: *御油・赤坂宿の町並 (村瀬輝雄,1985)旧東海道小坂井・御油・赤坂・長沢の調査記録と写真集

P.32
東海道五十三次宿時代の御油は、大小名参勤交代、上下の旅人によって殷賑を極めた。
遊女屋は、中町、中上町、伝馬町に全盛の頃は30軒余りあった。
現在は、伝馬町の小島屋が移築保存されたあと、2軒の軒並みに新築され、左に曲がって中町に至る道も、大桑青果店、伊藤酒店が二階のみ、森(女郎屋)、イチビキ醤油(大津屋本屋)を残すだけの商店街である。