別府(裏銀座)居酒屋、スナックと風俗店が混在

別府の栄町の銀座裏通り。緩やかなカーブを描いて幅の狭い路地が続きます。

昭和30年代、別府温泉には、7,000人のホステスがいて、情こまやかな接客ぶりは評判でした。中でも意にかなったホステスを自由に選択できる「セレクト喫茶」なるバーが人気で、銀座裏通りや柳町のバー街にありました。*1

現在は、居酒屋やスナックとファッションヘルスなどの風俗店が混在する通りになっています。

新宮通りに近いあたり。

【参考文献】
*1 J.F.モンゴメリ:夜のニッポン探検(東都書房,1967)P.108-P.119

カテゴリ

飲食街·横丁 別府

この記事を参照している用語

別府 新宮

コメントを残す

コメントよろしくお願いします。