石本馨: *大江戸橋ものがたり (学研,2008)

P.108
思案橋の近くには、浅草移転前の吉原遊廓があった。この橋の上に立ち、吉原へ行こうか、それとも二丁目の芝居に行こうかと思案したものなので、思案橋の名がつけられたと云われる。別名をわざくれ橋ともいう。「わざくれ」とは、「ままよ」の意味で、ようするにこれ以上考えるのもめんどうだ、もうどうでもなれという思案に対する答えになっている。
“行こか戻ろか”で有名なのが、長崎丸山遊廓の思案橋。とかく思案橋の名は遊廓と関わりが深い。