六本木(ビルの屋上)未使用のまま解体予定

六本木交差点から外苑東通りを飯倉片町方面へ進むと、目の前に東京タワーが見えてきます。六本木らしい風景です。が、しかし、手前のビルの屋上に異様な建築物が設置されているのが目に入ります。

近寄ってみると、闘牛の角のようです。

異様な建築物の正体は、ドンキホーテが店舗の屋上に建設中の絶叫マシン「ハーフパイプ」です。但し、地元の住民の反対(騒音、安全性)により、一度も使用されることがないまま解体される予定とのことです。

ドンキホーテの裏の六本木墓苑から見たところ。たしかに、この風景に絶叫マシンは似合わないような気がします。

カテゴリ

娯楽文化 六本木

この記事を参照している用語集

六本木

コメントを残す

コメントよろしくお願いします。