真鍋鱗二郎: 海棠記 (讃文社,1986)P.219-P.220