財団法人大宅壮一文庫 大宅壮一文庫について リンク

 公益財団法人大宅壮一文庫は日本で初めての雑誌図書館です。評論家・大宅壮一(1900-1970)の雑誌コレクションを引き継いで、明治時代以降130年余りの雑誌を所蔵しています。
 大宅壮一文庫では雑誌記事索引データベースを作成しており、主な所蔵雑誌の記事を検索することができます。また、雑誌原本の閲覧や複写もできます。
 大宅壮一は「本は読むものではなく、引くものだよ」と言っています。評論活動のかたわら、執筆のために資料収集と整理に力を尽くした大宅壮一らしい言葉です。
 生前、大宅壮一はことあるごとに古書市や古書店に通い、約20万冊の蔵書を遺しました。そのコレクションのほとんどは雑誌で占められており、自ら“雑草文庫”と称して、知人に惜しみなく開放していました。
 大宅壮一没後の1971年、大宅壮一文庫はマスコミはじめ各界の援助により設立されました。「蔵書は多くの人が共有して利用できるものにしたい」という故人の遺志により、雑誌図書館として一般に開放され、現在では年間約10万人の利用者を数え、多くの皆さまに活用されています。

埼玉越生(おごせ)分館

1997年4月新築開館。大宅壮一の写真・生原稿・著作・愛用の机・筆記用具等を常設展示、評論活動を幅広く紹介。生前に収集した書籍およそ3万冊は、パソコンで書名、著者名から検索が可能。館内閲覧ができます。

この文献を参照している記事

越生(大宅壮一文庫分館)日本で初めての雑誌図書館の分館。