山下洋子 歌舞伎俳優の芸談 : 近現代歌舞伎におけることばの変化を知る資料として 立教大学 立教大学大学院日本文学論叢21 2021.11 リンク

P.164
俳優の関係者が出版した本として『吉原夜話』(1964・青蛙房)がある。初代市川猿翁、8代目市川中車(1896-1971)、市川小太夫の母親であり、2代目市川段四郎(1855-1922、初代市川猿之助)の妻である吉原妓楼の女主人・喜熨斗古登子が、幕末から明治にかけての吉原の様子について口述したものである。当時の劇界の様子にも触れており、巻末には市川中車、市川小太夫が母について語る随筆が掲載されている。

この文献を参照している記事

大雄山(二十八丁目星宿燈)道了信仰の指導的立場にあった中米楼が寄進。