浅草橋(すし栄)かつては銀座で数店舗をれん分け。

浅草橋5丁目にある「すし栄」。

握り寿司とビールを注文。

かつての「すし栄」は銀座数店舗あったそうです。

ピンクの看板が目印です。地元の方の話によると、かつては「ピンク寿司」と呼ばれ親しまれていたそうです。

浅草橋(美家古寿司本店)創業は文化年間。風情のある路地。

今回は浅草橋(東京都台東区)の町並みを散歩します。
かつての花街だった柳橋の路地に老舗寿司店が営業中です。

建物は道を挟んで、本店は2棟あります。

創業は、文化5年。

風情のある路地。

参考文献

*1 美家古鮨本店 美家古鮨本店公式ホームページ リンク
文化年間(1804~1817)、初代 加藤赤助が始めた屋台が、美家古鮨本店のはじまりです。 慶應2年、二代目…

タクソノミー(分類)

寿司 柳橋1丁目

関連記事(「外食」「台東区」)

上野(純喫茶「古城」)ステンドグラスが美しい老舗喫茶店。
鶯谷(とんかつ店「とん平」)戦後開業の老舗。
浅草橋(すし栄)かつては銀座で数店舗をれん分け。
浅草橋(老舗やきとり店)篠塚稲荷神社の隣。
浅草橋(美家古寿司本店)創業は文化年間。風情のある路地。
上野(老舗洋食店「とうかい」)小ぶりながらも味は絶品。
上野(カレー専門店「クラウン」)王冠のマークが目印。
浅草(尾張屋本店)明治3年の創業。荷風が通った店。
浅草(正直ビアホール跡)昭和の初期から続く名店。
浅草(三定)日本最古の天ぷら老舗。特大メニュー。
浅草(食堂「筑波」)2階部分に大看板。手作り感のある暖簾。
吉原(カツ専門店「日の出」)GHQからの手紙。
鶯谷(鍵屋)江戸時代創業の居酒屋。黒板塀に徳利。
吉原(土手の伊勢屋)明治22年、吉原大門に創業。
浅草(どぜう「飯田屋」)永井荷風がよく訪れた店。
浅草(アリゾナキッチン)永井荷風に愛された洋食屋。
浅草(神谷バー)電気ブラン。浅草の近代百年の盛衰。
吉原(桜鍋料理の専門店「中江」)明治38年創業。

四谷大木戸(鮨「三ます」)創業明治43年の老舗。

四谷大木戸跡の近くの新宿通り沿い。

老舗寿司店の「三ます」。

創業は、明治43年(1910年)です。

握り寿司(竹すし)と日本酒(菊正宗)を注文、

北千住(江戸前「双子鮨」)創業60年の老舗。

今回は、北千住(東京都足立区)の町並みを散歩します。
千住大門商店街は、昔ながらの風情の残る商店街です。

古びた寿司店があります。

ランチは、11:30からラストまで。海鮮丼は600円です。

海鮮丼とビールを注文。味は絶品でした。

平塚(寿司店)旧平塚遊廓近く。40年前から営業。

旧平塚遊廓の南側。

寿司店。

40年前から営業している店です。

ちらし寿司とビールを注文。

タクソノミー(分類)

寿司 平塚2丁目

関連記事(「外食」「平塚市」)

平塚(寿司店)旧平塚遊廓近く。40年前から営業。

川崎大師(料亭「恵の本」)かなまら巻。かなまら祭コラボ。

川崎大師の門前にある料理屋の「恵の本」。
かつて、このあたりは、名物の江戸前もの地ハマグリを使った蛤鍋を扱う料亭が、江戸時代に27軒、昭和でも16軒がこの界隈に賑わっていましたが、今は創業350年の「恵の本」)だけです。

かなまら祭コラボ企画の「かなまら巻」。

かなまら巻は、太巻き1本とお稲荷さん2個のセットです。日本酒も注文しました。

太巻きの断面。