*松沢呉一: エロ街道をゆく : 横丁の性科学 (同文書院,1994)

電動ものの元祖とされる「熊ん子」が登場したのは大阪万博の頃である。それ以前からリップスティック状のものはあったのだが、現在のバイブのようなものとし¥ては、「熊ん子」が最初のもののようだ。その前から張形は温泉などで売られていたし、さらにさかのぼれば古代ギリシアでも張形は使われていた。
古代ギリシアでは、象牙、皮製のものが使用され、中には黄金でできたものまであった。また、聖書のエゼキエル書に「汝はわが汝にあたえし金銀の飾りの品を取り、男の像を造りて、これと姦淫をおこない」とあるのは、金属製の梁形を使用した意味だとの説もある。