徳田秋声: *縮図 (岩波書店,1971)

I町では、みんながおおぜい迎えに来ていた。 (さらに…)

P.184
話がはずんでいるところへ、今日も罐詰屋の野良息子が顔を出し、ちょっとふてぶてしくも見える青年が、壁ぎわの畳敷きにあぐらを組んで葉巻をふかしているのを見て、戸口に躊躇した。 (さらに…)