東奥日報社: 東奥日報 (東奥日報社,2006.3.13)

P.8
駅物語86
十和田観光鉄道⑪ 三沢
1922(大正11)年の開業。国鉄東北本線(現在青い森鉄道青い森鉄道線)との乗り継ぎ駅である三沢駅は、十和田湖観光の表玄関になった。現在の十鉄の三沢駅舎は、64年に「三沢観光センター」として建てられ、駅部分のほか1階にそば屋と売店、二階に食堂と喫茶店があった。食堂や喫茶店は、87年頃までに閉店したが、今も唯一残るそば屋や「うまいし安い」と評判だ。

この文献を参照している記事