日本参道狛犬研究会 狛犬の杜

狛犬の杜 第8号 1998.6.2

三宅稜威夫 江戸吉原・松葉屋ゆかりの狛犬

江の島神社奥津の参道に、宝暦12年松葉屋平三郎寄進、石工高井藤四郎銘の狛犬がある。松葉屋といえば江戸吉原の大店…白髭神社(向島)の狛犬も松葉屋寄進であるが、何故江の島にと疑問を持った。落語の「大山詣り」を調べていたらこの謎がなんとなく解けた。大山(丹沢)を詣り、そのあと江の島に足をのばし、生きた弁天様で精進おとしをしたようだ。江戸の人は……。今は土産物屋が軒を競っているが、かつては白粉をつけた弁天様たちが嬌声をあげたらしい。聖性セットの旅を「二所詣で」と称した。

この文献を参照している記事

江の島(置屋があった路地)大山詣の後、江の島に足をのばし精進おとし。