全国 神奈川県 > 横浜市中区 本牧 1チャブ屋街の名残 2大丸谷のチャブ屋街跡地 3本牧十二天緑地 4ホテル近くの喫茶店 5泉湯 6ゴールデンカップ 7モダンなデザインのアパート 8本牧小港のチャブ屋街跡地 9根岸外人墓地 10根岸競馬場跡地 11理容室だった建物
すべてのジャンル > 娯楽・レジャー > 行楽・観光 遊園地

本牧(本牧十二天緑地)戦後は米軍が接収。

今回は、本牧(神奈川県横浜市)の町並みと風俗を散歩します。本牧十二天緑地は、横浜開港以来、外国人が訪れるようになった風光明媚な浜辺です。現在、その場所は公園になっていて、案内板が建っています。

戦後は、米軍に接収され、十二天山の上部には、給水タンクが設置されました。

案内板に掲示されていた「横浜全図(明治3年)」。
横浜開港は、本牧にも大きな変化をもたらしました。本牧の八王子山と十二天山は、沿岸防備のために熊本藩が、後に鳥取藩が守りを固める場所になりました。開港後、十二天の地には遊歩道が通じ、外国人がピクニックや海水浴に訪れるようになりました。*2

十二天山の遠望。
本牧の海は、かつては十二天の海とも呼ばれ、外国人居留民は、この海で海水浴を楽しみました。それが次第に日本人の間にも伝わり、海辺には、茶店や脱衣場が開かれるようになりました。やがては酒と女が入り込むようになり、〇〇屋、△△楼と呼ばれていた屋号が、〇〇ホテル、△△ハウスと洋風に改められ、風俗営業へと移行し、明治の中頃に「チャブ屋」と呼ばれるようになりました。*2

【参考文献】
*2 重富昭夫:横浜「チャブ屋」物語(センチュリー,1995)

参考文献

*1 横浜市 本牧十二天緑地 案内板
黒船来航と横浜開港 2015

嘉永六(1853)年の黒船の来航と、それに続く安政六(1859)年の横浜開港は、…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です