呑竜仲店協同組合: 呑竜仲店 ホームページ (呑竜仲店協同組合,)呑竜仲店とは ···外部リンク···

呑竜仲店とは1947年(昭和22年)に市の戦後復興計画に基づき大蓮寺墓地跡に復員者が生計をたてる事を主目的に建設され、通称「呑龍マーケット」として親しまれました。前橋市は、1945年8月5日の空襲で市街地を中心に全市の22%が被災。呑竜仲店は、そんな焼け野原が広がった市に最初に現われた戦後復興のシンボルでした。
その後、日本は高度経済成長期を迎え、昭和35年頃より呑竜は“飲食店・飲み屋街”のイメージを色濃くしていき、次第に“夜の大繁華街”と変貌していきました。