佐田 美子: 論究日本文学(通号 11) (立命館大学日本文学会,1959.10)「縮図」について リンク

P.70 政子は富弥という白山の芸妓であった。この政子をモデルとして、「政子もの」と呼ばれる一連の作品と秋 声最後の作品「縮図」が書かれたのである。 P.71 「縮図」は多少の小説的粉飾と仮構的な要素をも泥海してはいるが、凡そ主人公三村均平と銀子とは、秋声と小林政子とにおきかえで差支えないと思う。

この文献を参照している記事

白山(徳田秋声旧宅)「縮図」は、白山花街が舞台。