山本泰三: 土佐の墓 その2 (土佐史談会,1987)

P.235
松岡寅八
寅八は、水道町(旧横町、魚の棚)住、幼年時代から商売を仕込まれ、明治2年、友人と玉水新地で料理店を開いたが失敗、5年になって独力で陽暉楼をはじめ成功、更に得月楼を創め(明治11年・1878・谷干城命名)文人・書画等の顧客を開拓し、懐石料理・芝居弁当等を案出し、後に本店を稲荷町に移し(明治22年・1889)、中店を浦戸に置き(明治40年・1907)、数カ所に出店を出して発展させた。現在の得月は中店である。