まちづくり津島: 海部津島郷土研究 第1号 (まちづくり津島,2016.3)

P.92-P.93
大正8年、津島町は池須蓮田の埋め立てに着手した。この内容は「尾陽新報」(大正8年11月10日)の記事に詳しい。
「津島町の一名勝地なる池須の蓮田も、『時勢の進運に伴い、幾時か埋立つべし』との議ありしが、愈々事実となり、今回、同町小島音三郎氏、各地主の承諾を求めて全部の埋立を為すに決し、地鎮祭を施行し、祝宴を開きたり。」
こうして、池須は埋め立てられ、大正10年以降、ここに市場・カフエ・食堂・芸妓置屋・映画館などが次々に建設された。大正末からは津島の一大歓楽街に発展し、戦後も長く繁栄を続けることとなる。