: 藤原義江 (日本図書センター,1998)P.13-P.15