松川二郎: *全国花街めぐり (誠文堂,1929)

P.106 向島という土地は、元来東京から遠出で遊びに行くところで、向島芸妓はその遠出の客の座敷に招ばれて徒然を取り巻くために生まれたものだ。 此処には、向来(きょうらい)の向島芸者の外に、あとから生まれた安直主義の秋葉芸者なる一派があり、組合も「向島」「向島東三業」「墨田二業」等、三つにも四つにも分かれて、甚だややこしい花街であったが、昭和3年の暮れ頃からごたごたを起こし、昭和4年1月遂に芸妓屋、料理屋、待合を各々横断して「向券」「新券」の二派に分離するに至った。

P.17 新橋の花街は元は烏森と一つの花街で、京橋と芝の区界である「新橋」を真ん中に、煉瓦地芸者・南地芸者と芸者街は二つに分かれていたが、出先きは、全く共同で、あたかも今日の下谷池の端と同じような態であったのが、大正11年分離して「新橋」及び「烏森」あるいは「新橋南地」の2花街となったものである。

P.80 ここに花街のできたのは大正11年、東京では一番新しい花街であるが、、そこへ丁度彼の大震災で下町の花街が一時全滅の姿に陥った機に乗じて俄然膨張したもので、世の中は何が幸ひになるかかわったものではない。 現在芸妓屋 三十四軒 料理店 三軒(自慢本店、同支店、みやこ鳥)。