-全国 茨城県 > 日立市 旭町二丁目
すべてのジャンル > 遊興 > 花街・カフェー 花街

日立(旭町花街跡地)三業組合がありました。

旭町が花柳界として賑わい始めたのは、大正4年頃からで、助川駅(現在の日立駅)の周辺には、旅館、料理店、芸妓置屋が出来、この辺一帯は、海水浴場と共に、日鉱・日製社員等の憩いの場所となりました。三業組合ができて本格的な三業地として世に知られるようになったのは昭和4年頃から7年にかけてでした。*1
日立三業組合があったあたり(写真右奥)*2 は、現在は駐車場になっています。

明治時代からあった旅館「天地閣」は、現在はホテル「天地閣」になっています。

天地閣の北側(写真手前)には、割烹旅館「うめかわ」がありました。*2

天地閣脇の路地。

参考文献

*1 日立市老人クラブあさひ睦会 旭町の今昔 終戦時まで 1987
P.40 旭町花柳界(その一) 旭町が花柳界として賑わい始めたのは、大正4年頃からである。大正3年8月…
*2 日立市 1971 日興の住宅地図 1971

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です