長野(吉原の三浦屋奉納の燈籠)善光寺

今回は、長野(長野県長野市)の町並みと風俗を散歩します。

善光寺本堂の左側を進んだ突当りの位置に、吉原の遊女「高尾太夫」の供養塔があります。

高尾太夫とは、江戸時代、新吉原京町一丁目※1 の遊廓「三浦屋」の名妓につけられた名で、11人ほどが名乗ったことが判明しています。*1
銘文は、「浄誉林清善女 光誉道恵覚位 願主 三浦屋四朗左衛門 武州江戸浅草」。善女(ぜんにょ)とは、遊女だけに付けられた法名で、境内で善女という銘文は、この燈籠だけです。*2

灯籠は、江戸吉原の三浦屋が奉納したものです。*2

カテゴリ

信仰・寄進 吉原 長野

この記事を参照している用語

参考文献

*1 高尾太夫墓: *江戸史跡事典 下巻 (高尾太夫墓,2007)谷根千地区・文京区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・葛飾区・江戸川区
P.114 (春慶院 東浅草2-14-1) 高尾太夫とは、江戸時代、新吉原京町一丁目三浦屋の名妓につけら…
*2 江戸から見た信濃: 江戸から見た信濃 (江戸から見た信濃,2005)楽しい歴史旅
P.146-P.154 銘文は、「浄誉林清善女 光誉道恵覚位 願主 三浦屋四朗左衛門 武州江戸浅草」。善女(ぜんに…

参考記事

コメントを残す

コメントよろしくお願いします。