すべてのジャンル > 遊興 > 遊廓・赤線 銘酒屋街 1天神裏 2戦前の玉の井 3赤線建物 4目抜き通りに面したお宅 5窓枠に装飾のある建物 6色街だった頃のメインストリート 7赤い壁の建物 8赤線時代の建物

1885年 銘酒屋の誕生

銘酒屋の誕生は、十二階の開場よりも以前に遡る。明治18年(1885年)に奥山の見世物小屋や料理屋が六区へ…

亀戸(天神裏)倉庫の中のタイル張りの円柱。

天神裏の西寄りの通り。閑静な住宅街です。

玉の井を象徴する赤線跡の建物。※1

戦後の玉の井は、いろは通りの北側にありましたが、永井荷風の「墨東綺譚」の舞…

東向島(窓枠に装飾のある建物)隣は空き地になっていました。

メインの通りから路地を入ったところ。前回の散歩のときにあったカラフルな円柱…

東向島(目抜き通りに面したお宅)赤と緑の木造住宅。

今回は、東向島(東京都墨田区)の町並みを散歩します。
玉の井の目抜き通り…

東向島(赤い壁の建物)路地を抜けるといろは通りに出ます。

玉の井のメインの通りから路地にはいると、「赤線跡を歩く」*1 に掲載されてい…

東向島(赤線時代の建物)当時のままの原型を留めています。

いろは通りの路地裏には、昔の面影を残す建物がいくつかあります。
散歩の雑…

東向島(色街だった頃のメインストリート)車ぬけられません。

玉の井が色街だった頃のメインストリートであったと思われる通り。