-全国 長野県 > 下諏訪 1下諏訪遊廓跡地 2塚田神社 3宿場街道資料館 4新湯温泉 5湯田町の花街跡 6眞清神社 7豊川稲荷社

下諏訪(下諏訪遊廓跡地)塚田町

明治13年、湯田仲町の西はずれの小字塚田地籍に下諏訪遊廓が建てられました。*1

大正2年の「下諏訪町明細図」*2 によると、下諏訪遊廓は、現在の御田町交差点の北西側の一画にあって、遊廓への入口は東側にありました。

入口に近い方から、南側に、ダイマス、ツカダ、コトブキ、北側に、シンツカダ、エビス、マスミがありました。*2
ダイマスがあったと思われる場所に、旅館「大増」があります。

現在は、旅館や飲食店が建ち並んでいます。

【参考文献】
*1 小林茂樹:写真が語る下諏訪の百年(ヤマダ画廊,1979)P.41
*2 下諏訪町明細図(玉港堂,1913)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です