-全国 東京都 > 港区 赤坂 1キャバレー、クラブ跡 2割烹 3弁慶橋 4料亭跡 5豊川稲荷東京別院 6首相官邸裏
すべてのジャンル > 遊興 > 接待飲食 キャバレー

赤坂(キャバレー、クラブ跡)現在は閉店しています。

赤坂には、多くのキャバレーが存在しました。昭和の中頃、料亭と芸妓の減少は、同時にキャバレーやクラブの増加を意味していました。世界第一と言われたキャバレー「ミカド」は隆盛時の昭和50年中期には500人のホステスを抱え、しかもいずれも若く美人揃いでした。「美人を見たければ、夕方出勤時の赤坂ミカドの楽屋口に立て」と言われたほどに、若く美しい女性がミカドに集まりました。*1

キャバレー「ミカド」は、昭和60年に閉店し、現在は商業ビルになっています。

キャバレー「CABANA」があった付近。手前には、旧料亭の「浅田」がありました。*1

ディスコ「ムゲン」は、日本で最初のディスコとして昭和43年にオープンしました。店の前には、ローマから運んだ2体の石造が立っていて赤坂の名物となっていました。*1
「ムゲン」は、ゴーゴーダンス、モンキーダンスのメッカとなり、いい女はここで踊るのが定番となりました。客層も芸能人だけでなく、三島由紀夫、川端康成などの文化人も来訪していました。「ムゲン」は、昭和62年に幕を閉じました。*2

【参考文献】
*1 松沢光雄:繁華街を歩く東京編(綜合ユニコム,1986)P.171-P.195
*2 本橋信宏:60年代郷愁の東京(主婦の友社,2010)P.133-P.141

「赤坂(キャバレー、クラブ跡)現在は閉店しています。」への2件の返信

今から40年以上前、独身時代 勤め人なのに身銭をきって「ミカド」通いました。ある年のクリスマス値切って45,000円に負けてもらった記憶があります。
「五月みどりの部屋」では隣席にいた漫才「やすきよ」のやすさん相手に一緒に飲みに入ったやつが喧嘩したり、30年ほど前は「ラビアンローズ」、また、文章にある旧料亭「あさだ」で食べた鰻重など日本料理が一人120,000円には目玉ひん剥きました。ほかのスナックやクラブでは元横綱の輪島さんや千代の富士関、大関朝潮さんなど楽しい思い出ですが、今思えばバカだったなと、でも赤坂は17才の時初めていって以来私にとって特別なところでした。

デイシさん、赤坂での豪遊の想い出、ありがとうございます。
赤坂は有名人が集まる場所だったのですね。お相撲さんも通っていたとは初耳でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です