浦安市郷土資料館 周五郎が愛した「青べかの町」 2018.1

「青べかの町」の紹介

浦安亭
作品の中では、寄席「浦粕亭」として登場する。土堤の冬の章では、「浦粕座」を堀南の表通りからちょっと入ったところにあり、古いけれども鼠木戸などを備え、畳敷きの平土間に、片花道があると紹介している。この描写は、実際には浦安亭のことである。