理由 新潮社 2004.7

P.7
東京都江東区高橋(たかばし)二丁目の警視庁深川警察署高橋第二交番に、同町二ノ三所在の簡易旅館「片倉ハウス」の長女片倉信子がやってきたのは、平成八年(1996年)九月三十日午後五時頃のことであった。
このとき交番では、駐在の石川幸司巡査が、自転車の盗難を届けてきた地元の城東第二中学一年田中翔子に応対し、盗難届を作成していた。片倉信子と翔子は城東二中で同じバスケットボール部に所属しているのだが、この日、信子は病欠の届けを出して部活動を休み、早く帰宅していた。田中翔子はそれを知っていたので、信子を見かけると、ひどく狼狽した。
P.8
「片倉ハウス」はこの土地で、簡易宿泊施設として長い歴史を持っている。糸間屋の奉公人あがりの創業者片倉宗郎(むねお)が、馬喰町あたりに地方から衣料品の買い付けに訪れる商人たちのための宿として「片倉旅館」の看板をかかげたのは明治の中頃のことである。その後、高橋の周辺の地域の趨勢に呼応して「片倉ハウス」の在りようも少しずつ変わり、終戦後からこちらは。もっぱら労務者たちに安くて清潔な宿を提供する旅館という形に落ち着いて営業を続けてきた。

この文献を参照している記事

両国(ビジネスホテル街)かつての簡易旅館街の名残。