鯖江むかしむかし編集委員会: *鯖江むかしむかし (惜陰小学校,2002)P.196-P.205

昔の人は、お酒の席を楽しくするために、上等なお酒に料理、そして歌や踊りでお客をもてましました。 (さらに…)

P.119
弁天橋、市橋楼、弁天座、泉屋支店、開進楼、などの記載あり。

P.202-P.205
弁天湯
弁天通り(柳町から横越への道)の中程を北へ曲がると、弁天遊廓があり、そのつき当りに通称弁天湯、または田んぼの湯と呼ばれた銭湯がありました。 (さらに…)

P.200
昔から人の集まる所やにぎやかな所には、必ず遊女が集まって来たそうです。こうしてどこへでも現れる遊女は風紀上よくないから、一定の地域に制限するよう、幕府が制度を作りました。そこで鯖江の殿様は、弁天様に近い所へ遊廓を作りました。 (さらに…)