日立市老人クラブあさひ睦会: 旭町の今昔 (日立市老人クラブあさひ睦会,)終戦時まで

P.40 旭町花柳界(その一) 旭町が花柳界として賑わい始めたのは、大正4年頃からである。大正3年8月、第一次世界大戦が始まり、日鉱・日製が軍需景気に沸いていたころ、助川駅は、線路の山側から今の海岸口に移転しており、駅の周辺には、旅館、料理店、芸妓置屋が出来、この辺一帯は、海水浴場と共に、日鉱・日製社員等の憩いの場所となった。 旭町花柳界(その二) 昭和3年に、初めて組合が結成されたものの、まだ二業組合であって本格的な三業地ではなかった。昭和4年頃から7年にかけては、本格的な三業地として世に知られるようになった。 P.50 天地閣 明治45年頃、地元の立花氏が建設し、「助川ホテル天地閣」として営業開始し、大正10年頃より養子立花源吾氏が経営したが、昭和十四年頃、富田伊勢松氏が引き継ぎ現在に至っている。