一直: 割烹家 一直 (一直,) リンク

歴史 明治十一年の創業以来、伝統の日本料理を提供して参りました「一直」の歴史は江戸時代にまで遡ります。 初代・鳥屋の直次郎は、「鳥松齋貞一直(ちょうしょうさいていいっちょく)」という号で生け花の師匠をし、埼玉県の鴻巣で茶店を営んでおりました。その後、2代目江原惣八と3代目の惣八は明治初期まで鴻巣~熊谷のルートで「駅馬車」を経営。明治11年に当時の東京の中心地、浅草にて「奥山の一直」として料理屋を始めます。桜の名所であった事にちなんで看板料理は「桜豆腐」、浅草の観音様へのお参りに、桜豆腐とお酒で一服するのが粋と評判を呼びました。 大正から昭和と4代目松三郎の時代になると、庶民的な店だった「一直」も各界の著名人が顧客に名を連ねる高級料亭へと変遷していきました。