蒲田町史編纂会: 蒲田町史 (蒲田町史編纂会,1933)市郡合併記念 リンク

P.319
蒲田二業地は、昭和2年4月19日、許可となり、其の後直ちに地均し(じならし)に着手し、芸妓屋では森田家、つづいて松の家、待合では竹の家が何れも草分けとなり、爾来(じらい)今日の殷賑を極むるに至った。當時(とうじ)は、蒲田検番の下に統一されていたが、昭和7年十二月、蒲田新地株式会社の創立を見るに至った。現在、芸妓置屋は二十四戸、待合二十一戸、芸妓總數(そうすう)は、大七十人、小九人である。

この文献を参照している記事