細馬宏通 浅草十二階 青土社 2001

塔の眺め

P.34 浅草凌雲閣が画期的だったのは、エッフェル塔と同じく、「昇降器」なる昇降機械の設計が計画されていたことだった。昇降器は蒸気で動く予定だったらしいが、完成した浅草十二階の昇降器は電動式だった。日本の電動昇降器の登場は、世界のエレベーター史上でもかなり早い時期にあたる。エレベーターの歴史の長いニューヨークでさえ、前年の明治22年にようやく電動乗客エレベーターが登場したばかりだった。

口上にかえて

P.8 凌雲閣、またの名を浅草十二階は、明治一の高塔であり、東京のランドマークであった。 P.19 設立当初は、その名を「凌雲閣」と称していた。ところが、明治45年を境に、経営者はその正式名称を「十二階」と通称にならって変更してしまった。