森次晃嗣 ダン 扶桑社 モロボシダンの名をかりて

P.187
家の一階に「ジョリー・シャポー」という、昼は喫茶店、夜は生でシャンソンを聞かせる店を作った。店名の「ジョリー・シャポー」の意味は「かわいい帽子」。シャンソンの中に同名の歌があり、シャンソンライブではテーマ曲として歌ってもいる。家の一階を解放して店を作るということは家を建てるときからの計画だった。この店にもいつの間にかセブンファンが全国から訪ねて来るようになり、「セブンの店」として有名になった。

この文献を参照している記事

鵠沼(ジョリーシャポー)ウルトラセブンの聖地。