-全国 岩手県 > 盛岡 1レトロな写真館 2八幡町 3八幡町飲食街 4岩手牛乳の牛乳箱 5大国神社 6八幡宮 7料亭の「喜の字」 8桜山神社前商店街 9バスセンター 10平興酒店 11菊の湯

盛岡(八幡宮)遊廓の名前

今回は、盛岡(岩手県盛岡市)の町並みと風俗を散歩します。
現在も繁華街となっている八幡町の始まりは、八幡宮に参詣する人たちに飲み食いさせるためのお茶屋からでした。八幡町が賑わい、町並みが整う頃には、津志田からの遊廓の移転もあり、明治時代になると、八幡は花柳街として繁栄しました。「明治末期の八幡町かいわいの町並み」を見ると、遊廓(貸座敷)と料亭が混在していたことがわかります。料亭と遊廓は、はっきりと区別されていました。*1

八幡宮には、盛岡の納札(千社札)の同好者の集まりの「万札会」が奉納した額が残されています。*1

その額を見ると、八幡町の遊廓の名前がたくさん出ています。*1

八幡宮に設置されている案内板。八幡町が歓楽街がとして繁栄した経緯が書かれています。

【参考文献】
*1 盛岡の歴史を語る会:もりおか物語第2集 八幡町かいわい(熊谷印刷出版部,1974)P.30-P.31,P.90-P91,P.124,付図「明治末期の八幡町かいわいの町並み」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です