相浦郷土史編纂委員会:相浦郷土史(佐世保市合併五十周年記念事業実行委員会,1993)

P.220 相浦の花街
 昭和のはじめから、12、3年頃まで、当時の呼び名でいえば料理屋(料理屋兼芸妓屋)は、15、6軒もあった。港町として栄えただけに、料理屋が多いのは当然のことである。芸妓も102、30人くらいはいた。1軒に15人もいる店もあった。
 北松の炭坑が開発され始めたため、大正末期から、昭和十年頃までは、港には石炭積み込みのための機帆船、本船(汽船)が相浦港から佐々浦、臼ノ浦に至るまで待機しない日はなかった。港の景気でで船員、炭坑関係者、それに土地の若者たちが芸妓を囲んで、飲食店、料理屋から三味の音の聞こえぬ日はなく、夜明けまで町の灯は消えなかった。

《関連記事》