出版のお知らせ

WordPressの本を書きました。Amazonでお買い求め頂けます。

 本書は、本来ブログ用ソフトであったWordPressを、Webサイト用のソフト(CMS)として活用するためのノウハウをまとめたものです。
 ブログは、「〇年〇月〇日、浅草の△△を散歩」というような記事を時系列で羅列したものです。何年分かのブログ記事が蓄積されると、たとえば、「浅草の街全体の情報」というようなWebサイトを作りたい場合があります。このようなときは、WordPressのカスタム投稿タイプやカスタムタクソノミーを使ったカスタマイズを行うことになるわけですが、サブクエリー(WP_Query)やサブループの記述などにPHPのコーディングが必要となり、カスタマイズを進めていいくにつれ、PHPコードの洪水状態となります。
 本書は、このような状況に陥らせないためのノウハウ(類似のコードを1か所にまとめて再利用する)や必要となる基本知識についてまとめたものです。

タイトル:オブジェクト指向WordPress
著者名:風きよし
発行:古今東西舎
発売日:2020年9月1日
価格:¥1,700+税

WordPressからLeafletのポップアップを操作する

事例の概要

地図表示でマーカーを表示するとき、マーカーをクリックするとポップアップ表示するだけでなく、外部のテキストからポップアップを開くことができれば、より便利です(下図)。

この機能を実現するためには、Leaflet側のマーカーのポップアップとWordPressで表示するテキスト表示を動的に連動させることが必要です。

コード量も増えるので、再利用しやすいようにClassに分けて記述することが理想的です。

【お知らせ】
上記の事例3に示すオブジェクト指向(MVCモデル)の使い方については、本書で詳しく解説しています。


ER図活用によるWebサイトの全体デザイン

ER図

WordPressの投稿タイプやタクソノミーを理解しようとするとき、ER図を書いてみると、視覚的に理解しやすくなります。

データの集合をエンティティと呼びます。下図は、3つのエンティティ(ブログ投稿、市区町村、ジャンル)をデータの実例付きで図示したものです。
 ER図では、主キーと外部キーを記述します。主キーは、図056の最左端のデータ項目で、エンティティのレコードを識別します。表の右端にある「市区町村ID」「ジャンルID」は、それ自身が別のエンティティの主キーとなり得るデータ項目で、外部キーと呼ばれます。 一つのエンティティに主キーは必ず一つですが、外部キーは複数持つことができます。図では、ブログ投稿は二つの外部キーを持つことによって、「ジャンル」と「市区町村」2つのエンティティを関連を持っています。
 また、「市区町村」の事例は、外部キーが自身の主キーと結びつく「親子関係」のエンティティの事例です。

ブログ投稿と市区町村の関係は、1:N

・1つのブログ投稿に対し1つの市区町村が関連。
・その市区町村は別のブログ投稿とも関連。

ブログ投稿とジャンルの関係は、N:N

・ジャンルは、1つのブログ投稿に対し複数設定可能。
(例)
西仲通り商店街は、「商店街」と「路地」に関連

市区町村は親子ループ(1:N)を持つ

・1つの親は1つまたは複数の子を持つ。
・子に対し、親は1つ。
・同一エンティティの中で主キーと外部キーが結びつく(親子関係)。

主キーと外部キー

上記のER図の主キーと外部キーのみを表記すると下図のようになります。主キーと外部キーに注目すると、下記4パターンに集約されます。
ⓐDestinationパターン
ⓑSourceパターン(MetaQuery、TaxQuery)
ⓒAncestorsパターン(現世代→先祖)
ⓓDescendantsパターン(現世代→子孫)

WEBサイトの要件をER図に書き表す

Webサイトを開発する前に全体のデザイン(設計)をすることが必要です。まず、エンティティを抽出し、それらの関連づけを行うための主キー、外部キーはを決めることが重要です。

下図は当サイトの場合のER図の事例です。WordPressは投稿タイプとタクソノミーの2種類がありますので、どちらにするかも最初にするかを決めておく必要があります。

WordPressの外部キー

エンティティ同士の関連には、
 ❶投稿タイプとタクソノミーの関連づけ
 ❷投稿タイプのカスタムフィールドによる関連づけ
 ❸parentフィールドによる親子関係の関連づけ
の3種類があります。

オブジェクト指向によるWordPressへのMVCモデル適用

WordPressはイベント駆動型モデルであると言われています。これは、URLを指定するだけで自動的にデータを取得(メインクエリー)し、自動的にテンプレートファイルを選択して画面表示(メインループ)するものです。

しかし、カスタム投稿タイプやカスタムタクソノミーを使ったWebアプリケーション開発に重きを置く場合は、サブクエリーを多用する場面が増えてきます。

WordPressには、サブクエリーを効率よく開発するためのモデルがありません。

今回は、サブクエリーを効率よく開発するために、MVCモデルを適用することについて解説します。

MVCモデルは、Modelクラス、Viewクラスにコードを集約し、オブジェックト指向の継承やオーバーライドを使って、類似のコードを抽象化することによって、コーディングの作業を軽減することができます。

次にオブジェクト指向でないコード(従来の書き方)とMVCモデルを使ったオブジェクト指向のコードを比較してみることにします。

オブジェクト指向でないコード

//サブクエリー
	 $args = array(		
 //条件の記述
	 );
 //WP_Query
	 $the_query = new WP_Query($args) ;

//サブループ
	 if($the_query->have_posts()){
	   While($the_query->have_posts()){
		   $the_query->the_post();
		     //表示の記述
		     the_title() ;
	       echo "<br>\n" ;	
	   }
	 }//endif

オブジェクト指向のコード(MVCモデル)

class Controller
{
 public function __construct($var){
	   $par =(object)$var;
	   $user = new Model($args);
   または
   $user = new ViewPost() ;
   $user->format();
 }
}

class Model
{
	public function __construct($var)
	{
	
//サブクエリー
		$args = array(		
  //条件の記述
		);
  //WP_Query
		$the_query = new WP_Query($args) ;

//サブループ
		if($the_query->have_posts()){
			While($the_query->have_posts()){
				$the_query->the_post();
					//Viewクラスの呼び出し
					$user = new ViewPost() ;
                                 $user->format();
			}
		}//endif
	}//endfunction
}//endclass

class View
{
public function __format()	

	}//endfunction
}//endclass

class ViewPost extends View
{
public function __format()
			//表示
			the_title() ;
			echo "<br>\n" ;		
	}//endfunction
}//endclass
//呼び出す側 
$args = arry(
//条件の記述
);
$user  = new Controller($args);

サブクエリー(WP_Query)とサブループは、書き方のパータンがたくさんあり、すべてのパターンを覚えるのは大変なことです。そのため、書くたびにコードディングミスが起こり、完成するまでに時間がかかります。当然のことながら、これをメンテする作業も大変です。

これに対し、オブジェクト指向で書かれたコードは、呼び出す側は、フィルタリング条件を記述してクラスを呼び出すだけで、サブクエリー~サブループ~表示までの処理が完了します。
 もちろん、呼び出される側のクラスとして、Controllerクラス、Modelクラス、Viewクラスがあり、これらのコードを合わせると、オブジェクト指向を使った場合の方がコードの量は格段に増えます。しかし、これらのクラスは、再利用することを前提に作成していますので、次回からは、呼び出す側の記述のみで済みます。
 また、クラスには、スーパークラス(親クラス)の機能を継承して、差分の部分のみをサブクラス(子クラス)に記述することができ、メンテの効率が向上します。

WordPressの基本構造の概念図

WordPressの基本の理解で最も重要なことは、構造の理解です。理解するためには、図で示すことが最も近道です。
WordPressは、クエリーとループから成り立っています。

クエリー:データの検索
ループ:データの表示

WordPressの入門時に一番初めに理解すべきことは、メインクエリーとメインループですが、メインクエリーは「WordPressコア」と呼ばれる基本部分に包含されていて、通常はカスタマイズできないということです。(メインクエリーをカスタマイズするには、「フック」という特別なカスタマイズ方法を用います。)

WordPressの基本構造の概念図

WordPressのカスタマイズを理解の第一歩は、テーマの中にあるメインループを見つけ出し、ループの中の記述を自分の好みに合うようにカスタマイズし、実感をつかむことです。

<?php 
if ( have_posts() ) {
	while ( have_posts() ) {
		the_post(); 
		//
		// この部分が記述(カスタマイズ)部分
		//
	} // end while
} // end if
?>

上記のコードのif ( have_posts() )から} // end ifまでがメインループの記述で、その内側の部分がカスタマイズ部分で、ここに、たとえば、the_title();と書けば、投稿のタイトルが表示され、the_content();と書けば、投稿の本文が表示されるわけです。

<?php 
if ( have_posts() ) {
	while ( have_posts() ) {
		the_post(); 
		//記述(カスタマイズ)部分
          the_title();
          the_content();
		//
	} // end while
} // end if
?>

もう一つ重要なポイントは、このメインループが実行される手前の段階で、「WordPressコア」の中のメインクエリーが、既に実行を完了しており、その結果がオブジェクトと呼ばれるデータの塊に保持されているということです。この塊から具体的なデータを抜き出す命令が、the_title();the_content();です。このとき、データは複数件あるので、これをメインループで回して表示しています。

WordPressのカスタマイズで頻繁に出てくるサブループについては、上記の概念図に併記すると理解が深まります。
メインクエリーが「WordPressコア」の中にあって、自動的に実行されるものであるのに対し、サブクエリーは、自分でコードを書く(カスタマイズする)ことが必要ですが、行っている処理は、メインクエリーと同じです。(両方ともWP_Queryが実行されている同じ処理。)

サブクエリーの結果は、オブジェクトに出力され、それを表示するのがサブループです。メインループとサブループの書き方は、ほぼ同じです。

上記の概念図では、左から右へ「クエリー」「ループ」「表示」と情報が転送され、全体としては、上から下へ「メイン」「サブ」と処理が進んでいくことを図示しています。

WP_Queryのカスタマイズ事例(4)万能型サブクエリー

これまで、WP_Queryのカスタマイズ事例※1※2※3を示してきましたが、今回は、このうちのDestinationパターン※1とSourceパターン※2の事例を統合した万能型サブクエリーについて解説します。

WP_Queryのカスタマイズ事例(3)親子( 先祖・子孫)クエリー。

カスタム投稿タイプの先祖の表示。

前回※1 「投稿のカスタムフィールドに関連付けられた投稿の表示」で、ブログ記事に文献の情報を関連付ける事例を紹介しました。(実際の画面サンプルはこちらです。)

この例では、「第八章 月島の商業」が関連付けられていますが、この上の階層である「第三編 明治以降の月島」と最上位階層である書籍名の「月島発展史」を併せて表示しています。

カスタム投稿タイプ「参考文献」は、親子関係を持った木(ツリー)構造になっていて、最初に関連付けされた「第八章 月島の商業」をキーに、祖先(父母→祖父母)の階層を表示しています。

リスト37639は、カスタム投稿タイプの祖先を表示するコードです。

カスタム投稿タイプの子孫の表示。

カスタム投稿タイプ「参考文献」の全体を一覧表示する場合は、階層のトップのIDを指定し、それをキーに子孫の階層を上から順番に検索して表示します。(実際の画面サンプルはこちらです。)

リスト37639は、投稿の子孫を表示するコードです。WordPressのテンプレートタグ「get posts」を使って子孫を検索しています。 

タクソノミーの祖先と子孫の表示

木(ツリー)構造を持つタクソノミーの全体を表示する事例を紹介します。(実際の画面サンプルはこちらです。)

たとえば「中央区」を選択した場合、祖先に東京都、子孫に月島3丁目があります。これらの表示をクリックするとどちらにでも移動できるようにすると便利です。また、自分が現在どの階層にいるかも解りやすくなります。

リスト36732は、タクソノミーの祖先と子孫の両方を表示する事例です。現世代の「中央区」を指定すると、まずその先祖を表示し、次に子孫を表示します。

WP_Queryのカスタマイズ事例(2)Sourceパターン( meta_queryとtax_query)

リスト37167は、meta_queryの事例。
リスト37179は、tax_queryの事例です。

WP_Queryのカスタマイズ事例(1)Destinationパターン

今回は、投稿データに関連付けられたタクソノミーや別の投稿を表示する方法について紹介します。

WP_Queryは、あるデータの集合(これをエンティティと呼びます)の外部キーから別のエンティティの主キーを検索しデータ群(オブジェクト)取得する仕組み(クラス)です。
 WordPressの場合のエンティティは、「投稿タイプ」「カスタム投稿」「カテゴリー」「ターム」「カスタムタクソノミー」などのデータの集合です。これらのエンティティ同士は、主キーと外部キーで関連付けられます。

下図は、ブログ投稿の外部キーにカスタムタクソノミー「ジャンル」が関連づけられている場合を図示したものです。

Destinationパターン

リスト37209は、投稿のカスタムフィールドに関連付けられた投稿の表示の事例です。
ブログ記事のような投稿データに、別の投稿データを関連づけて表示したい場合があります。

リスト37211は、投稿に関連付けられたタクソノミーの表示の事例です。
ブログ記事のような投稿データには、タクソノミー(カテゴリー、タグ)を関連づけて記事の分類分けをしますが、このとき、ブログ記事のタイトルの上部や本文の末尾などにタクソノミーを表示したい場合があります。

ブログ投稿(Post)とジャンル(Term)のER図

WP_Queryのカスタマイズ

サブクラスにおいてWP_Queryを使うことのメリットは、拡張(継承)してカスタムクラスを作れることです。Rakhitha Nimesh Ratnayake(ラーキサ・ニーメシュ・ラーネヤク)は、その著書「WordPressによるWebアプリケーション開発」の中で、WP_Queryクラスの継承の用例を示しています。*1

リスト37188は、ラーネヤク氏が示した用例を本書のテーマに即してアレンジしたものです。
通常、WP_Queryを使うときは、次のように配列にすべてのフィルタリング条件を記述しなければなりませんが、リスト37188では、Modelクラスの中にこの記述を書いているので、呼び出す側は、1行のコードのみで済みます。

たしかに、同じフィルタリング条件を何度も繰り返し使う場合はこの方法が有効であり、クラスを継承すれば、少し異なる条件の場合も含めて抽象化できるかもしれません。

しかし、あらゆるパターンのサブクエリー(投稿の場合、タームの場合、親子の場合)と表示をすべて網羅的に抽象化するためには、もう一工夫必要です。

リスト36618は、リスト37188をアレンジし、この課題を解決するための方法です。

呼び出す側に、フィルタリング条件を羅列しますが、そこには値を直接記述します。これを受け取ったModelクラスは、その値をWP_Queryのフィルタリング条件にあてはめます。
この方法のメリットは、面倒なWP_Queryの記述から解放されるということです。
さらに、表示するViewクラスの名称なども呼び出す側の条件に加えることにより、サブクエリーから表示までを一貫して抽象化することができそうです。

Leaflet入門

「Leaflet」は、Webサイトに地図を載せる場合に利用するツールです。
「Leaflet」はフリーソフトでありながら、細かなオプションが用意されているのが特徴です。

リスト1 は、背景となる地図(ベース地図)を表示するコードです。
WordPressにLeafletを埋め込む場合は、事前準備として、function.phpに、Leafletを読み込むコードを記述します。

「日本版MapWarper」のジオリファレンス機能について

◆ジオリファレンスとは

古地図をWEB地図上に表示するためには、スキャナーやデジタルカメラなどを使って紙の地図をデジタル化し、それをWEB地図上に貼り付けるわけですが、このとき、
(1)古地図に緯度・経度の情報を付加する作業
(2)古地図を適切な形に整形して (ゆがめて) 現実の地図の上に置く作業
が必要です。この作業のことをジオリファレンスと言います。

◆日本版MapWarperについて

日本版MapWarper」は、このジオリファレンスを簡単に行うことができるツール(ジオリファレンサー)です。
オープンソース・ソフトウェアなので、誰でも無料で利用でき、公開した地図(されている地図)は、誰でも閲覧でき、ダウンロード利用できます。

◆「大正3年頃の鯖江図」のジオリファレンス事例

今回は、鯖江市が公開している古地図データ*1 を日本版MapWarperにアップロードして、ジオリファレンスを行います。

古地図

日本版MapWarperに会員登録し、ログインし、メニューの「地図をアップロードする」を使って古地図をアップロードします。

次に、「整形」の機能を使って、古地図を変形・伸縮させて現実の地図の座標に合うよう整形(ジオリファレンス)します。画面の左側が古地図、右側が現実の地図です。大正時代の地図は現在の地図にぴったりと重なりませんので、ここで補正を行います。両方の地図の一致する場所をダブルクリックして基準点を登録します。今回は、11か所の基準点を登録しました。①から⑪までの基準点が図示されています。

整形画面

最後に「切り抜き」の機能を使って古地図の余分な部分を取り除くと完成です。

「プレビュー」のタブに切り換えると、現実の地図の上に古地図が重ねられた状態が確認できます。*2

プレビュー画面

PHPのコードをパーツ化する方法(2)クラスを使う方法

前回※1、get_template_part()に引数を渡す方法を紹介しましたが、この方法では、
(1)呼び出す側にset_query_varと呼び出される側にget_query_varをその都度書かなければならないこと。
(2)PHPファイル別々に作成するので、見通しが悪くなること。
ことが、課題です。
そこで、今回は、これに代わる方法として、classを呼び出す方法を紹介します。


PHPのコードをパーツ化する方法(1)get_template_part()で引数を渡す方法

WordPressのカスタマイズの規模が大きくなると、8割~9割は同じようなPHPのコードを何度も書いていることがあります。このようなときは、別ファイルを作成してソースコードを分割し、コードを再利用することにします。
分割した別ファイルは、get_template_part()によって呼び出しますが、このとき、再利用の度合いを高めるために引数を渡したい場合があります。

WordPressCodexには、テンプレートに変数を渡す方法が解説されています。
今回は、一例として、引数taxと引数termを渡して、テンプレート側サブクエリーを実行する例を紹介します。

当面の間、散歩ブログの更新を休止致します。

◆新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、当面の間、散歩ブログの更新を休止致します。

◆ブログトップのURLを下記の通り変更しました。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。
(変更前)http://kokontouzai.jp/sanpo
(変更後)http://kokontouzai.jp/blog/sanpo

◆新たに、ITに関するブログの掲載を始めました。
(URL)http://kokontouzai.jp/blog/it

茂原(創業50年の洋食屋)店内は、バーのような雰囲気。

茂原駅前に建つ駅前ビル。1階は、飲食店街になっています。

昔ながらの洋食屋。

店内は、バーのような雰囲気。

ナポリタンとビールを注文。

茂原(桜湯)傍らに桜の木のある銭湯。房総横断道路近く。

房総横断道路から北へ入った通り。

銭湯の桜湯があります。

ペンキで書かれた「桜湯」の文字

傍らには、桜の木。屋号の由来の木でしょうか。

茂原(リップスティック)軽食店併設の風俗(サロン)店。

房総横断道路沿い。

交差点脇に1軒屋の建物。

サロン(風俗店)と軽食が併設された店舗です。

現在は休業している模様です。

茂原(榎町商店街)カラフルな看板建築建物群。

今回は、茂原(千葉県茂原市)の町並みを散歩します。
茂原の榎町商店街と駅前通り商店街は1970年代か ら1980年代に最盛期を迎えました。*1

現在も当時からの商店が建ち並んでいます。

商店街は500mほど続きます。東側の通りにも看板建築が残っています。

住居部分と一体となったお菓子屋さん。

上野(三軒長屋の商店の看板建築)3色3階建て。

佐竹商店街の東側(小島一丁目)の清洲橋通り。

三軒長屋の商店。色は3色です。

2階部分。

後方に、3階建て部分が見えます。

上野(佐竹商店街の看板建築)鮮やかな銅板。

佐竹商店街から西へ入った路地。

看板建築の建物が残っています。

銅板建築。

隣のトタン建築の物干し台。

上野(吉田屋モスリン店)佐竹商店街。入口に竹久夢二の作品。

佐竹商店街(台東3丁目)は、江戸時代に佐竹藩の屋敷があたことから名づけられた商店街で、南北300mに及ぶ長大な商店街です。

商店街にある「吉田屋」。

「モスリン店」※1 の看板が掲げられています。」

竹久夢二の作品。

上野(前田モスリン店)歩道橋から見えるモスリン(織物)の看板。

入谷の交差点。遠くには東京スカイツリーが見えます(写真左奥)。

北上野側の交差点の角のビルの2階部分に、「モスリン店」と書かれています。

 「モスリン(織物)」という呼び名は、毛斯綸紡織(株)(1896(明治29)年設立)の社名※1 や大阪の「モスリン大橋」という橋の名前※2 に使われました。明治時代の殖産興業政策を連想させる呼び名です。

歩道橋から見たモスリン店。

上野(燕湯)宮型銭湯とビル型銭湯の融合。

上野3丁目のビル街。

銭湯の燕湯は、国の登録有形文化財に指定されている貴重な銭湯です。

ビルの1階部分が宮型銭湯となっていますが、建物全体はビルになっている独特の建築です。

銭湯の裏側の通り。

上野(玩具問屋「上野屋」)創業は昭和25年。

上野アメ横の東側の通りにある玩具問屋「上野屋」。
創業は昭和25年(1950年)です。*1

店舗の前面には、マスク類が所狭しと陳列されています。宴会などで使用するおもちゃ類を販売しているようです。

看板には、「流行・教材・季節・景品・サービス・花火 各種玩具」「玩具問屋」と書かれています。
2階部分には懐かしいアニメなどのポスター類が貼られています。

ボビーオロゴン、美川憲一(コロッケ)。

上野(ビル街のラブホテル)仏壇店街近くの路地。

東上野三丁目のビル街。通り沿いには、仏壇店が連なっています。(写真の左右の店舗はいずれも仏壇店です。)

通りを南へ入ったところにあるラブホテル。

モダンなデザインの入口。

反対側(南側)から。

上野(純喫茶「古城」)ステンドグラスが美しい老舗喫茶店。

今回は、上野(東京都台東区)の町並みを散歩します。
JR上野駅の東側(東上野三丁目)のビルの地下1階にある純喫茶「古城」。

入口の階段のステンドグラスには、白馬の騎士が描かれています。

店内は、荘厳な雰囲気です。

ココアを注文。

幕張(中華料理「松楽」)チャーシューたっぷりチャーハン。

京成電鉄幕張駅前。線路沿いの通りに中華料理店があります。

「町中華」という言葉がぴったりくるような中華料理「松楽」。

テーブル席3つとカウンター席。

チャーハンとビールを注文。チャーハンには大きめのチャーシューがたくさん入っていて、風味と歯ごたえが充分です。

幕張(美容室「ローズ」)「パーマ」大看板のある木造家屋。

京成電鉄幕張駅近くの線路沿い。舗装されていない道の先。

美容室「ローズ」の看板

木造家屋の美容室です。

「パーマ」の大看板は、遠くからでも見えます。

幕張(鈴の湯)破風屋根の軒下には「鈴」のオブジェ。

幕張駅の北東側。徒歩5分のところにある銭湯の鈴の湯。

昔ながらの銭湯です。

銭湯には、破風屋根の軒下に細かな細工の懸魚(けぎょ)を見かけることがありますが、鈴の湯の場合は「鈴」のオブジェです。

「鈴の湯」と書かれた煙突。

幕張(UFO)宇宙船の丸窓がデザインされた外観。

今回は、幕張(千葉県千葉市花見川区)の町並みを散歩します。
JR幕張本郷駅の南側。京葉道路幕張インターの東側にラブホテル街に、宇宙船の形をしたラブホテルがあります。

正面入口。

入口のゲートには、ロケットを模したオブジェ。

宇宙船の丸窓。

新小岩(立ち飲み屋)名物は刺身盛り合わせ。

新小岩駅南口の平和橋通りから西へ入る小路。小路の先に飲み屋のほ灯が見えます。

立ち飲み屋「わか」。今年で30周年(暖簾に書いてありました。)だそうです。

周囲は、小規模な飲み屋街になっています。

名物の刺身盛り合わせとホッピーを注文。

新小岩(旭湯)住宅街にある昔ながらの銭湯。

江戸川区松島の住宅街の中にある銭湯の「旭湯」。

都内ではめずらしい、昔ながらの銭湯です。

中庭には金魚が泳いでいます。

建物の南側。

新小岩(住宅街のラブホテル)児童公園の隣の大ゲート。

今回は、新小岩(東京都葛飾区)の町並みを散歩します。
新小岩二丁目の住宅街。

児童公園の隣に大ゲートが出現します。

住宅街の中のラブホテル。

L字型の小路を抜けると反対側にもゲートがあります。

鶯谷(とんかつ店「とん平」)戦後開業の老舗。

鶯谷駅南口の前から言問い通りへ向かう坂道の下。

老舗とんかつ店「とん平」があります。開業は戦後だそうです。

カウンター席だけのこじんまりとした店です。とんかつはロースカツとヒレカツのみ。

ロースカツとライス、ビールを注文。

鶯谷(交差点角の質屋)圧倒的な3階建ての外観。

下谷1丁目の住宅街。

交差点の角に、古いコンクリート製の建物があります。1階には店舗。同じビルに質屋の看板が残っています。

建物の側面。

側面の窓の配置から、3階建ての建物であることが解ります。

鶯谷(プレイスポット「銀星」跡)屋上看板だけが残っています。

鶯谷駅前の「ダンスホール新世紀」。

隣のビルの屋上に残る「銀星 PLAYSPOT GINSEI」のレトロ大看板。パチンコ店か何かだったのでしょうか。現在、「銀星」の店舗はビル内には見当たりません。

1Fにある歌謡曲カフェ。

鶯谷駅からの遠望。

鶯谷(ラブホテル街)言問い通りの北側。敷地内に祠。

鶯谷のラブホテル街は、駅前の言問い通りの南側が中心ですが、言問い通りの北側にも大規模なホテル街が立地しています。

敷地内に祠のあるラブホテル(写真中央に祠の屋根が見えます。)

メインの通り。

西側には、高層階のホテルが建ち並んでいます。

鶯谷(スナック「シスター」)線路沿いの木造三階建ての建物群。

今回は、鶯谷(東京都台東区)の町並みを散歩します。
鶯谷駅南口の陸橋を渡った線路沿いに、木造三階建ての建物が連なっています。

飲み屋街。

スナックの入口。

シスタービル。

浅草橋(すし栄)かつては銀座で数店舗をれん分け。

浅草橋5丁目にある「すし栄」。

握り寿司とビールを注文。

かつての「すし栄」は銀座数店舗あったそうです。

ピンクの看板が目印です。地元の方の話によると、かつては「ピンク寿司」と呼ばれ親しまれていたそうです。

浅草橋(鶴の湯)料亭のような意匠。鶴が彫りこまれた懸魚。

蔵前橋通りの南側。浅草橋5丁目に、銭湯の鶴の湯があります。塀や建物の壁面は鮮やかな水色に塗られています。

鶴が彫りこまれた懸魚は見事です。

料亭の建物のような意匠。

入口。

浅草橋(おかず横丁の理美容室)バーバー、パーマの看板。

レトロな建物が残っているおかず横丁。

理容室(バーバー)。

レトロなパーマ屋さん。

交差点の角の赤い建物の美容室。

浅草橋(おかず横丁)昔ながらの商店街。重厚な看板建築。

浅草橋の北側。鳥越1丁目のおかず横丁。

看板建築の商店の建物など、昔の商店街の雰囲気が残っています。

銅板が貼れた重厚な感じの看板建築。

裏側からの眺め。

浅草橋(老舗やきとり店)篠塚稲荷神社の隣。

かつての花街があった柳橋一丁目。

篠塚稲荷神社の隣に、老舗やきとり店があります。

釜めしと焼き鳥。

焼き鳥定食と日本酒を注文。

浅草橋(花柳街跡地)墨田川沿い。現在はビル街に。

かつての柳橋の花街は、墨田川沿いにありました。
「昭和37年の柳橋マップ」*1 によると、この通りの東側(写真左側)に、「料亭深川亭」「料亭子安」「料亭卯の木」「料亭はやし」「料亭津久松」「料亭柳水」がありました。

佃煮屋の「小松屋」のマーク

反対側(南側)から。

墨田川からの遠望。現在はビルが建ち並んでいます。

浅草橋(美家古寿司本店)創業は文化年間。風情のある路地。

今回は浅草橋(東京都台東区)の町並みを散歩します。
かつての花街だった柳橋の路地に老舗寿司店が営業中です。

建物は道を挟んで、本店は2棟あります。

創業は、文化5年。

風情のある路地。

上野(寿湯)当時の佇まいを残す銭湯。稲荷町駅近く。

銀座線稲荷町駅近く。

銭湯の寿湯。

本格的な銭湯ですが、内部は改装されている部分もあって快適です。

入口。

上野(犬糞看板)繁華街からは少し離れた場所のブロック塀。

東上野五丁目。繁華街からは離れた場所です。

駐車場の脇に設置された犬糞看板。

ブロック塀は、犬がおしっこをかけやすい場所です。

非常識。犬のくそ!

上野(レンタルルーム)繁華街で多く見かける業態。

上野6丁目の繁華街にはレンタルルームが数軒点在しています。最近、繁華街で多く見かける業態です。

1階がラーメン店。2階がレンタルルーム。

赤い看板のレンタルルーム

英語と中国語の看板。

上野(老舗洋食店「とうかい」)小ぶりながらも味は絶品。

上野公園通りを北へ進んだところにある老舗洋食店の「とうかい」。

洋食店のメニューはひとおり揃っています。

店内は質素ですが、非常に落ち着きます。

オムライスとビールを注文。オムライスは小ぶりながらも味は絶品でした。

上野(吉原の妓楼「三浦屋」の再現展示)下町風俗資料館。

下町風俗資料館の2階の特別展示(令和元年12月7日~令和2年2月24日)は、資料館が所蔵する「江戸風俗人形」の展示です。
吉原の妓楼「三浦屋」を再現したものです。檜細工師・三浦宏氏による建物(模型)は30年以上も前に制作されたものだそうです。*1

内所」と呼ばれる、妓楼の楼主の居間。

格子を組んだ「張見世」。

花魁。

上野(大正期の下町の町並みを再現展示)下町風俗資料館。

上野公園にある台東区下町風俗資料館。

1階は大正時代の下町の町並みを再現した常設展示です。長屋の井戸端が再現されています。

物干し竿。

駄菓子屋の店内。

上野(カレー専門店「クラウン」)王冠のマークが目印。

今回は、上野(東京都台東区)の町並みを散歩します。
JR上野駅ガード下にあるカレー専門店「クラウン」。王冠のマークが目印です。

開業当時の上野の写真なども飾られていて、歴史を感じます。

自販機で食券を買います。大盛りはダブルまで。チキンカレーはチキンカツではありません。

カツカレー大盛りにさらに大盛り券(1枚)とビールを注文。満足のボリュームでした。

真金町(酔来軒)からしを効かせた特性のタレで味わう酔来丼。

眞金町1丁目の「よこはまばし入口」交差点の角にある酔来軒。

広東料理の店です。

名物の酔来丼は400円です。

酔来丼とビールを注文。
酔来丼は、チャーシューとメンマ、モヤシ、刻みネギがのっていて、からしを効かせた特性のタレをかけて食べます。

真金町(三吉演芸場)昭和5年12月25日の創業。風呂屋から転業。

真金町の南側の三吉橋商店街。中村川に架かる三吉橋の上には、首都高速3号線が通っています。

「三吉演芸場」は、昭和5年12月25日の創業で、現存する演芸場では横浜最古です。

昭和初期、コークス製造業し、その熱を有効に使うために風呂屋を手掛けましたが、法令に規制されるようになり、劇場として利用することに着目しました。

入口。

真金町(旧遊廓街のホテル)旧遊廓街の北側。

真金町2丁目の旧遊廓街の北側の通り。中央に緑地帯を持つ道幅の広い道路です。

ラブホテルの建物。

入口には、フリータイムとSTAYの2つの看板。

古い看板。

真金町(スナック店)横浜橋交差点の東側の3軒長屋。

今回は、真金町(神奈川県南区)の町並みを散歩します。
横浜橋交差点の東側に。スナックが建ち並ぶ通りがあります。

1軒屋のスナック。

3軒長屋のスナック店。

2軒が並ぶスナック街。

福富町(てんぷら「登良屋」)伊勢佐木モール近くの老舗。

福富町に隣接する吉田町。「野毛おでん」のある通り。この通りの向こう側は伊勢佐木モールです。

老舗天ぷら店。

「登良屋」の暖簾

天ぷら定食と日本酒を注文。

福富町(韓国看板)ハングル文字の小料理店、美容室。

今回は、福富町(神奈川県横浜市中区)の町並みを散歩します。福富町の商店街には、ハングル語の看板が密集しています。

韓国料理の店。

小料理店の看板もハングル語です。

美容室。

伊勢佐木町(緑のタイルのアパート)親不孝通り裏の路地。

伊勢佐木通りの隣にある親不孝通りは、現在は風俗街となっていますが、その中に古いアパートが残っています。

玄関部分は、黄緑色のタイルで装飾されています。

建物側面のタイル。

黄緑色とピンク。

伊勢佐木町(目的不明のタイルの柱)丸玉石 モザイク。

曙町4丁目の四つ角の古い住宅。

建物の角に目的不明のタイルの柱があります。昔、お風呂場などでよく使われていた丸玉石モザイクのタイプです。

ほぼ正方形の四角柱。

かなりの年数が経過していると思われますが、タイルの輝きは失われていません。

伊勢佐木町(アール形状の庇を持つ建物)赤線建築を彷彿させます。

曙町の親不孝通り。

2階部分がレトロな感じです。

赤線建物を思わせるアール形状の庇。

白い円柱。

伊勢佐木町(スナック街)片側のみが残っています。

曙町の親不孝通りを西へ進んだ伊勢佐木町六丁目。

昔は左側にも飲食店が建ち並んでいました。※1

現在は、片側のみが残っています。

以前は、この写真の右手前のあたりに、黒い円柱を持つ建物が残っていました。※1

伊勢佐木町(根岸家跡地)パンパンたちのたまり場。

伊勢佐木モールのピアゴイセザキ店の角を曲がった先。

ここにある駐車場は、大衆酒場「根岸家」があった場所です。

「根岸屋」は、昭和21年5月、伊勢佐木町で営業を始めた大衆酒場でした。終戦後、 進駐軍のカマボコ兵舎からドラム缶詰で吐き出される残飯の中には、”牛肉もゴム製品も”いっしょくただった。これを選り分けて、”食べられる残飯”を野毛の「くじら横丁」などの闇市に雑炊用として提供していました。

まずは、パンパンたちがお店の上得意になり、そしてそして彼女たちを追って進駐軍の米兵たちが多く集まってきたほか、ヤクザ、愚連隊、ポン引きなどが割拠するたまり場として、その名を轟かせることになりました。

伊勢佐木町(伊勢佐木町ブルースの歌碑)ボタンを押すとため息が聞けます。

伊勢佐木町に、青江三奈さんが歌った伊勢佐木町ブルースの歌碑があります。
青江三奈さんは、横浜の「ナイトアンドデイ」というナイトクラブの歌手でした。*1

伊勢佐木町ブルースを歌った青江三奈さんは、当時、森進一さんと並んで、「ため息路線」として大きく売り出されました。*2
歌碑の楽譜には、冒頭の「あ~、あ~」の部分には、「ため息」と記されています。

伊勢佐木町ブルースのおかげで、伊勢佐木町の名は全国に知れわたることになりました。

歌碑の台座のボタンを押すと、内蔵されているスピーカーから、青江三奈さんが歌う伊勢佐木町ブルースが再生されます。
*1

【参考文献】
*1 松葉好市,小田豊二:横浜物語(集英社,2003)P.259-P.260
*2 鈴木則文:日本の映画とロックと歌謡曲(2007)

伊勢佐木町(イセブラ小路)謎のL字型の小路。

伊勢佐木町の長者町8丁目。

イセブラ小路と名付けられた小路があります。

気が付かずに通り過ぎてしまいそうなL字型の小路。

反対側の入口。

伊勢佐木町(国際クラブ「三千里」跡)屋上に残る大看板。

今回は、伊勢佐木町(神奈川県横浜市中区)の町並みを散歩します。
伊勢佐木町通りを北西に入った通り。

昼間は閑散としています。

屋上には、国際クラブ「三千里」の大看板。

現在も高級クラブが営業中です。

石川町(小山湯)住宅街のビル銭湯。入口は両側にあります。

JR根岸線石川町駅の西側。中村川の南側の住宅。

ビル型銭湯の小山湯。

階段を下りると入口です。反対側の入口にも通じていて、建物の両側から入れる構造になっています。

小山湯の木製看板。

石川町(ホテル街)マンションのような外観。

JR石川町駅前の高速道路の向こう側は、ラブホテル街です。

まるでマンションのような外観のホテル。

老朽化が進んでいますが、近日中に建て替えが計画されているようです。

最近建てられたと思われる上層階に露店風呂が設置されたホテル。周囲はマンションが建ち並んでいますが、ホテルもマンションと同じような外観です。

石川町(老舗喫茶「モデル」)年代物のレジ。

今回は、石川町(神奈川県横浜市中区)の町並みを散歩します。
JR京浜東北線の石川駅前にある老舗喫茶「モデル」。

内部はレンガで装飾されていて、歴史を感じさせます。

「モデル」のコースター。

年代物のレジ。

関内(恵びす温泉)元町中華街近くの3階建てのビル。

元町中華街の南側にある「恵びす温泉」。写真奥は首都高速です。

3階建てのビル。

赤い文字で「恵びす温泉」と書かれた看板。

階段を上った2階が銭湯です。

関内(中華「長崎屋」)ちゃんぽん麺のナポリンタン。

元町中華街の上海路の北端。

店名は長崎屋。

名物はラーメン、ちゃんぽんですが、実はオススメは「ちゃんぽん麺を使ったナポリタンです。

「昔ながらのナポリタン」とビールを注文。中華街で味わうナポリタンは格別です。

関内(市場通りのトタン建築)元町中華街の老舗。

元町中華街の市場通りの北側。
中華街でよく見かける甘栗の店があります。

その隣にあるみやげもの店。

鮮やかなトタン建築です。

建物の後方から。

関内(アートビル)1階にあったベンチはメリーさんの指定席。

馬車道の繁華街。

交差点の角にあるアートビルは1階部分が広場になっている落ち着いた感じのビルです。

この1階に設置されてあったベンチは、白化粧のメリーさん※1 の指定席でもありました。

メリーさんを出入り禁止したビルが多かった中、アートビルのオーナーであり、かつてはビル1階に店舗を構えていた「アート宝飾」の代表、六川勝仁さんは、メリーさんを拒むことはしませんでした。
すでに、ベンチは取り外され、1階の「アート宝飾」の店舗は「スターバックスコーヒー」へと変わりました。

関内(料亭「富貴楼」跡地)現在は中小企業センター。

関内駅の南側の国道16号線沿のオフィス街。

神奈川中小企業センターのビルがある場所には、明治時代、新宿の遊女だったお倉が明治時代に開業した料亭「富貴楼」がありました。

お倉の才覚により、伊藤博文などの明治の元勲たちが集まり、富貴楼は、政治と経済の中心となりました。*3

桜木駅方向から。屋上が丸くなっているビルが、神奈川中小企業センターのビルです。

【参考文献】
*1 鳥居民:横浜富貴楼お倉(草思社,1997)P.9

関内(日米和親条約締結の地)その後、外国人相手の遊廓が開業。

今回は、関内(神奈川県横浜市中区)の町並みを散歩します。
横浜港の大桟橋近くにある開港広場

ここに「日米和親条約締結の地」の碑があります。

日米和親条約(1854年締結)は、鎖国制度が破られた歴史的条約です。*1

4年後(1858年)には、タウンゼント・ハリスと日米修好通商条約が締結され、このときのハリスの要請により、外国人の相手を目的とした港崎遊廓が関内(現在の横浜球場付近)に開業されました。※1

野毛(中華料理「萬福」)町中華のサンマー麺。

野毛の繁華街の南側。このあたりまでくるとっ少し落ちついた雰囲気の町並みになります。

中華料理「萬福」。町中華の王道を行くような佇まいです。

メーニューは、すべて漢字表記が加えられています。

サンマー麺とビールを注文。

野毛(日の出理容院)都橋商店街の隣。レトロなドアと外壁。

大岡川に沿って建つ都橋商店街の西隣の飲食店街の建物。

2階が居住部分です。

ビルの1階はのほとんどは飲食店ですが、1店舗だけ理容室があります。

レトロなドアと外壁。

野毛(ラーメンの店「菊家」)大看板による看板建築?

野毛の中心部(野毛町一丁目)。

ラーメンの店 菊屋。

「看板による看板建築」と言えそうです。

隣に居酒屋「魂屋」。

野毛(小便スルナ)建物の壁に直接手書き。鳥居のマーク。

野毛町2丁目の繁華街。

飲み屋の多い小路です。

建物の壁に直接手書きされた「鳥居のマーク」と「小便スルナ」注意書き。

反対側から。

野毛(繁華街のホテル)哀愁を帯びた板塀の裏口。

野毛の繁華街の中心部。四つ角にホテルがあります。ホテルのビルの1階には、串カツ店などの飲食店舗が入っています。

入口。

西側の小路のホテル側は、木製板塀になっていて、そこには昭和を感じさせるホテルの裏口があります。

ホテルの裏口。

野毛(動物園通りの飲食ビル)1階部分が飲食横丁。

野毛三丁目は、野毛の中心部からは西側へはずれた場所ですが、動物園通りには、飲食店が建ち並んでいます。

中央部に横丁の入口がある建物。

スナック店が密集するビル小路。

奥行のある建物です。

野毛(桜木町駅前)かつては露店小屋が発生。カストリ横丁

今回は、野毛(神奈川県横浜市中区)の町並みを散歩します。
JR桜木町駅前には、戦前は桜川が流れていて錦橋~緑橋~瓦斯橋の間には、飲食物の露店小屋が発生していました。

石炭ビルと呼ばれていたビルがあったあたり。

桜川沿いの露店小屋の一部は、後にできた桜木町アパートに吸収されました。*1*2

この周辺は、カストリまたはクジラ横丁と呼ばれていました。

川崎南町(簡易宿泊所)昭和28年開業。昭和35年には60軒。

旧川崎宿の西端の日新町にある簡易宿泊所(ドヤ街)。

複数の簡易宿泊所が密集しています。

昭和28年に5軒の宿泊所が開業したのが始まりです。昭和35年には60軒になりました。

テレビ付き。

川崎南町(吉の湯)コインシャワー。通路の先が銭湯の入口。

川崎南町の南側、貝塚二丁目の住宅街にある銭湯の「吉の湯」。

2つの建物(左側はコインランドリ)の間の通路の先が銭湯の入口です。

コインシャワー。

銭湯の建物は、道路の東側に面しています。

川崎南町(アサヒ屋)ピンク色のラーメン大看板。

川崎南町の西側、市電通りの近く。数店舗の飲食店が散在する通りです。

ラーメンと書かれた大看板。

ラーメン中心のメニューです。

チャーシューメンとビールを注文。

川崎南町(川崎ロック座)ヌードシアタの看板。

川崎南町の北側の通り。

ストリップの川崎ロック座が営業中です。

レトロな大看板。nudetheater(ヌードシアタ)と書かれています。

建物側面の階段。

川崎南町(小規模な飲み屋横丁)小料理。スナック。

風俗店が散在する川崎南町にある小規模な飲み屋横丁。

小料理店など複数の店舗。

現在は、ほとんどの店舗が休業中のようです。

反対側。

川崎南町(「新地」の標識)小土呂新地の名残。

かつて川崎宿の一部だった旧東海道沿いの通り(小川町通り)。この付近は、川崎遊廓があった場所です。
この付近は、小土呂新地と呼ばれ、大正11年には南町と呼ばれるようになりました。
江戸時代より飯盛女を抱えた旅籠屋は、風紀上問題が多く、明治35年、この地に移されました。

近くには「新地支」と書かれた電柱標識があります。

旧東海道から南へ入った場所にある南町公園。

ここにも「新地支」のプレートがあります。

川崎南町(小土呂橋親柱)交差点、バス停に小土呂の名。

旧東海道と駅前の大通り(新川通り)が交差する場所に、小土呂(こどろ)橋親柱の史跡があります。*1

親柱。

現在、小土呂の名は、交差点の名前に残っています。

小土呂バス停。

川崎南町(名画通り)路地にまっすぐに伸びる側溝。

今回は、川崎南町(神奈川県川崎市川崎区)の町並みを散歩します。
チネチッタの東側にある商店街の名画通り。飲食店が建ち並ぶまっすぐな小路があります。

「名画通り商店会」の看板。

和風の飲食店。

まっすぐに伸びる側溝。

川崎(川崎宿の模型の展示)東海道かわさき宿交流館。

旧東海道川崎宿の通りに面したところに、「東海道かわさき宿交流館」があります。

3階と4階が展示室。

川崎宿の模型。ねずみ色の屋根は瓦屋根、茶色の屋根は茅葺き屋根を表しています。

江戸時代の雰囲気がよみがえってくるようです。

他に、幕末の安政4年(1857)に、アメリカの初代駐日総領事ハリスが宿泊した万年屋の展示などがあります。*2

川崎(川崎宿)飯盛旅籠が散在していました。

今回は、川崎(神奈川県川崎市川崎区)の町並みを散歩します。
川崎市街を東西に横断する旧東海道。江戸時代は宿場町として繁栄しましたが、現在はその面影はありません。

現在の本町一丁目付近には、川崎宿を示す掲示が多く設置されています。

遊女の墓のある宗三寺周辺には、平旅籠の他に、飯盛旅籠も多く散在していました。*1

本陣近く。この付近も飯盛旅籠がありました。*1

信濃町(権田原公衆便所)かつてのハッテンバ第一エリア。

権田原バス停の近く。

権田原のハッテンバの第一エリアだった公衆トイレは、最近リニューアルされたようです。

権田原の地名を冠した公衆便所です。

JR信濃町駅前の歩道橋から、権田原公衆便所方面への遠望。

信濃町(権田原の小公園)消滅したハッテンバ。

JR信濃町駅を下車し、外苑東通りを南へ進むと、「権田原(ごんだわら)」の交差点があります。交差点の角には交番があって、交差点の北東側に、明治記念館。南東側に東宮御所、西側に明治神宮外苑が立地しています。

かつて、このエリアは、「権田原」という名のハッテンバでした。ハッテンバとは、ある一定の場とか施設が時間帯によってその機能を変質させられ、男性の同性愛者の性行動をうながす場となっているところを指しています。そこは、公園であり、公衆便所なのですが、夜になるとどこからともなく集まってくる男たちによって、開放的な性行動の場に変質させられました。権田原のハンテンバのエリアは、第一エリアから第三エリアと呼ばれる三ヶ所があって、その最盛期は、1961年から1971年までの10年間でした。第一エリアは、権田原バス停近くの公衆便所、第二エリアは、明治神宮外苑の森の入口の公衆便所で、第三エリアは、第二エリアの南側の前方の小公園でした。*1

1964年、東京オリンピック開催のため、第一エリア周辺が道路整備事業の対象区域となると、人々は向かい側の第二エリアに移動しました。やがて第二エリアも柵がめぐらされ、入口が閉ざされてしまうと、人々は第三エリアに移動しました。
ところが、第三エリアに隣接した都営住宅の住民の騒音拒否運動の抵抗にあい、住民の都への働きかけによって、東京都公園管理事務所は、夜間は閉門の措置をとったため、権田原のハッテンバは消滅しました。*1

現在も、そのためか、夕方16:30以降、公園の門は閉ざされます。

【参考文献】
*1 現代風俗研究会:現代遺跡・現代風俗91(リブロポート,1990)P.168-P.175

信濃町(カレー店「JUNE」)味の名店街の名店。

信濃町駅前の駅ビルの「味の名店街」には、歴史のある飲食店が集まっています。

地下1階の老舗カレー店。

メニューは、ポークカレー(並、中、大)のみです。

カレー(大)とビールを注文。キャベツは食べ放題です。

信濃町(味の名店街)レトロ感漂う駅前ビルの地下。

今回は、信濃町(東京都新宿区)の町並みを散歩します。
信濃町駅北口にそびえるトーシン信濃町駅前ビル。