読売新聞社: *さっぽろ大路小路 (読売新聞社,1972)札幌いまとむかし

P.82-P.83
「ススキノ0番地街」――ネオン街ど真ん中、南六西四に、東西百メートルにわたる地上五階地下一階の細ながーいビル。地階はバーや小料理屋がひしめく飲食店街、一階は市場、二階-五階は日住宅公団のアパートになっている。ゲタばき住宅は、どこの都市にもあるが、このビルの店子(たなこ)たちの組み合わせは、どうみても“異色”であろう。
地下街へ階段を降りると、三人並べば肩がふれ合うほどの通路が1本。まっすぐに走り、その両側は「バー」「BAR」のネオンがいっぱい。「ゼロ番地」の呼び名は単なる地下街PRのキャッチフレーズなのだが、そんなナゾがかえって酔客たちの足を誘っている。そして、この飲食街の家主が、札幌市の“第二市役所”といわれる「札幌振興公社」と聞いてびっくり。このビルが建てれたのはさる三十三年。いまでこそススキノには、ビルが林立しているが「0番地」はそのトップバッターだった。