

道路の形状に合わせて建物もカーブしています。

国分町近くにある造船所。

ジャンル・市区町村

街道·街路の町 戸町一丁目

長崎戸町(戸町港)

今回は、長崎戸町(長崎県長崎市)の町並みを散歩します。国道交差点からほんのわずかに歩いたときにかかる鶴見橋から戸町港が見えます。

中小の造船所があります。

小菅修船場跡。船を乗せて曳揚げる台の形状から「そろばん」ドックと呼ばれました。

高台から見た戸町港。写真奥は女神橋です。

ジャンル・市区町村

生業·産業の町 戸町一丁目

小城(お稲荷さん)旧遊廓内

小城の旧遊廓のメインの通り。

通りの奥(北側)に、娼婦達が参ったお稲荷さんがあります。

煉瓦が使われています。

お稲荷さんの周囲は、堀で囲まれています。

ジャンル・市区町村

遊廓·遊里 芦刈町永田

参考文献

*1 岡本澄雄: 小城の歴史 : 第73号 (小城郷土史研究会,2016)江戸吉原の遊廓と住ノ江遊廓
住ノ江は、江戸後期には生活の糧として有明海の魚介類を水揚げしていた漁村であったが、近代化の原動力と…

小城(住ノ江遊廓跡に残る元妓楼の建物)遊廓の面影を残す門構え。

現在は、住宅街となっている住ノ江遊廓跡に、1軒だけ、当時の三階建ての妓楼の建物が残っています。*1

遊廓の面影を残す塀。*1

玄関付近。

北側に隣接する敷地にも立派な塀が残されています。

ジャンル・市区町村

遊廓·遊里 芦刈町永田

参考文献

*1 岡本澄雄: 小城の歴史 : 第73号 (小城郷土史研究会,2016)江戸吉原の遊廓と住ノ江遊廓
住ノ江は、江戸後期には生活の糧として有明海の魚介類を水揚げしていた漁村であったが、近代化の原動力と…

小城(小城遊廓跡)住ノ江橋の東側

住ノ江遊廓の開業は大正9年11月3日で、八軒の遊廓が軒を並べてどの遊女屋も5~10人の娼妓を抱えていました。*1

メインの通り(北側から)。写真奥は住ノ江橋です。*2

東側に入ったところには、検査所がありました。*2

六角川の堤防から旧遊廓地の遠望。

ジャンル・市区町村

遊廓·遊里 芦刈町永田

参考文献

*1 岡本澄雄: 小城の歴史 : 第73号 (小城郷土史研究会,2016)江戸吉原の遊廓と住ノ江遊廓
住ノ江は、江戸後期には生活の糧として有明海の魚介類を水揚げしていた漁村であったが、近代化の原動力と…
*2 岡本澄雄: 小城の歴史 : 第73号 (小城郷土史研究会,2016)江戸吉原の遊廓と住ノ江遊廓
住ノ江は、江戸後期には生活の糧として有明海の魚介類を水揚げしていた漁村であったが、近代化の原動力と…

小城(住ノ江港)かつての貿易港

六角川の河口の住ノ江港は、かつては貿易港として栄えました。*1

現在は漁港になっています。

住ノ江橋。

住ノ江橋の東側(写真左奥)には、住ノ江遊廓がありました。*1

ジャンル・市区町村

生業·産業の町 芦刈町永田

参考文献

*1 岡本澄雄: 小城の歴史 : 第73号 (小城郷土史研究会,2016)江戸吉原の遊廓と住ノ江遊廓
住ノ江は、江戸後期には生活の糧として有明海の魚介類を水揚げしていた漁村であったが、近代化の原動力と…

小城(スナック店)映画館があった通り

今回は、小城(佐賀県小城市)の町並みを散歩します。
JR唐津線小城駅の北側の通りは、スナックが散在する住宅街になっています。

スナックと割烹料理店。

この付近には、映画館の桜座がありました。*1

桜座があった敷地の隣に建つスナック。

ジャンル・市区町村

飲食店舗 小城町

参考文献

*1 フォーラム小城: 近・現代小城マップ 桜座跡 (フォーラム小城,) リンク
桜座跡 創業は明治期までさかのぼるが、廻り舞台を持った劇場で観客席は桝席になっていた。戦時中一時閉…

上野(キムチ横丁のトイレ)

キムチ横丁※1 の中央。通路が交差するあたりに公衆トイレがあります。

広々としたトイレ。

男子小便器の貼り紙。漢字から、だいたい意味は想像がつきます。

「文明にとっては大きな一歩だ。」

上野(キムチ横丁の通路)ディープな雰囲気

東上野2丁目の「キムチ横丁」と呼ばれるコリアンタウン。※1
2棟の建物の間が生活通路になっています(南側より)。

ディープな雰囲気の通路。

逆方向から。

横丁の中央部。通路が交差するあたりに公衆トイレがあります。

上野(大人のコンビニ店)マリリンモンロー?

今回は、上野(東京都台東区)の町並みを散歩します。
JR上野駅近くのガード沿いの繁華街。

大人のコンビニ店があります。

つい、見上げてしまう大看板。

入口のマネキン。マリリンモンローでしょうか。

ジャンル・市区町村

売店 上野

板橋(熊の湯)昔のままの建築

志村坂上の城山通りを西へ進むと、銭湯の「熊の湯」に行きつきます。

前面部分は改装され、「湯ーとぴあ熊の湯」という名称になっています。

西側から見た外観。後方部分は昔のままの建築が残されています。

東側から。

ジャンル・市区町村

銭湯 志村一丁目

板橋(坂下マーケット)ゲートだけが残っています。

坂下1丁目交差点の北東にある「坂下マーケット」。看板に書かれている通り、かつては、精肉、鮮魚、青果、食料品、酒類、蒲鉾、菓子類の店が並ぶマーケットだったようです。現在は、入口付近の精肉店とリサイクルショップが営業中です。

マーケットの中央の通路。

かつての鮮魚店の名残。

反対方向(北東側)の入口。マーケットはL字型になっています。

ジャンル・市区町村

商店街 東坂下一丁目

板橋(トンネルマーケット)志村一丁目

都営三田線の志村坂上駅で下車。城山通りを100mほど進んだところにある1階に立喰いそば屋のビル。

立喰いそば屋脇に、通称「トンネルマーケット」と呼ばれる商店街があります。

ビルの1階の商店街は、さらに奥のビルへと続いています。

いつくかの連なったビルの1階が長い商店街になっています。

ジャンル・市区町村

商店街 志村一丁目

板橋(やきとり「鳥市」)遊座大山商店街

中山道から、南へ10分ほど歩くと「遊座大山商店街」の入口です。

商店街を歩いていると、やきとりのいい匂いが漂ってきます。

やきとり、鳥レバー、すなぎも、鳥かわ、つくね、すべて110円です。

やきとり5本と日本酒を注文。

ジャンル・市区町村

飲食店舗 大山東町

板橋(遊女の墓)文殊院

スーパー「ライフ」(板橋宿の本陣跡)の先の十字路はかつての宿場の中心地で、ここから右(東)に向かったところに、文殊院があります。本堂の浦の墓地に宿場女郎の墓があります。*1

平尾宿の大盛川楼主が建て、正面が家族、側面が遊女の墓と説明が書かれています。

正面。「大」「盛」の文字が読み取れます。

側面の遊女の名。戒名の下に、俗名が彫られています。出身地が〇〇産と表現されています。*1
大阪産 俗名 うの
江戸産 俗名 やす
江戸産 俗名 かね

ジャンル・市区町村

墓・供養塔 仲宿

参考文献

*1 馬場憲一: 板橋区史跡散歩 (学生社,1978)東京史跡ガイド⑲
P.35-P.36 スーパー「ライフ」(板橋宿の本陣跡)の先の十字路はかつての宿場の中心地で、ここから右(東…

板橋(新藤楼跡地)遺構は郷土資料館 に保存されています。

今回は、板橋の町並みを散歩します。
旧中山道沿い(現在は商店街)の中程。板橋遊廓最大と言われた新藤楼は、明治16年の開業で昭和10年頃まで営業していました。新藤楼があった場所には、現在はマンションが建っています。
新藤楼の玄関部分の遺構は郷土資料館 ※1 に移築・保存されています。

新藤楼の建物は、昭和47年まで都病院の建物として残っていました。現在のマンションの1階には、同名の屋号の写真館が営業中です。

旧道をさらに西へ進み、王子新道を超えたあたりにも妓楼がありました。

逆方向から見たところ。

津田沼(巨人軍発祥の地の碑)谷津公園内

京成電鉄谷津駅近くにある谷津公園。公園の奥には「谷津バラ園」があります。

バラ園の入口脇にある「読売巨人軍発祥の地」の碑。

川上哲治、長嶋茂雄、王貞治氏など、往年の名選手の手形が並べられています。

この場所にあった谷津球場から日本のプロ野球は始まりました。

ジャンル・市区町村

娯楽文化 谷津三丁目

津田沼(線路脇のホテル)

今回は、津田沼(千葉県習志野市)の町並みを散歩します。JR津田沼駅の西側。JRの線路と御成街道ど斜めに交差する地点に、ラブホテルが建っています。ビルの前面が広告スペースになっている狭小建物です。

突端部分に入口。狭小建物の特徴※1 です。

入口を廻り込むようにして裏側へ回る通路があります。

地元の人のみが利用するホテル裏側の通路。写真右側のフェンスの向こう側はJRの用地です。

成増(新藤楼玄関)板橋遊廓の遺構

板橋区赤塚5丁目にある板橋区立郷土資料館。入口に旧板橋遊廓「新藤楼」の玄関部分がここに移築、展示されています。

玄関部分のみですが、かなり大きな遺構です。

銅板の説明書き。

唐破風の屋根の中央の意匠。

成増(スナック街)旭町三丁目

成増駅の南西側の旭町三丁目。ここからは練馬区です。川越街道から南へ少し入ったところに、小規模なスナック街があります。

スナック星小規模なスナック街になっています。

四つ角のスナックビル。

白い壁のスナック店。

ジャンル・市区町村

飲食店舗 旭町三丁目

成増(駅前の立ち食い蕎麦)駅前名物「焼肉ライス」

成増駅前の立ち食いそば屋の「どん亭」。

名物は、焼肉ライスです。

券売機には、各種そばのボタンが並びますが、上部に焼肉ライス、特盛焼肉ライス、特々盛り焼肉ライスの大型ボタン。

焼肉ライス(普通盛り、500円)を注文。普通盛りでありながら、このボリュームです。

ジャンル・市区町村

食文化 成増二丁目

成増(映画館跡地)成人映画も上映されていました。

今回は、成増(東京都板橋区)の町並みを散歩します。
成増駅南側は、駅前の繁華街です。

現在、成増会館がある場所には、映画館の成増国際劇場がありました。

踏切を渡って、線路沿いを北西方向へ進んだあたりには、映画館の「成増東映」がありました。

近くには、「成増北口商店街」のゲートがありますが、商店街らいしい雰囲気はありません。

ジャンル・市区町村

劇場 成増二丁目

八王子(中町のスナック街)旧花街

八王子の中町東側のエリアでは花街の風情が復活*1*2 していますが、西側はスナック街になっています。

南側の富士見通りに近いあたり。

韓国パブとフィリピンスナック。

逆方向(北側)から。

八王子(置屋「ゆき乃恵」)風情のある柳の木

料理屋「すゞ香」*1 の北側。

黒塀に囲まれた置屋の「ゆき乃恵」。

建物脇の柳の木。

近くには、昭和30年代の花街の地図が掲示されています。

八王子(八王子花街)現役の花街

今回は、八王子(東京都八王子市)の町並みを散歩します。
かつて、織物業で栄えた八王子には、明治時代から花街がありました。現在も現役の花街として、中町には、料理屋が営業中です。

近年、黒塀が整備されるなどして、花街の風情が復活しました。

「すゞ香」は、当時の芸者衆の待合だった建物を改築したもので、今でも当時の面影が残っています(「すゞ香」の張り紙より)。

「八王子花街・黒塀通り」の説明書き。

大宮(高級料亭「萬松楼」跡)現在は動物園・遊園地。

大宮公園の園内にある動物園・遊園地。

遊園地(児童スポーツランド)。

動物園が隣接しています。

現在の動物園から遊園地にかけての一帯は、高級料亭「萬松楼」があった場所です(案内板より)。
萬松楼は、敷地内に鉱泉を掘り当てたことから明治二十一年に開業した料亭・旅館です。明治二十四年十月には正岡子規と夏目漱石が滞在しました。*1

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 高鼻町四丁目

参考文献

*1 沼田尚道: 鴎外(97) (森鴎外記念会,2015.7)「青年」に描かれた大宮公園
P.59 萬松楼は、敷地内に鉱泉を掘り当てたことから明治二十一年に開業した料亭・旅館で、大宮公園内に在…

大宮(「含翠楼」跡)大宮公園

「大宮公園」は大宮駅の東北、約1.5kmに位置しています。明治6年の太政官布達を受け、明治18年に氷川公園の名称で誕生しました。*1

木々に囲まれた美しい公園です。

「ブラタモリ」でも放映された料亭跡の庭石。
明治四十三年に、大宮公園に三業組合が組織されました。*2

「含翠楼(がんすいろう)」は、氷川公園開設当初(明治18年)に建設されました。
含翠楼の建築費は、吉田県令の機密費(本庄、深谷の遊廓から徴収された税金)により賄われました(案内板より)。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 高鼻町四丁目

参考文献

*1 大宮公園: 大宮公園 公式ホームページ (大宮公園,) リンク
施設概要 「大宮公園」は大宮駅の東北、約1.5kmに位置しています。明治6年の太政官布達を受け、明治18年…
*2 沼田尚道: 鴎外(97) (森鴎外記念会,2015.7)「青年」に描かれた大宮公園
P.61 「青年」が「昴」に連載開始された明治四十三年は、大宮公園に三業組合を組織された年でもある。時…

大宮(明朗会計の店)南銀座

大宮の南銀座*1 の裏通り(線路沿い)。かつては風俗店だったと思われる電飾看板が残るビルがあります。

その隣にある「明朗会計」の大看板。

ビルの脇の路地。

ビルの表側。このビル全体が明朗会計店です。

大宮(アイスビル)南銀座

大宮の南銀座。南銀座通り、ナンギンの通称で知られる繁華街です。

奇抜なデザインのアイスビル。

バーや居酒屋が入居しています。

「なんぎん」の呼び名は、昭和23年にアイスビルにより名付けられました。

ジャンル・市区町村

飲食街·横丁 仲町一丁目

この記事を参照している記事

大宮(多万里)駅前の大衆食堂

今回は、大宮(埼玉県さいたま市)の町並みを散歩します。
大宮駅東口の高島屋裏の通り。

アパート風の建物の1階にある食堂。

食事処「多万里」。

ラーメン(大盛)とビール(中瓶)を注文。

ジャンル・市区町村

食文化 大門町一丁目

白山(まるや肉店)菊坂コロッケ

菊坂の商店街。

コロッケで有名な「まるや肉店」。散歩をしていると、コロッケだ食べたくなります。

揚げたての「菊坂コロッケ」は120円。たくさん並んでいます。

菊坂コロッケ2個とハムカツ1枚を購入。

ジャンル・市区町村

食文化 本郷五丁目

白山(旅館「鳳明館」)下宿屋が発端

菊坂通りを北へ入ったところにある老舗旅館「鳳明館」。
本郷には、昔ながらの旅館が残っています。そのほとんどは、東大の学生目当てに始めた下宿屋が発端と言われています。*1

道路を挟んだ向かい側にある別館。

別館の玄関。

本郷界隈の旅館の大方は、岐阜県出身の種田一族と小池一族が興したものらしい。「鳳明館」の創業者も小池英夫という人で、昭和11年に、現在の「鳳明館」(本館)で営業を始めました。*1

ジャンル・市区町村

旅館 本郷五丁目

参考文献

*1 泉麻人: 東京ディープな宿 (中央公論新社,)
P.66 本郷の東大近辺には、いまも昔ながらの旅館が何軒か残っている。そのほとんどは、帝大の学生目当て…

白山(樋口一葉旧居跡)今も残る井戸

菊坂の樋口一葉旧居跡。このあたりは、古い木造建築が多く残っています。

樋口一葉も使ったと言われる井戸。

現在は、防火用水として使われています。

逆方向から井戸のある方向の眺め。

ジャンル・市区町村

文学 井戸 本郷四丁目

白山(徳田秋声旧宅)都指定史跡

白山花街があった場所から南東方向へ約500m。徳田秋声の旧宅跡があります。

徳田秋声の「縮図」は、白山花街が舞台となりました。*1

案内板。

東京都の史跡に指定されています。

ジャンル・市区町村

文学 本郷六丁目

参考文献

*1 佐田 美子: 論究日本文学(通号 11) (立命館大学日本文学会,1959.10)「縮図」について リンク
P.70 政子は富弥という白山の芸妓であった。この政子をモデルとして、「政子もの」と呼ばれる一連の作品…

白山(花街跡)現在も営業する染物屋

今回は、白山(東京都文京区)の町並みを散歩します。
旧白山花街の中心部の通り。花街時代からあった染物屋「伊勢屋」は現在も営業中です。

「伊勢屋」の脇の石畳の路地。

料亭だったと思われる木造家屋。

この付近には、料亭が密集していました。*1

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 白山一丁目

この記事を参照している用語

白山花街

下北沢(鈴なり横丁)演劇の街

「演劇の街」下北沢を象徴する鈴なり横丁。

鈴なり横丁(ザ・スズナリ)は、1969年(昭和44年)築、木造二階建ての”鈴なり横丁”は一階が飲み屋、二階がアパートという造りで、そこにさらに劇場が造りこまれました。*1

横丁の内部

1階の飲食街。

ジャンル・市区町村

飲食街·横丁 劇場 北沢一丁目

参考文献

*1 ザ・スズナリ: ザ・スズナリ ホームページ (ザ・スズナリ,) リンク
1981年 上演の軌跡 1981年、ザ・スズナリは本多によって、グループ内、初の劇場として下北沢の地に開場…

下北沢(商店街の中のラブホテル)

今回は、下北沢(東京都世田谷区)の町並みを散歩します。
「若者の街」として紹介されることが多い駅前の商店街。

商店街の中にひっそりとラブホテルが佇んでいます。

商店街の西側(小田急線の線路沿い)。閑静なたたずまいの割烹店。

割烹店が入っているビルは、ホテルです。

ジャンル・市区町村

ホテル 北沢二丁目

登戸(駅前商店街)居酒屋とフィリピンパブ

今回は、登戸(神奈川県川崎市)の町並みを散歩します。
登戸駅周辺は、現在、西口側を中心に再開発が進められています。写真の南口周辺には昔ながらの商店街が残っています。

古い木造家屋の建物も残っています。

北側へ回り込んだところに連なる看板建築。

居酒屋とフィリピンパブ。

ジャンル・市区町村

商店街 登戸

町田(大蔵湯)昭和四十一年創業

横浜線古淵駅から徒歩約10分。
昭和四十一年創業、町田で一番歴史ある銭湯です。*1

昔ながらの銭湯の風情のある煙突。

平成二十八年十二月、リニューアルオープンしたそうです。*1

銭湯でありながら、スーパー銭湯のような近代的設備です。

ジャンル・市区町村

建築文化 木曽町

町田(「たんぼ」跡)かつての面影はありません。

今回は、町田(東京都町田市)の町並みを散歩します。
通称「たんぼ」と呼ばれるちょんの間があったあたり。※1

ちょんの間の建物が場所は、現在は駐車場になっています。

逆方向から見たところ。

以前は、道路側から建物を見ることができましたが、現在はマンションやビルが建ち並んでいます。往時の面影はありません。

厚木(ホルモン亭大ちゃん)老舗店

本厚木駅南口から徒歩10分。
ホルモン亭大ちゃんは創業40年。昭和の雰囲気をたっぷり残しています。*1

ホルモン大ちゃん。

ホルモンが中心のメニュー。飲み物も充実しています。

昔ながらの炭火です。

ジャンル・市区町村

食文化 旭町一丁目

参考文献

*1 ホルモン亭大ちゃん: ホルモン亭大ちゃん ホームページ (ホルモン亭大ちゃん,) リンク
ホルモン亭大ちゃんは厚木で創業40年、昭和の雰囲気をたっぷり残しています。 たれは継ぎ足しで使ってき…

厚木(花街跡)現在は飲食街

厚木の芸妓の存在は、江戸末期にはあったとされ、江戸時代中期以降の大山参りの隆盛に伴い、遊興の地となりました。戦後、昭和29年には、「厚木三業組合」が結成されました。*1
厚木花街のあった寿町一丁目。北側の通りは飲食街になっています。

寿司屋や居酒屋が建ち並びます。

道がカーブしている場所。

料理屋と思わわれる屋号が残るお宅。

1970年代、厚木の料亭街には、芸者が150人ほどいました。*2

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 寿町一丁目

参考文献

*1 厚木市教育委員会: 厚木市史 民俗編 2 (厚木市,)
P.190 芸妓 厚木の芸妓の存在は、江戸末期にはあったとされ、江戸時代中期以降の大山参りの隆盛に伴い、…
*2 小学館: 週刊ポスト 7月10日号 (小学館,1970.7.10)ますます凄くなった東名好色ハイウエイ
P.134 いよいよ狙い時の厚木の街 6月1日の鮎漁解禁以来、相模川には、キレイどころを乗せた船が浮かん…

厚木(花街跡地)寿町

昭和30年代まで、厚木は、鮎漁と養蚕という観光・産業に支えられ、多くの料亭に出入りする芸者衆は、最盛期には100人近くを数えました。*1

昭和15年の花柳街の地図によると、この通りの両側には、料理屋が建ち並んでいました。*1

花柳街跡地の飲食店。

家紋が描かれた塀。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 寿町一丁目

参考文献

*1 千秋社: 厚木市の昭和史 : 変わりゆくまち・くらし 写真集 (厚木市の昭和史編集委員会,)
P.169 鮎漁と花柳界 昭和30年代まで、鮎漁と養蚕は、厚木の観光・産業を支える大きな柱であった。多くの…

厚木(サンロード)横丁建築

今回は、厚木(神奈川県厚木市)の町並みを散歩します。
小田急線本厚木駅から北へ300m。1階の餃子店と生花店が入る商業ビルがあります。

近代的な横丁建築です。

入居しているテナントのほとんどは、風俗店です。

反対側の出口。

浅草(料亭) 明治十一年の創業老舗

浅草花街の風情が残る通り。
明治十一年の創業の老舗料理店の一直(写真左手前)*1 は、「全国花街めぐり」*2 にも登場する老舗です。

道を挟んだ反対側にある料亭の「桜の家」。

風情のある玄関。

木々に囲まれています。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 浅草三丁目

浅草(浅草三業会館)記念樹

浅草花街の歴史は古く、参詣客を集めた浅草観音の門前の茶屋に由来し、その時代は、明暦年間(1655~1657)にさかのぼります。*1

浅草花街の中心部に浅草三業会館の建物があります。

提灯。

レスリングの浜口京子選手の銅メダル獲得記念樹。会館の前に植えられています。

ジャンル・市区町村

花街·花街跡 浅草三丁目

参考文献

*1 浅草見番: 浅草見番 公式ホームページ (浅草見番,) リンク
浅草見番の歴史 古来より浅草観音様は諸人の参詣を集め、掛け茶屋が出て賑っていました。武江年表(斉藤…

浅草(三定)日本最古の天ぷら老舗

今回は、浅草(東京都台東区)の町並みを散歩します。
「三定」は、中山の法華経寺の門前の茶屋の板招き※1 や成田山※2 にも名が記されている、江戸時代からの老舗です。

日本最古の天ぷら老舗です。

大かき揚げ(¥4,750)など、特大メニューもあります。

天丼とビールを注文。

船橋(割烹旅館玉川)国登録有形文化財

今回は、船橋(千葉県船橋市)の町並みを散歩します。
船橋駅の南側。国道14号線(旧道)沿いから少し南は入ったところに、割烹旅館玉川があります。

風情のある和風旅館の建築です。

玄関付近。

割烹旅館玉川は、大正10年に営業を開始。内部は意匠の凝った小部屋が迷路のように配されています。かつて、この付近は埋め立てが行われる以前は海岸線であったことを偲ばせてくれる建物です。現在は、国登録有形文化財になっています(案内板より)。

ジャンル・市区町村

旅館 湊町二丁目

佐原(花街の裏通りの飲食街)

かつての花街だった通り※1 の裏道を入ると飲食店街になっています。

春の家。

小料理屋。

焼肉会館の通りをさらに先へ進むと、小野川沿いの「カメラの三越」※2の前へ出ます。

佐原(稲荷神社)見番寄進の玉垣

かつて佐原の花街があった周回する小路※1 にある稲荷神社。

玉垣に、花街の関係者の名が刻まれています。
色川八十八(いろかわ・やそはち)は、歴史家の色川大吉さんの祖父で、佐原の芸者屋「鹿島家(かしまや)」の経営者で、妻を7人も変えた男として知られていました。*1

佐原芸妓の開祖は、明治初年上仲町の「哥川」の「小よし」で、明治32~3年頃の成田鉄道開業の頃には、芸妓百数十名にのぼり、毎夜、賑わいました。*2

花街の関係者の名が刻まれています。

ジャンル・市区町村

信仰・寄進 佐原イ

参考文献

*1 色川大吉: わが半生の裏街道 (河出書房新社,2017)原郷の再考から
鹿島家 P.12-P.13 フー坊には、ハナハチという祖父がいた。実名は八十八、ヤソハチというのだが、子供に…
*2 篠塚猶水: 佐原案内 (中村写真館,1914)
P.89-P.90 佐原芸妓の開祖は、明治初年上仲町の「哥川」に「小よし」と称して売り出し。千代川の今吉等は…

参考記事

佐原(周回する小路)旧花街

料理屋「寿茂登」※1 の裏側は、地元の方の話によると、かつての花街の中心地だったそうです。
小路の両側には、現在も料理屋が建ち並んでいます。

営業中の飲食店。

風情のある料理屋。

小路は、ぐるりと1周していて、元の大通りへ出ます。

佐原(花街だった通り)割烹料理屋が散在。

今回は、佐原(千葉県香取市)の町並みを散歩します。
佐原信用金庫のある通りは、かつては、置屋や料理屋などが建ち並ぶ通りでした(地元の方の話)。

現在も割烹料理屋が散在し、当時の名残を感じます。

料理屋らしき建物。

上野写真の料理屋の脇の路地。

西船橋(大小便禁止看板)通り抜けできません

西船橋駅前の繁華街。キャバレービル※1 を遠望する小規模な駐車場があります。

駐車場奥のビル間の隙間は、鉄格子でふさがれています。

「大小便禁止!!通り抜けできません」の看板。

反対側から。

西船橋(駅前のホテル)休憩専用?

今回は、西船橋(千葉県船橋市)の町並みを散歩します・
JR西船橋駅(北口)。写真奥は、西船橋駅です。

飲食店などが多い通りですが、雑居ビルの中に簡易なホテル。質素な看板です。

少し離れた場所にもう一軒。

レストホテル。休憩専用のホテル、という意味でしょうか。

ジャンル・市区町村

ホテル 西船四丁目

佐原(カメラの三越)3階建て

佐原の小野川沿いは、小江戸の風情を感じる町並みが残り、観光客にも人気のあるスポットです。その中で、3階の「カメラの三越」が異彩を放っています。

現在は、休業中です。

写真左奥は、観光スポットの町並みです。

建物の左上に取り付けられている看板。
天体望遠鏡や双眼鏡は、当時の主力商品だったようです。

ジャンル・市区町村

商業 佐原イ 未分類

この記事を参照している記事

佐原(理容室)見番があった通り

佐原市街の東薫酒造の工場(写真左側)の西側の通り。

通りのつきあたりに、古風な理容室があります。

1階部分は水色。窓は白く塗られています。

地元の方の話によると、かつて、この通りの先には、花柳界の見番がありました(「駅前の看板に書かれていた二業組合とは、時代が異なるのでは」との話)。

ジャンル・市区町村

理美容室 佐原イ

佐原(旧二業組合跡地)小川路地

「昭和はじめの佐原の町並み」鳥瞰図と案内板※1 に記載の旧二業見番があったあたり。馬場本店酒造の東側の路地です。案内板に記載では、ここは小川路地と呼ばれていたそうです。鳥瞰図に記載のある、この路地の出口にある小川薬局(現存)が路地の名前の由来かもしれません。

長く続く板壁を持ったお宅。

古い建物のようです。

逆方向(北側)から見たところ。

佐原(昭和初めの佐原の町並み)佐原駅前

今回は、佐原(千葉県佐原市)の町並みを散歩します。
JR成田線、佐原駅前に「昭和初めの佐原の町並み」地図が掲示されています。隣に現在の地図も同じ方角で掲示されているので、解りやすいです。

当時の町並みが鳥瞰図で表されています。

馬場本店酒造の東側に「二業組合」と記されています。

隣の現代版の地図にも、「旧二業組合」の記載

ジャンル・市区町村

看板・貼紙 佐原イ

この記事を参照している記事

成田(オートパーラーシオヤ)

成田市猿山にあるオートパーラシオヤ
千葉県の希少なレトロスポットです。*1

店内には、うどんの自販機やハンバーガーの自販機が設置されています。

ボンカレーの自販機。現在は故障中のようです。

天ぷらうどんとハンバーガーを頂きました。

ジャンル・市区町村

自販機 猿山

参考文献

*1 越野弘之: 昭和レトロ自販機大百科 (洋泉社,2015)
P.69 近くには、キャンプ場やゴルフコースなどもある県道79号線沿い。JR成田線滑河駅からも1キロ以内…