全国 > 佐賀県 > 小城市 小城 小城町 1スナック店 芦刈町永田 2お稲荷さん 3住ノ江遊廓 妓楼の建物 4小城遊廓跡 5住ノ江港

小城(お稲荷さん)小城の遊廓の遊女が信仰。

小城の旧遊廓のメインの通り。

通りの奥(北側)に、娼婦達が参ったお稲荷さんがあります。

煉瓦が使われています。

お稲荷さんの周囲は、堀で囲まれています。

参考文献

*1 岡本澄雄: 小城の歴史 : 第73号 (小城郷土史研究会,2016)江戸吉原の遊廓と住ノ江遊廓
住ノ江は、江戸後期には生活の糧として有明海の魚介類を水揚げしていた漁村であったが、近代化の原動力と…

小城(住ノ江遊廓 妓楼の建物)面影を残す門構え。

現在は、住宅街となっている住ノ江遊廓跡に、1軒だけ、当時の三階建ての妓楼の建物が残っています。*1

遊廓の面影を残す塀。*1

玄関付近。

北側に隣接する敷地にも立派な塀が残されています。

参考文献

*1 岡本澄雄: 小城の歴史 : 第73号 (小城郷土史研究会,2016)江戸吉原の遊廓と住ノ江遊廓
住ノ江は、江戸後期には生活の糧として有明海の魚介類を水揚げしていた漁村であったが、近代化の原動力と…

小城(小城遊廓跡)住ノ江橋の東側。

住ノ江遊廓の開業は大正9年11月3日で、八軒の遊廓が軒を並べてどの遊女屋も5~10人の娼妓を抱えていました。*1

メインの通り(北側から)。写真奥は住ノ江橋です。*2

東側に入ったところには、検査所がありました。*2

六角川の堤防から旧遊廓地の遠望。

参考文献

*1 岡本澄雄: 小城の歴史 : 第73号 (小城郷土史研究会,2016)江戸吉原の遊廓と住ノ江遊廓
住ノ江は、江戸後期には生活の糧として有明海の魚介類を水揚げしていた漁村であったが、近代化の原動力と…
*2 岡本澄雄: 小城の歴史 : 第73号 (小城郷土史研究会,2016)江戸吉原の遊廓と住ノ江遊廓
住ノ江は、江戸後期には生活の糧として有明海の魚介類を水揚げしていた漁村であったが、近代化の原動力と…
地図1 かつての遊廓配置図(住ノ江遊廓)

小城(住ノ江港)石炭で栄えたかつての貿易港。

六角川の河口の住ノ江港は、かつては石炭で栄えた貿易港でした。*1

現在は漁港になっています。

住ノ江橋。

住ノ江橋の東側(写真左奥)には、住ノ江遊廓がありました。*1

参考文献

*1 岡本澄雄: 小城の歴史 : 第73号 (小城郷土史研究会,2016)江戸吉原の遊廓と住ノ江遊廓
住ノ江は、江戸後期には生活の糧として有明海の魚介類を水揚げしていた漁村であったが、近代化の原動力と…

小城(スナック店)映画館「桜座」があった通り。

今回は、小城(佐賀県小城市)の町並みを散歩します。
JR唐津線小城駅の北側の通りは、スナックが散在する住宅街になっています。

スナックと割烹料理店。

この付近には、映画館の桜座がありました。*1

桜座があった敷地の隣に建つスナック。

参考文献

*1 フォーラム小城: 近・現代小城マップ 桜座跡 (フォーラム小城,) リンク
桜座跡 創業は明治期までさかのぼるが、廻り舞台を持った劇場で観客席は桝席になっていた。戦時中一時閉…