全国 東京都 > 台東区 浅草 1ひさご通りの看板 2ひさご通りのかつら屋さん 3アリゾナキッチン 4サンバカーニバル 5猿之助横町のスナック街 6フランス座 7猿之助横町の路地 8ビジネスホテル 9ラブホテル 10ロック座 11三定 12浅草三業会館 13仲見世 14凌雲閣 15初音小路 16古物商店 17ホテル「幸和」 18外国人用ゲストハウス 19大人のオモチャ屋 20尾張屋本店 21料亭都鳥 22料理店「一直」 23旅館 24一富士旅館 25旧紙漉町 26曙湯 27正直ビアホール跡 28「浅草ニュートルコ」跡地 29浅草世界館 30浅草地下街 31浅草寺の公衆トイレ 32浅草観音温泉 33浅草観音温泉 34焼肉店の路地 35かつての私娼街 36芸妓屋街 37猿若町 38神谷バー 39花やしき 40蛇骨湯 41西浅草のラブホテル街 42通称うんこビル 43韓国エステビル 44食堂「筑波」 45どぜう「飯田屋」 46 47 48 49十二階
すべてのジャンル > 娯楽・レジャー > 行楽・観光 浅草公園 50フランス座 51ロック座 52仲見世 53凌雲閣 54初音小路 55古物商店 56浅草世界館 57浅草寺の公衆トイレ 58浅草観音温泉 59浅草観音温泉 60花やしき 61 62 63 64十二階

浅草(花やしき)日本最古の遊園地。150年以上前に植物園として誕生。

浅草五区にある遊園地の「花やしき」。
花やしき(花屋敷)は、150年以上も前に、楽しむための植物園として誕生したものでした。*1

「Beeタワー」「ヘリコプター」「スカイシップ」など、レトロな雰囲気を味わえる遊園地として存続しています。

花屋敷は、嘉永6年(1853年)に向島百花園の例にならって開園し、園内には「新登亭」という料理屋もありました。広重もこの花屋敷を画材としてとりあげています。*2

明治時代、花屋敷の新たな経営者となった山本金蔵は、明治20年、本所の材木商が所有する木造瓦葺き五階屋を一棟買収し、花やしきへ移築、「奥山閣」として公開し、凌雲閣(浅草十二階)*4 と人気を二分する浅草の新名所となりました。*1
明治30年刊行の「新撰東京名所図会」*3 によれば、「室内には、唐草模様を染めなせし紅の毛氈 (もうせん)一面に敷詰め、左右紫壇の床柱には、巖に瀧、松に雲を彫刻...」とあり、外観だけでなく内部も壮麗だったようです。

【参考文献】
*1 小沢詠美子:江戸ッ子と浅草花屋敷(小学館,2006)口絵,P.170-P.173
*2 内山正雄,蓑茂寿太郎:東京の遊園地(郷学舎,1981)P.3-P.5
*3 宮尾しげを:新撰東京名所図会 浅草公園・新吉原之部(睦書房,1968)P.83
【参考記事】
*4 風俗散歩(浅草):凌雲閣(浅草十二階)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です