五番町(木製消化器箱)金属製のバケツも現役です。

五番町周辺には、木製消化器箱が数多く見られます。

消火器設置場所一覧。

消火器だけではなく、防火用の水が入ったバケツも置かれています。最近は、ポリバケツが主流ですが、ここでは金属製のバケツが現役です。

重厚な感じの消火器箱。思わず「南極4号」と読んでしまいましたが、「南4号」です。設置場所がきちんと管理されている模様です。

五番町(赤線跡)昔の面影はなくなりつつあります。

今回は、五番町(京都府京都市)の町並みと風俗を散歩します。五番町は水上勉さんの小説の舞台となった場所です。
「赤線跡を歩く2」*1 に掲載されている写真の場所は、スナックの建物を除いて、新しい建物に立て変わっていました。昔の面影はなくなりつつあります。

スナックの看板

スナックの建物の隣にある建物。

「赤線跡を歩く2」*1 に掲載されていた元妓楼の建物があった場所は、駐車場になっていました。

【参考文献】
*1 木村聡:赤線跡を歩く2 続・消えゆく夢の街を訪ねて(自由国民社,2002)

上七軒(牛乳箱)個性的です。

花街には、牛乳箱が似合います。この牛乳箱は側面の板が無くなっていて、中が丸見え状態になっています。

と思ったら、箱の上に置いてありました。

京都に多い井上牛乳の牛乳箱ですが、フロント開閉型のタイプがある模様です。

やはり牛乳箱は、掲示板代わりに使われてしまう運命にあるのでしょうか。

上七軒(花街跡)京都最古の遊里です。

現在も料亭が並ぶ上七軒。この道を進むと北野天満宮です。

案内板によると、足利氏が北野天満宮の再建のときの残木を利用して、門前に7軒の茶屋を建てたことから、上七軒と呼ばれるようになりました。京都最古の遊里です。

しっとりとした感じの上七軒花街。*1

同じ通りを逆から見たところ。

【参考文献】
*1 明田鉄男: 日本花街史(雄山閣出版,1990)P.78-P.79

上七軒(古いビリヤード場の建物)窓に「玉」と書いてあります。

今回は、上七軒(京都府京都市)の町並みと風俗を散歩します。
今出川通りと七本松通りが交差する上七軒交差点。北野天満宮の東側に位置します。

通り沿いに、古いビリヤード場の建物があります。

入口付近の窓に「玉」と書いてあります。

2階部分の看板。

十三(大田牧場の牛乳箱)ストリップ劇場の裏にありました。

ストリップ劇場「十三ミュージック」の裏手の路地。音楽と威勢の良い掛け声が建物(写真右手)からもれ聞こえてきます。(写真の奥は木川本町商店街)

大田牧場の牛乳箱がありました。

ポストと仲良く並んでいます。

ストリップ劇場近くの別のお宅の壁に取り付けられていた牛乳箱。何とも絵画的です。

■カテゴリ 十三 牛乳箱

和歌山(天王新地近くの長屋)

天王新地の周辺は、静かな住宅街です。

風情のある長屋。共同の井戸があります。

正面に見えるアパートとの対比。アパートの建物が近代建築に見えます。

国道26号線側から見たところ。坂を下ったところに長屋が連なっています。

■カテゴリ 和歌山 民家

和歌山(天王新地)コの字型に建物が並んでいて一周できます。

天王新地を歩いてみます。スナック風の建物が道の両側に並んでいます。

突き当たりを右に曲がったところ。

全体は、コの字型になっているので、さらに右に曲がると、一周できます。この道をまっすぐ行くと再び国道24号線へ出ます。

逆方向から見たところ。

和歌山(天王新地)無人駅の近くにある旧赤線地帯。

和歌山市内を南北に貫く柳通りを北上し、JR紀伊本線を越えると、地蔵の辻と呼ばれる交差点(国道24号線)に出ます。和歌山駅から歩くと20分ほどかかります。
天王新地がある場所は、地蔵の辻の交差点が目印です。昭和15年の「大和歌山市街地図」*1 を見ると、すでに「天王新地」の記述がありますので、赤線時代より以前に存在していたようです。

国道24号線沿いに「天王新地」のバス停があります。現在も「天王新地」という呼び名は生き続けいているるようです。
電車で行く場合は、和歌山駅と和歌山市駅の中間にある「紀和」という無人駅から徒歩3分ぐらいで天王新地に着きます。

国道24号線沿いに新地の入口を示すアーケードが建っています。「天王料理組合」と書かれています。アーケードは2つ建っています。

アーケードをくぐると少し坂になっています。この坂を下りきったところの両脇に店があります。*2

【参考文献】
*1 和歌山市史編纂委員会:和歌山市史第5巻(和歌山市,1975)「大和歌山市街地図(昭和15年9月9日由良要塞司令部検閲済み)」
*2 シーズ情報出版:日本裏風俗夜遊び読本(シーズ情報出版,1999)P.139-P.140

和歌山(和歌山ブルースの歌碑)ぶらくり丁を全国的に有名にしました。

今回は、和歌山(和歌山県和歌山市)の町並みと風俗を散歩します。
市内の中心部にある繁華街「ぶらくり丁」を南北に横切り和歌浦湾に注ぐ大門川に架る雑賀橋詰に「和歌山ブルース」の歌碑があります。
「和歌山ブルース」は、昭和40年代に発表され、古都清乃さんの歌声にのせて、当時レコードセールスは70万枚を突破しました。

歌碑の中心部に「和歌山ブルース」と書かれています。夜になるとこの部分が光るそうです。

円形のベンチは、レコードをデザインしたものです。歌詞や楽譜が書かれています。

歌碑には、センサーが内蔵されていて、近づいただけで「和歌山ブルース」がスピーカーから流れます。半径50メートルぐらいは届きそうな大音量で1番から3番まで続けて演奏されます。もちろん、いったん始まると途中で止めることはできません。

甲府(玄法院の手水石)新柳町遊廓の関係者が奉納

天神町にある玄法院。立派な本堂があります。

入口を入ったところに、神社などに置かれている手水石が忘れ去れたように置かれています。

水盤の裏側に「新柳町 発起人」と書かれています。新新柳町遊廓の関係者が奉納したものと思われます。新柳町遊廓があった場所は、ここから徒歩3分ぐらいの場所です。
明治3年(1870年)甲府役所からの命令で、旧来の柳町にあった旅籠屋が移り「新柳町遊廓」ができました。*1*2
新柳町遊廓は、明治40年の大火をきっかけに穴切に移転しました。*1

手水石は、明治14年に奉納されたものです。

【参考文献】
*1 山梨県立図書館:甲州文庫史料第1巻(山梨県立図書館、1973) P.283-P.284
*2 青柳詢一郎:粋鏡花あやめ 附・新柳町明細地図(青柳詢一郎,明28)

甲府(天神町の雑誌屋)古びた自販機が4台並んでいます。

天神町で見かけた古びた雑誌屋さん。

店の前に、古びた自販機が4台も並んでいます。

このボタンを押して雑誌を選ぶ仕組みだったようです。

現在でも、成人向け雑誌の自販機を地方都市なでで見かけることがありますが、この自販機では、プレイボーイなどの週刊誌が販売されていたようです。

■カテゴリ 甲府 自販機