北千住(牛乳配給所)木製の切り文字

北千住駅前の商店街に残る牛乳店の建物。

エンゼルマーク。

古い建物で見かける木製の切文字。


「配給」の右側が欠けていますが、おそらく「配給所」と書かれていたのだと思います。
「牛乳配給事業」は、大正末期から昭和初期にかけて東京市で実施され、牛乳を無償で配給することが特徴でした。*1

カテゴリ

牛乳箱 千住

この記事を参照している用語

北千住

参考文献

*1 野口穂高: 乳の学術連合 学術連合の研究データベース (乳の学術連合,2015)大正末期から昭和初期の東京市における「牛乳配給事業」の研究 -「身体虚弱児童」への対応を中心に リンク
概要 東京市による牛乳配給事業と児童保護事業に、以下の特徴があることが明らかになった。第一に、乳幼…

コメントを残す

コメントよろしくお願いします。